地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年10月3

最高賞に輝く快挙
名寄の内田春蓮さん・日本最大規模の毎日書道展で

 【名寄】名寄市西7南9にある紫書道教室主宰の内田春蓮さんが、日本最大規模の公募書展である第64回毎日書道展(毎日新聞社、財団法人毎日書道会主催)の漢字部U類で、最高賞となる毎日賞を受賞した。同U類での毎日賞受賞は道内で内田さんを含め4人のみで、初入賞にして最高賞獲得という快挙を成し遂げた。内田さんは「毎日賞はあこがれであり、遠い存在でしたが、まさか自分が頂けるとは思いませんでした。この賞に恥じることのないよう、日々努力し書を追い求めていきたいです」と喜びを語る。
 内田さんは昭和46年、名寄市の生まれ。名寄高校を卒業後、名寄信用金庫で9年間勤めた後、夫の喜大さんと結婚。主婦業の傍ら、紫書道教室の主宰を務めており、幼児から高齢者まで60人を指導している。
 内田さんは23歳から毎年、同書道展に作品を応募し、現在は毎日書道展の会友(入選回数10回以上)。今回、毎日賞を受賞した部門は、文字数が3字から20字以下の漢字作品を対象とした漢字部U類で、「蝶戯蘭」という文字を毛筆でしたためた。納得のいく作品を仕上げるまでに書き直した書道用紙は150枚にも及んだという。

(写真=毎日賞を受賞した内田さんと作品「蝶戯蘭」)

[ 2012-10-03-19:00 ]


本年度中に供用開始
旭川開発建設部・美深道路の進ちょく率65%

 【美深】旭川開発建設部は1日、美深市街地の交通混雑解消や安全性向上などを図る「一般国道40号美深道路事業」の進ちょく状況を公表。「9月末現在の進ちょく率は65%で、極めて順調。本年度中の完成を計画している」と説明したが、具体的な供用開始日は決まっていないとした。
 美深道路事業は、高次医療施設へのアクセス性向上、物流効率化などへの期待が高い事業で、平成21年度に工事着手。延長3・3キロで、総事業費74億円(うち24年度事業費25億5500万円)。
 説明会では、同建設部士別道路事務所の担当者が、美深道路整備効果で「道北地域の三次救急医療施設は、旭川市の旭川赤十字病院と旭川医科大学のみとなっており、遠隔地からの搬送時間の長さが問題となっている。美深道路整備で、高次医療施設への救急搬送の速達性、安定性の向上が期待される」。また、美深市街地を回避することで走行環境の安全性向上が図られる他、「高速交通ネットワークの供用達成率は全道約50%、道北地域36%で、全国の約70%と比較して遅れている。高速ネットワーク構築により、高次医療アクセス性や農水産品の流通利便性向上なども見込まれる」とした。

(写真=整備が進む一般国道40号美深道路)

[ 2012-10-03-19:00 ]


本格勤務へ気引き締め
名寄・新任警察官の拳銃貸与式

 【名寄】名寄警察署(大竹純雄署長)の新任警察官拳銃貸与式が2日に同署で行われ、菅野泰幸巡査(27)と佐々木大夢巡査(22)が本格的な勤務を前に拳銃貸与を受け、気を引き締めた。
 羽幌町出身の菅野巡査は後志管内留寿都村のルスツリゾート勤務、上富良野町出身の佐々木巡査は大学卒業を経て、今年4月1日付で北海道警察に採用された。札幌市南区真駒内にある北海道警察学校初任科で半年間、新人教養を受け、9月28日付で名寄警察署地域課に配属され、今月3日から西五条交番で勤務している。
 拳銃貸与式で、2人はそれぞれ大竹署長から拳銃を受け取り、代表して菅野巡査が「拳銃携帯の社会的責任を自覚し、規定を順守することを誓います」と宣誓した。式を終えて、菅野巡査は「まちの人たちの役に立てられるような警察官を目指したい」。佐々木巡査は「名寄には初めてだが、一日にでも早く、まちに慣れ、市民と接しながら信頼される警察官になりたい」と抱負を語っていた。

(写真=大竹署長から拳銃を受ける新任警察官)

[ 2012-10-03-19:00 ]


美しい音色で聴衆魅了
美深・海自大湊音楽隊が演奏会

 【美深】COM100文化ホール自主事業実行委員会、美深町教育委員会主催の海上自衛隊大湊音楽隊(隊長・樋口好雄3等海佐)演奏会が2日に町文化会館で開かれ、美しい音色を館内に響かせて聴衆を感動させた。
 同隊は昭和31年に隊員10人で発足し、51年に大湊地方総監の直轄部隊として新編。青森県下北半島の中心地のむつ市を拠点に、北海道や青森県、秋田県、岩手県を中心に幅広く演奏活動を行っている。
 同隊の来町は平成21年以来のこと。開場時間前から多くの地域住民が訪れる人気で、文化ホールは満席となった。演奏会は、ミュージカル映画「オズの魔法使いより『虹の彼方に』」でスタート。続いて、カーペンターズの「青春の輝き」などを披露。
 来場者は、美しく力強い演奏の数々に大きな拍手を送るとともに、演奏に合わせて手拍子する場面もあり、心の底から音楽を楽しんでいた。

(写真=美しく力強い演奏を響かせた海上自衛隊大湊音楽隊)

[ 2012-10-03-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.