地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年10月16

もち米など地元食材4種類
12月に地産地消フェアなよろ・アイデア料理を募集中

 【名寄】地産地消フェアinなよろ実行委員会(委員長・加藤剛士市長)は、11月16日まで名寄産の農畜産物を使ったアイデア料理コンテストの参加を募集している。参加条件は名寄産のもち米(切りもちも可)、ジャガイモ、カボチャ、SPF豚肉の4種類の中から1種類以上を使用したもの。11月23日午前9時から市民文化センターで行う審査に作品を持参することとしており、多くのアイデア料理の応募を呼び掛けている。
 今年のフェアは、12月1日午前10時から市民文化センターを会場に開催。試食コーナーやそば打ちなどの実演・体験コーナー、食育に関するパネル展、農産物の重量当てクイズなどを予定。併せて、地元食材を活用したアイデア料理コンテストも行う。
 作品の応募締め切りは11月16日までで、募集定員は先着20組。1人もしくは1組につき1作品。洋風、和風、お菓子など料理形式は問わないが、審査日(11月23日)に会場展示用と審査員味見用の作品を持参することが条件。審査員は市内のレストラン料理長や道北なよろ農協女性部員などで、味、発想、商品性などが審査のポイントとなる。

[ 2012-10-16-19:00 ]


保険税率引き上げで
名寄市議会市民福祉常任委・国保条例の一部改正案を審議

 【名寄】名寄市議会市民福祉常任委員会(日根野正敏委員長)が15日に市役所名寄庁舎で開かれ、第3回定例会で付託された保険税率引き上げに関わる「名寄市国民健康保険税条例」の一部改正を審議した。
 改正内容は、後期高齢者支援金賦課分の均等割と平等割、介護納付金賦課分の均等割と平等割、所得割を引き上げ。一方、低所得者層の負担増を抑制するため、基礎賦課分の所得割と資産割は軽減されるが、均等割は引き上げられる内容で、一人当たり平均で年間4150円、一世帯当たりでは年間7006円の負担増となる。
 委員会では、市が国保事業の現状について「23年度国保加入者が7197人で20年度比592人の減。保険給付費も22億3700万円となっており、20年度比3200万円減にとどまっている」とし、「一人当たりに換算すると23年度は31万808円で同比1万9502円増となり、年々伸び続けている」。また、基金の取り崩しは、23年度決算で4529万円となっており、年度末残高は1億8688万円。本年度予算では9791万円を取り崩しており、年度末残高は8897万円を見込み、25年度以降、基金が底をつく可能性も懸念されているとした。

[ 2012-10-16-19:00 ]


地域住民の協力に感謝
全国防犯功労者伝達式・坂東さん銀章、川原さん銅章

 【名寄】全国防犯功労者表彰の伝達式が15日に名寄警察署で行われ、名寄地区防犯協会連合会常任理事、名寄市防犯協会副会長などを務める坂東正美さんに銀章、同連合会副会長で名寄市風連防犯協会長などを務める川原彰さんに銅章が贈られた。
 坂東さんは25年の長きにわたって防犯活動を展開。薬物乱用や各種犯罪の防止に取り組んでおり、身の危険を感じた人の緊急避難場所づくりとして、名寄地区薬剤師会薬局部会、名寄警察署、名寄地区防犯協会連合会による「地域の安全を守る110番(SOS)の店」設立に尽力した。
 川原さんは32年間にわたって防犯組織で活躍。平成9年4月から風連防犯協会長を務めており、特に行政と住民が一体となった活動の重要性を認識し、旧風連町時代、町議会議員にも働きかけながら「風連町生活安全条例」の制定に結び付け、安全安心なまちづくりを目指して現在も取り組みを進めている。

(写真=長年の活動功績が認められた坂東(左)、川原さん)

[ 2012-10-16-19:00 ]


つけ麺とコラボし好評
煮込みジンギス艦隊・中野にぎわいフェスタで

 【名寄】第746煮込みジンギス艦隊(阿部潤司艦長)は、このほど東京都中野区で開かれた「中野にぎわいフェスタ」に「なよろ煮込みジンギスカン」のブースを出店。2日間で用意した1100食を完売し、来場者から好評を得た。
 同艦隊構成団体の名寄商工会議所青年部は、首都圏でジンギスカンが受け入れられるかどうか把握するため、昨年の同フェスタで煮込みジンギスカンを販売し、一定の手ごたえを得た。その中で中野区商店街連合会青年部との交流も始まり、今年も両部の交流事業の一環として同フェスタに招待され、煮込みジンギスカンをPRし販売した。
 今回は1100食を用意し、1日目に600食、2日目に500食で完売という好評ぶり。中野区は「つけ麺」発祥の地で、同区内にある大成食品の協力を得て、うどんの代わりに「つけ麺」を煮込み、訪れた人たちは肉や野菜とともに、麺とタレの絶妙にマッチしたおいしさに舌鼓を打っていた。

(写真=用意した1100食が完売した煮込みジンギスカンのブース)

[ 2012-10-16-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.