地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年8月27

地場産品の理解深める
なよろ産業まつり・観光キャラ「なよろう」も初披露

 【名寄】「第34回なよろ産業まつり〜もち米日本一フェスタ」が26日、なよろ健康の森特設会場で開かれた。名寄の観光マスコットキャラクター「なよろう」の着ぐるみが初披露されるとともに、餅まきや「もちつき大会」など作付面積日本一のもち米PRイベント、地場産の新鮮野菜や果物などの販売コーナーも人気を集め、多くの地域住民が来場して楽しい時間を過ごした。
 この日はあいにくの曇り空で、時より雨が降る天候だったが、市内をはじめ、市外からも多くの人たちが来場。風連御料太鼓保存会によるオープニング演奏で幕が開け。続いて、名寄をPRする観光マスコットキャラクター「なよろう」の着ぐるみが初披露。子供や女性を中心に多くの人たちが集まって記念撮影する姿が見られて、大好評だった。
 景品が当たる懸賞付き餅まきでは、子供からお年寄りまで多くの来場者がメーンステージ前に集まり、一つでも多く餅を取ろうと「こっちに投げて」など大きな声を掛け、ビニール袋を広げて拾い集めていた。

(写真=多くの来場者でにぎわった産業まつり)

[ 2012-08-27-19:00 ]


早食いで家族対抗戦も
下川うどん祭り・料理コンは下川商高が制す

 【下川】第9回しもかわうどん祭りが、25、26の両日、にぎわいの広場などで行われた。同実行委員会(石谷英人実行委員長)が主催。会場にはうどん料理など多くの出店が並び、来場者の舌を楽しませた。
 25日はうどん料理コンテスト最終審査、ふるさとどんちゃんなどが行われた。今年の料理コンテストはうどん祭りの知名度が上がり、全国各地から50品の応募があった。最終審査では来場者50人が選考に残った4品を試食し、最もおいしかった料理に1票ずつ投票。この結果、最優秀賞は下川商業高校料理研究会(水木春菜会長、12人)の作品「月見とろろサラダうどん」に決まった。
 26日は手延べうどん早食い競争や百足(ムカデ)大競走、音楽演奏会が行われた。うどん早食いでは、初となる団体戦(ファミリー対抗戦)に4組が出場し、家族で協力してうどんを食べていたが、風連町の金子隆博さんが妻、幼い子供と参加して優勝した。

(写真=親子で出場したうどん早食い競争ファミリー対抗戦)

[ 2012-08-27-19:00 ]


最優秀作品は種の起源
チェーンソーアート大会・堺、村田さん古代生物を彫る

 【下川】国内トップレベルのチェーンソーアーティストが技を競う「EzoCup2012 チェンソーアートマスターズコンペティション」が、24日から3日間、桜ヶ丘公園「フレペ広場」で開かれ、26日に表彰式が行われた。今回は2人1組で競技が行われ、最優秀賞に堺弘幸さん=和歌山県・木工業=、村田浩一さん=兵庫県・建築業=の作品「種の起源」が選ばれた。
 2年目の今回は全国トップの10人が、2人1組で出場。「座れるもの」をテーマに、長さ3メートルの丸太2本をチェーンソーで3日間掛けて、一つの作品に仕上げた。
 栄光のグランプリには、堺さんと村田さんの作品「種の起源」が選ばれた。最下段はアンモナイト2個が向き合っており、その上に2匹のシーラカンス、最上段にプテラノドンが彫られている。向き合うアンモナイトが椅子の役割を果たす。
 堺さんと村田さんは「互いの得意分野を生かして考えた。これほどスケールの大きい作品は2人でなければ作れない。グランプリを受賞でき、パートナーに感謝したい」と喜びを語った。村田さんはサムライ賞(個人賞)も受賞した。

(写真=グランプリに輝いた堺さん、村田さんとその作品)

[ 2012-08-27-19:00 ]


趣向凝らした種目など
美深町民運動会で交流深める

 【美深】美深町主催の第57回町民大運動会が26日に町民体育館で開かれ、参加した町内会や自治会が優勝を目指して各種目で熱戦を展開するとともに、交流を深めた。
 同運動会は、町民のスポーツに対する関心を高め、スポーツ活動の日常化を推進するとともに、家族や近隣住民との交流を図ることを目的に毎年開催。
 今年はあいにくの雨模様となったため、当初予定していた美深小学校グラウンドの会場を変更して、町民体育館で開催。町内会、自治会対抗戦で、6町内会と9自治会から15チームが参加した。
 種目は、運動会の定番となっている徒競走や玉入れ、綱引きなどをはじめ、札を拾った後に同じ内容の札を持った走者同士が手をつなぎゴールする「札合わせ」など、趣向凝らしたものも含め全13種目。
 れんげにボールを乗せて走り、箱の中にボール入れてリレーする「運命のミラクルボックス」では、走っている最中にれんげからボールが落ち、箱のある場所までなかなかたどり着けずに苦戦する参加者も。

(写真=幼児からお年寄りまで多くの町民が参加した運動会)

[ 2012-08-27-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.