地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年9月7

特別栽培認証も取得
名寄産業高校のメロン・高島屋デパートに出荷

 【名寄】名寄産業高校(田邊孝次校長)の酪農科学科2・3年農業コースの生徒は、有機無農薬で高品質なメロン栽培を研究。安定生産に成功し、本年度、北海道有機農業研究協議会の「特別栽培メロン」認証を取得した。今年も東京日本橋の高島屋デパートに出荷、販売することとなり、6日に名農キャンパスハウスで出荷作業を行った。
 同コースでは、「北海道プレミアムメロンプロジェクト」で、有機無農薬で付加価値の高いメロン栽培を研究。成果として昨年、無農薬栽培で最も課題となるハダニ、アブラムシを捕食する天敵や害虫を窒息させるデンプン散布を導入。さらに「つる割れ病」に対し拮抗菌を持つネギを混植することで、高い防除効果が表れた。それらの工夫によって化学肥料、化学農薬ゼロで安定した栽培を実現。本年度に入り、北海道有機農業研究協議会の「特別栽培農産物」認証を取得。また、品質管理を徹底するため個体識別番号で栽培履歴を記録。販売時にQRコードを添付し情報公開している。
 出荷作業では、生徒たちが丹精込めて育てたメロンを丁寧に箱詰め。来週から店頭に並ぶとのことで、好調な売れ行きを願いながら作業の手を進めた。

(写真=有機無農薬のメロン作りに励む生徒たち)

[ 2012-09-07-19:00 ]


学校給食実施に賛成
美深町議会給食調査特別委・建設場所などは今後も検討

 【美深】美深町議会学校給食調査特別委員会(齊藤和信委員長)が6日、町役場で開かれた。町教育委員会の学校給食実施の基本方針を聞いた上で、給食実施については全会一致で賛成としたが、給食費などに関しては引き続き検討・協議を進めることを決め、今月開催の第3回町議会定例会で中間報告する。
 美深町と町教委は、複数の学校向けの給食を1カ所で調理し、配送する「センター方式」の学校給食実施を示唆しており、建設場所は、美深中学校敷地内を予定。本年度に基本設計、25年度実施設計と学校給食準備会設立、26年度給食費決定、27年度に学校給食運営委員会を設置し、給食をスタートさせる計画。
 同委員会には山口信夫町長をはじめ、今泉和司副町長、石田政充教育長らの出席を要請。学校給食に関する基本方針で、吉田克彦教育次長が「栄養バランス取れた学校給食を提供することで体を鍛えることができ、さらには、地域産業や食材に感謝する気持ちを育てる食育教育指導ができる」などと説明した。

[ 2012-09-07-19:00 ]


配合剤有用性テーマに
あざぶ調剤山谷正博さん・初作成の論文が医学誌に掲載

 【名寄】あざぶ調剤薬局(大川博昭店長)の管理薬剤師、山谷正博さんの論文「降圧治療における降圧配合剤の有用性」が、月間医学総合誌「PROGRESS IN MEDICINE」(株式会社ライフ・サイエンス出版)8月号に掲載された。
 山谷さんは、平成4年に薬剤師免許を取得。全国に展開する薬局に勤めていたが、18年に名寄のあざぶ調剤薬局へ。
 今回、初の論文掲載となった。テーマは「降圧治療における降圧配合剤の有用性」。山谷さんによると、降圧配合剤は、血管を縮める命令を阻害する作用を持つ「ARB」(カルデサルタン・シレキセチル)と血管を拡張する「カルシウム拮抗薬」(アムロジピン)という2種類の薬を一つにまとめたもの。
 たに内科クリニック(谷光憲院長)の通院患者100人に、これまでの2種類の降圧剤服用から配合剤1種類に切り替え、その後の経過観察や患者によるアンケート結果を基に考察したという。
 今回が初の論文作成で、山谷さんは「谷院長にアドバイスをいただきながら作成した。論文を書くという苦労も体験でき、良い経験となった」と話している。

(写真=論文が掲載の医学誌を手にする山谷さん)

[ 2012-09-07-19:00 ]


迫力の演目に拍手
下多寄神社祭で風連獅子舞

 【名寄】風連下多寄神社祭本祭りの6日、同神社境内で風連獅子舞保存会(堀川良夫会長)による「風連獅子舞」が披露され、多くの地域住民でにぎわった。
 下多寄神社祭は、同祭典実行委員会(藤垣勝祭典委員長)の主催。本祭りのこの日は、午後1時から神殿で祭事が行われ、下多寄小女子児童2人による「浦安の舞」を奉納。引き続き、境内で名寄市無形文化財に指定されている「風連獅子舞」が披露された。
 獅子頭は昨年新調し4代目。胴体部分には10人の若衆が入り、獅子取り役の男子児童と供に、「祇園ばやし」「吉崎」「京振り」「七五三」「獅子殺し」「鞍馬天狗」の6演目を披露。笛や太鼓のはやしの演奏に合わせて繰り広げられる迫力の舞いに、見学者から大きな拍手が送られていた。

(写真=多くの見学者を沸せた風連獅子舞)

[ 2012-09-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.