地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年10月15

にぎわいに期待込める
名寄振興公社・スキー場のPRポスター作製

 【名寄】名寄振興公社(田畑忠行社長)は、ピヤシリスキー場のPRポスター(B2判、2013年カレンダー付)を作製した。ポスターは同スキー場の集客に向けたキャンペーンに活用するもので、今シーズンも多くのスキーヤーでのにぎわいに期待を込めている。
 同公社によると、ポスターはこれまでで初となる2種類を作製(計800枚)。一種類は、新雪のゲレンデをダイナミックに滑走する爽快さを表現。幻想的な純白の樹氷、開放感のある青空を強調し、ピヤシリスキー場の神秘的な雰囲気を表現している。もう一種類は、名寄の街並みと冬のリアル感、静かに降る雪の結晶を表現。雪の結晶にカレンダーや写真を配置し、ポップなイメージに仕上げたという。ポスター内のスキーヤーは、2012年度ナショナルデモンストレーター認定者で、同公社職員の江畠絵美さん。ピヤシリスキー場のゲレンデで撮影した。

(写真=初となる2種類を作製したピヤシリスキー場ポスター)

[ 2012-10-15-19:00 ]


雪の活用に理解深める
下川学会フォーラムで講演

 【下川】地域学「しもかわ学会」(代表運営委員・辻井達一さん、谷一之さん)のフォーラムが13日、桜ヶ丘公園「フレペ」で開かれた。
 「しもかわ学会」は、地域資源を再発見して理解を深め、まちづくりに結び付けようと平成15年に発足。年に1度、フォーラムを開催している。今回のフォーラムは雪を生かした暮らしに理解を深めようと「本当は面白い雪の世界」をテーマに開かれ、町内外から50人が参加した。
 町内、麻生翼さん(ビオラ)と福田陽一郎さん(ギター)の演奏発表で開幕し、雪氷学を専門とする平松和彦福山市立大学教育学部准教授の基調講演、町内事例発表では、一の橋地域おこし協力隊の武田大さんが「雪を活用した冷蔵用コンテナの野菜貯蔵実験」、雪氷冷熱活用研究会の三宅章吾さんが「雪氷を使った夏季の農業用ハウス冷房実験」、NPO法人森の生活の麻生綾子さんが「スウェーデンの手工芸学校留学」で報告した。引き続き下川産食材の料理を囲んだ交流会が行われ、親睦を深めていた。

(写真=水の三態変化や雪の利用を学んだ学会フォーラム)

[ 2012-10-15-19:00 ]


奨励賞は全国に推薦
MOA美術館児童作品・子供たちの頑張りを表彰

 【名寄】第24回MOA美術館北の児童作品展表彰式が14日に北国博物館で行われ、絵画の部で松田楓さん(風連中央小5年)、書写の部では山田拓空さん(名寄南小4年)にMOA美術館奨励賞が贈られた。
 MOA美術館では、「生命を尊ぶ心」と「心豊かな人間」の形成を目的に毎年、児童作品展を開催している。本年度は名寄、下川、美深の12小学校、1保育所から絵画、書写合わせて約600点の応募があり13、14の両日、北国博物館ギャラリーホールで展示し、多くの来館者に個性豊かな作品を観賞してもらった。
 今年の北の児童作品展最高賞「MOA美術館奨励賞」に輝いたのは、満開のヒマワリの絵を描いた松田さん(絵画の部)と力強く「努力」の文字を書いた山田さん(書写の部)。宗片浩子MOA美術館北の児童作品展実行委員長から表彰状とメダルが贈られ、多くの保護者たちから拍手を受けていた。そのほか、市長賞や教育長賞など各表彰も行われた。奨励賞の2作品は、全国展に推薦する。

(写真=奨励賞をはじめとする各賞を贈った表彰式)

[ 2012-10-15-19:00 ]


施設の充実、発展誓う
ケアハウスむつみの苑・開設10周年を記念し式典

 【美深】社会福祉法人「臨生会」(吉田肇理事長)のケアハウス「むつみの苑」(三好豊勝施設長)開設10周年記念式典・祝賀会が14日に町文化会館で行われ、関係者が出席して節目を祝うとともに、さらなる施設の充実・発展を誓った。
 臨生会が設置主体の「むつみの苑」(定員50人)は、平成15年4月、町内敷島で開設。入居者の自主性を尊重し、自立生活維持サービスの提供で日常生活を「あづましくあれ」─を基本理念に施設運営され、入居者たちは、支え合いながら安心と安らぎの生活を送っている。
 記念式典には臨生会役員、むつみの苑職員、入居者ら90人が出席。吉田理事長が「入居者の皆さんが、安心して生活できる環境にしたいと思っている。気を新たに施設運営にまい進したい」と式辞を述べた後、同施設への貢献者10人に感謝状を贈呈した。祝賀会では、木賀義晴臨生会評議員の音頭で祝杯を挙げ、10周年を祝い合いながら、今後も楽しく笑顔で生活することを誓っていた。

(写真=感謝状贈呈などが行われた記念式典)

[ 2012-10-15-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.