地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年8月31

説明不十分に伴い陳謝
名寄市議会経済建設常任委・市が「よろーな」の家賃問題で

 【名寄】名寄市議会経済建設常任委員会(竹中憲之委員長)が30日、市役所名寄庁舎で開かれた。来年4月のオープンを予定しているJR名寄駅横の「駅前交流プラザ『よろーな』」内に事務所を移転する商工会議所の家賃問題で、久保和幸副市長が「前回の委員会で『月々の支払いを基本に協議を進めている』と説明したが、事業費の一部を負担していただき、家賃は支払わない方向で協議している。訂正してお詫びしたい」と陳謝した。
 また、設置条例案について佐藤靖委員(市民連合・凛風会)が「『よろーな』に入居する会議所、観光協会、消費者協会、消費者センターの扱いが一切明記されていないが、基本的な考えは」と質問。
 市は「行政が整備する建物は、基本的に住民が利用できる公共用財産と、職員が事務事業を執行するための公用財産に区分されるが、『よろーな』は両方の機能をもった施設。条例案は公共用部分のみで、入居する4団体は行政に関わる事業を共同で行う公用部分の位置付けとしているため、条例案から除いている」などと答え理解を求めた。

[ 2012-08-31-19:00 ]


稲葉選手に記念プレート寄贈
日ハム名寄応援団・2000本安打達成を祝い

 【名寄】北海道日本ハムファイターズ名寄応援団(宮内進団長)は、このほど、稲葉篤紀選手の通算2000本安打達成を記念し、本人の手形入りレンガ製プレートをプレゼントした。
 稲葉選手は、今年4月28日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、プロ野球史上39人目となる通算2000本安打を達成し、この偉業を祝福しての記念プレート寄贈。プレートは、名寄土管製作所の松前司社長が制作したもので、22年シーズンにパ・リーグ打点王に輝いた小谷野栄一選手に次いでの寄贈。
 同応援団会員が、8月21日に公式戦会場の旭川スタルヒン球場を訪れた際、稲葉選手にプレートを贈った。プレートは、野球のバットに使用されているタモ材を用いて制作された枠で飾られ、「2000本安打達成記念」などの文字も添えられている。
 宮内団長によると、当日は会員10人が同球場を訪問。試合前の練習終了後、一塁側ベンチ前で稲葉選手に記念プレートを贈った。宮内団長は「稲葉選手は終始笑顔で、プレートも大変喜んでもらえた。本当に優しい方だった」と話している。

(写真=稲葉選手に記念プレートを贈ったなよろ応援団員)

[ 2012-08-31-19:00 ]


名寄と美深の自然を
北国博物館・本田哲也さん絵本原画展

 【名寄】本田哲也絵本原画展&サンピラー写真展が、16日まで名寄市北国博物館ギャラリーホールで開かれており、名寄のサンピラーや美深の松山湿原をモチーフとした絵本、原画が並んでいる。
 同展は、名寄本読み聞かせ会(佐々木隆元会長)、名寄細氷現象PHOTO研究会(中鉢紀一会長)が共催。
 本田さんは昭和26年、十勝管内清水町生まれ。北海道教育大学卒業後、油彩画を学び、平成3年に「どさんこうまのはる」で絵本作家デビュー。自然や動物の世界に魅せられて数多くの絵本を発表。現在も清水町に住んでいる。
 会場には、平成14年の「ピウカ湿原のゆきうさぎ」と昨年出版の「サンピラー お母さんとの約束」の絵本原画、同作品のモチーフとなったサンピラー写真を展示。
 訪れた人たちは、動物の表情や自然風景など繊細に描かれた絵本と原画を通して、生き生きとした動物の姿や自然の美しさを感じ取っている。

(写真=サンピラーや松山湿原をモチーフとした絵本の原画展)

[ 2012-08-31-19:00 ]


旬の味覚を楽しんで
4日に美深ふるさと秋まつり

 【美深】町の地場産品が集まる「第28回美深ふるさと秋まつり〜収穫感謝祭!味覚広場はおいしいよ」が4日、町民体育館横イベント広場で開かれる。
 美深町観光協会(山崎晴一会長)が主催する旬の味覚を楽しむイベント。各種農産物販売をはじめ、さまざまな催し物が開催されるため、毎年多くの住民でにぎわっている。
 今年も午前10時の花火の合図で開場。人気を集めているメーンの「美深牛丸焼き〜美味しい肉モーやめられないこだわり深い牛の丸焼き」は、同10時に券販売、同11時から引き渡しを行う。買い物歩きコーナー(午前10時〜)は大福、牛肉、乳製品、農産物といった多彩な品目を取り揃える他、試食コーナー(同10時半〜)ではイチゴワイン、きな粉もち、イモ・カボチャ団子などを無料提供する。
 ステージイベント内容は、ゲーム大会「早飲みミルクで牛!partZ」「はるゆたかラーメン早食い」、サマーセール抽選会、山本裕美子歌謡ショーなど。多彩なプログラムで来場者を楽しませる。

[ 2012-08-31-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.