地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年9月8

市道19線道路の工事進む
名寄市・11月末に供用を開始

 【名寄】名寄バイパスへのアクセス道路ともなる市道19線道路は、11月末の供用開始に向けて2期工事が進められている。財源となる国の社会資本整備総合交付金が財源となっているが、工期が1年延長されていることに加え、24年度も同交付金の減額に伴う工事の延期が懸念されている。だが、名寄市は19線道路の整備を優先順位のトップに位置付け、工事を終了させる考えだ。
 19線道路は、名寄バイパスにつながるアクセス道路で、工事は2期に分けて進められている。1期は市道8号道路から東5号道路までの1・4キロで、13年度から18年度までの6年をかけて整備された。2期目は、東5号道路から東3号道路までを結ぶ1・5キロ。道路幅員は車道部分が8メートル、歩道部分が2・5メートルで全面舗装。これまでは砂利道で一部未開通だったが、完成すると、士別市方面からのバイパスへのアクセスなどが便利となる。

[ 2012-09-08-19:00 ]


互いの成功を誓い合う
3普連基幹の第3戦闘団・アメリカで日米実動訓練開始

 名寄に駐屯している陸上自衛隊第3普通科連隊(岡部勝昭連隊長)が参加する「平成24年度米国における米陸軍との実動訓練」(雷神2012)が4日(日本時間5日)、アメリカワシントン州ヤキマ市のヤキマトレーニングセンター(YTC)で開始された。
 同日行われた訓練開始式には、第2師団副師団長の手塚信一陸将補、第1軍団副軍団長のブキャナン少将らの立ち会いのもと、訓練実施部隊の第3普通科連隊を基幹とする第3戦闘団(戦闘団長・岡部勝昭1佐)約450人と第38騎兵連隊第3大隊(大隊長・マーク・エイケン中佐)約400人が参加。
 訓練に先立ち、8月24日に1次隊47人、同26日に2次隊80人がヤキマ入りし、車両や装備品の受け入れなど、実動訓練実施に向けた準備を進めてきた。同月31日には主力が現地入りし、9月3日には訓練準備を完了した。
 この実動訓練は、日米それぞれの機能別訓練、相互研修、共同訓練、相互連携を強化する総合訓練など、今月24日(日本時間25日)まで行われ、参加隊員は10月初旬に帰国する予定。

(写真=訓練開始式で隊員に敬礼する岡部第3戦闘団長)

[ 2012-09-08-19:00 ]


観光資源の魅力PR
名寄・首都圏旅行関係者ツアー

 【名寄】首都圏の旅行関係者を招き、道北を巡ったツアーが、6日から8日まで行われ、各地の名所に足を運んでもらいながら、観光資源としての魅力をアピールした。
 このツアーは、名寄市、なよろ観光まちづくり協会が加盟する「あさひかわ観光誘致宣伝協議会」が主体となって実施。8月28日から30日まで行われた教育旅行関係者対象のツアーに引き続き、今回は一般客をターゲットに設定した。
 ツアーには、首都圏の旅行会社4社から7人が参加。6日は旭川の旭山動物園、士別の羊と雲の丘を訪れた。7日は道の駅「もち米の里☆なよろ」に続き、なよろ市立天文台へ向かい、望遠鏡やプラネタリウムを鑑賞。観測精度の高さに目を見張っていた。その後、サンピラー交流館やMOA名寄農場、なよろ温泉、道の駅「びふか」、サロベツ原生花園。8日は稚内市内を巡った。
 名寄市営業戦略室では「商品化してもらうにはエージェントからアドバイスいただき、それをきっかけに課題を改善しツアーを実現させたい」と話す。

(写真=なよろ天文台など道北の名所を巡ったツアー)

[ 2012-09-08-19:00 ]


絵描く楽しさ伝える
父母保育士研修会・墨絵詩書家小林さん招く

 【名寄】東、西、南保育所の父母・保育士研修会が6日、市民文化センターで開かれ、美深町生まれで旭川市在住の墨絵詩書家、小林白炎さんが講師となり、絵を描くことの楽しさを伝えた。
 研修会は、3保育所の父母の会が合同で主催。小林さんは、保育所担当課の名寄市こども未来課職員と名寄高校時代の同級生という縁もあり、親子が絵を通して絆を深める機会ができれば―と講師を引き受けた。
 親子と保育士90人が参加。鉛筆で下絵を描いた後、ファンデーションなどの化粧品を画材に色を付けるというユニークな手法を用いて制作した。
 親子たちは「アンパンマン」「火垂るの墓」「名探偵コナン」「崖の上のポニョ」など映画やアニメキャラクターの見本に目を落としながら、鉛筆で画用紙に描き写した。その後、ファンデーションやアイシャドウを画材に色付け。
 参加者たちは、スポンジや筆を手に化粧品で色を付けながら作品を完成させるとともに、新たな感覚で楽しさを味わっていた。

(写真=化粧品を使って下絵に色を付ける子供たち)

[ 2012-09-08-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.