地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年10月17

聴覚障害者支援で貢献
名寄市文化奨励賞・名寄手話の会が受賞

 【名寄】24年度の名寄市文化奨励賞が決まり、科学部門(聴覚障害者文化振興)で、聴覚障害者の支援をはじめ、手話の普及や手話奉仕員の育成などに努めている「名寄手話の会」(上西靖子会長、会員25人)に贈られる。名寄市文化賞審議会(山崎博信会長)が17日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤剛士市長に答申して決定したもので、上西会長は「受賞は市民皆さんの理解と協力のおかげであり、感謝しています」と語る。授賞式は11月3日にホテル藤花で行われる。
 同会は、手話の重要性を認識した技術習得を目的に、市社会福祉協議会で手話講座を開催したことがきっかけとなり、昭和55年10月に発足。「いつでもどこでも手話通訳を受けられる社会」を目指し、聴覚障害者と活動を続け、58年2月からは市民手話講習会にも取り組んでいる。記者発表で、上西会長と中林かつ枝前会長は「耳の聞こえない方たちとともに協力しながら活動していることが評価されたと思っており、一緒に受賞を喜びたい」と語った。

(写真=受賞を喜ぶ上西会長(右)、中林前会長)

[ 2012-10-17-19:00 ]


1日オープンへ急ピッチ
名寄・カーリングホールの準備進む

 【名寄】名寄市日進の道立サンピラーパーク内にあるサンピラー交流館では、11月1日のカーリングホールオープンに向け、製氷作業が急ピッチで進められている。
 同パークを管理する名寄振興公社では、9月下旬から同ホールの床に敷き詰められていたプラスチックのマットを取り外し、清掃や床の冷却作業などを実施。今月12日に製氷作業を開始した。
 作業は同公社職員5人で行っており。現在はホール内の気温を5度前後に保ち、専用の道具で水をまいたりしながら下地となるアイスを製作中。作業は朝と晩の1日2回のペースで行われており、一度の作業で厚さ1ミリから1・5ミリの氷を作り上げる地道な作業となっている。最終的にアイスは2・5センチから3センチ程度の厚さを目指し、今月末までの完成を予定。その後、実際にストーンを投球しながら微調整を繰り返し、アイスが仕上げられる。

(写真=アイス製作が行われているサンピラー交流館カーリングホール)

[ 2012-10-17-19:00 ]


西村さんなど3人に
下川文協賞が決定・11月30人に受賞式と祝賀会

 【下川】下川町文化協会(田端英雄会長)の24年度文化協会賞が決まり、下川歌謡研究会の西村恵子さん(73)、岳風会下川支部の大橋ヒサヱさん(72)、絵画サークル「下川柏葉会」の太田清子さん(62)の3人が選ばれた。
 文化協会賞は芸術、文化、芸能などで長年にわたり活躍、地域文化の発展に寄与した個人、団体をたたえるもの。第3者からの推薦を受けて同文化協会役員で決定する。
 今回受賞が決まった西村さんは、平成2年4月、下川歌謡研究会に入会、同5年、理事に就任した。各文化活動、特養あけぼの園慰問などに積極的に参加している。大橋さんは、平成5年6月、岳風会下川支部に入会。同14年に詩吟の師範(幸岳)となり、同23年、9段に昇段した。各種大会に下川代表で参加するなど会の発展に貢献してきた。太田さんは、平成4年、絵画サークル「下川柏葉会」に入会。幹事役員として会運営に尽し、同20年の創立50周年記念祝賀会と記念誌制作に貢献。各文化行事に出展し精力的に活動している。
 「授賞式及び受賞者祝賀会」は、11月30日午後6時からバスターミナル合同センターで開催される。

[ 2012-10-17-19:00 ]


趣味生かした力作並ぶ
名寄ピヤシリ大学祭の作品展

 【名寄】名寄ピヤシリ大学(学長・小野浩一市教育長)の第23回大学祭作品展が、23日まで市民文化センターで開かれており、訪れた人の目を楽しませている。
 同大学は、自己能力を開発して生きがいある人生観の確立と、地域のボランティアリーダーを養成する高齢者学級で、大学祭は毎年開催している。
 作品展の会場には、学生の田村昇さん(1年生)の切り絵「気粉」や阿部幸子さん(3年生)の「あめ入れポーチ」。菊地恵美子さん(同)の木彫「金太郎とこいのぼり」、西脇清一さん(大学院1年生)の模型「帆船」、今野すみ子さん(同2年生)のパッチワークの他、絵手紙クラブや小筆クラブの作品など、学生と同窓生の力作150点以上がずらりと並んでいる。いずれも趣味や特技を生かした完成度の高い作品ばかりで、訪れた人は足を止めて1点1点じっくりと見入っている。

(写真=23日まで開かれているピヤシリ大学祭作品展)

[ 2012-10-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.