地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年8月26

最高齢者ら約200人招待
名寄市・9月15日に「長寿を祝う会」

 【名寄】名寄市、名寄市社会福祉協議会主催の長寿を祝う会が、9月15日午前10時から市民文化センターで開かれる。男性103歳、女性107歳の最高齢者をはじめ、今年白寿、米寿を迎える人ら約200人(金婚夫婦を除く)を招く。また、名寄市が助成している敬老事業の24年度対象者は、4978人で、前年度よりも107人増えた。さらに、7月末現在の高齢化率は27・9%と高齢化が進んでいる。
 名寄市は数え75歳以上を対象に、町内会単位での敬老事業に対して、1人当たり1500円の助成を行っている。その対象者をみると19年度4369人、20年度4576人、21年度4685人、22年度4766人、23年度4871人と増加。本年度は6月1日現在で4978人。1年間で平均約100人増えている計算となる。

[ 2012-08-26-19:00 ]


11月末の完成目指す
美深町・農業研修等宿舎整備始まる

 【美深】地域農業を担う新規就農者の育成・確保を図る「農業研修生等宿舎」(5室+談話室)建設工事が、美深町農業振興センター南側で始まった。道産木材を使用したワンルームの間取りで、11月末の完成を目指す。
 美深町第5次総合計画では、持続的な美深農業の実現のため、担い手育成確保は重要課題と位置付けており、同施設整備と通し、高齢化などによる農業後継者不足問題の解決に向けた、担い手育成体制の強化を図る。
 同施設の総事業費は、5355万円。地域木材や道産木材の良さや木造建築物をPRするための北海道の補助事業「林業・木材産業構造改革事業」(本体工事費の2分の1補助)を活用した。
 施設概要は、木造2階建て(1階3室と談話室、2階2室)延べ床面積273・64平方メートル。部屋の広さはワンルームで、ユニットバス、トイレ、洗面台のほか、日常生活に必要な電気製品、寝具、日用品、防災情報端末機、インターネット配線を完備する。

[ 2012-08-26-19:00 ]


新商品開発の参考に
女子栄養大学・名寄特産物活用し試食会

 【名寄】女子栄養大学(埼玉県坂戸市)の学生が、名寄の特産物を活用し、新たな商品開発の参考としてほしい―と試作品を完成させた。24日午後5時からふうれん地域交流センターで成果品の試食会を開き、名寄市観光交流振興協議会の幹事会メンバーが、あらためて地場産物のおいしさを味わった。
 同大学の管理栄養士養成課程では、3年次に同大学併設の香川調理製菓専門学校への短期留学制度があり、その中で全国各地の原材料や特産品を利用した商品開発に取り組む「稲葉ゼミ」(担当・稲葉恭二講師)を設けている。
 同ゼミでは本年度、名寄のもち米、もち粉、ヒマワリ油、ヒマワリ豚、ジンギスカンなどを題材に特産品開発へ携わっているが、それらの開発成果を関係者に試食してもらい、感想や課題を検証するため、今月22日から合宿で名寄を訪問。MOA名寄農場で収穫体験、名寄産業高校の農産加工施設で実習などを行った。
 試食会では、同ゼミの学生13人が名寄のヒマワリ油、野菜、もち米を使った料理12品を披露。同協議会の幹事会メンバー20人が試食。メンバーたちは、学生にメニューの狙いを聞きながら地場産物の良さを再認識。素材を生かした試作品に舌鼓を打ち、新たな特産品づくりのヒントとしていた。

(写真=学生たちの料理を味わう観光交流振興協メンバー)

[ 2012-08-26-19:00 ]


自己ベスト更新目指す
風連日進小で水泳記録会

 【名寄】風連日進小中学校(牧野裕三校長、児童8人)の水泳記録会が、24日に同校グラウンド横にあるプールで開かれた。
 毎年、実施している記録会で、今年も全校児童が参加。また、今年は「水泳マラソン」と称して、それぞれ泳いだ距離を記録してきたため、自己ベストの更新に力が入った。
 開会式では「今までで1番早く泳ぎたい」「途中で足をつかずに泳ぎきりたい」など一人一人目標を発表。牧野校長は「閉校してしまうので今回が最後の水泳記録会です。順位も気になると思いますが、記録会の目標は自己ベストを更新すること。体育の授業や夏休みの特訓の成果を発揮して、一生懸命に頑張ってください」と挨拶した。
 競技は低学年がビート板を使った25メートルのバタ足やクロール、高学年は50メートルクロールを行った。保護者らも応援に駆けつけていて、児童たちは「頑張れ!」「もう少しだ!」との声援を受けながらこれまでの努力の成果を発揮した。

(写真=声援を受けながらゴールを目指した児童たち)

[ 2012-08-26-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.