地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年9月19

会議所負担金を指摘
名寄市議会一般質問・駅横「よろーな」の事務所移転で

 【名寄】第3回名寄市議会定例会は19日、市役所名寄庁舎で再開され、午前中は佐藤靖議員(市民連合・凛風会)と高橋伸典議員(公明)が一般質問を行った。佐藤議員は、JR名寄駅横に整備する駅前交流プラザ「よろーな」内へ事務所を移転する商工会議所の負担金協議で「本来であれば建設計画がまとまった段階で決まっていなければならない問題であり、後手過ぎる」と指摘。久保和幸副市長は「協議の遅れと不十分だったことを反省し、お詫び申し上げるとともに、早期に対応したい」と答えた。

[ 2012-09-19-19:00 ]


煮込みジンギスも好評
北の恵み食べマルシェ・発掘コンで名寄の2品会場賞

 道北の味覚を集めた「北の恵み 食べマルシェ」が、15日から17日まで旭川市平和通買物公園など6会場で開かれ、名寄からも売り出し中の「なよろ煮込みジンギスカン」を販売したが好評だった。また、名寄商工会議所が出品のshop's Garden千花(名寄市日進)の「千花もみじバーガー」、創作キッチン たまさぶろう(名寄市砺波)の「雪とまちあわせ」が、地域新グルメ発掘コンテストの最終選考まで残る健闘をみせ、多くの来場者や審査員の舌をうならせた。
 食べマルシェに名寄からは、名寄市物産振興協会、名寄商工会議所、道北観光連盟が出店の3団体と市営業戦略課が同振興協会のブースを半分借りる形で出店。マルシェ・ストリート(買物公園会場)の「ふるさと交流ゾーン」で、名寄をはじめ道北9市町村の物産品販売を行った。

(写真=食べマルシェで好評だった名寄のブース)

[ 2012-09-19-19:00 ]


最も遅い真夏日に
9月の最高気温極値も更新

 【名寄】名寄では18日午後2時02分に31・3度を観測し、昭和51年のアメダス観測開始以来、最も遅い真夏日を記録。さらに9月の最高気温の極値を更新し、記録的残暑となった。
 旭川地方気象台によると、北海道の上空には南から暖かい空気が入るとともに、高気圧に覆われ、上川・留萌地方では晴れて気温が上昇した。
 名寄の18日の最高気温は平年に比べ10・7度も高かった。これまでの9月の最高気温は31・1度(観測日平成6年9月6日)、最も遅い真夏日は平成6年の9月17日(観測気温30度)だった。
 また、美深、下川でも18日の最高気温はともに31・5度まで上がり、9月の最高気温の極値を更新するとともに、最も遅い真夏日を観測した。

[ 2012-09-19-19:00 ]


ジャガイモ掘りで交流
名寄・瑞生大学とピヤシリ大学

 【名寄】風連瑞生大学と名寄ピヤシリ大学の交流授業が18日、瑞生大学の「ひばり農園」で行われ、ジャガイモ掘りを楽しんだ。
 高齢者学級の両大学は、昨年から交流授業をスタート。今年は瑞生大学の学生53人とピヤシリ大学の2年生8人が参加。気温が28度を超え、真夏を思わせるような暑さとなる中、学生たちは、くわを手に土を掘り返すとジャガイモが次々と形を見せ、袋に詰め込んでいた。
 その後、ふうれん地域交流センターに移動し、昼食でジャガイモを試食。自ら育てたイモを蒸してバターを付けて味わいながら、互いをねぎらい、地域間の交流を深めた。

(写真=風連瑞生大学の「ひばり農園」で行った交流授業)

[ 2012-09-19-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.