地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年8月24

2人1組で迫力作品を
下川・チェーンソーアート大会開幕

 【下川】道内唯一のチェーンソーアート大会「EzoCup2012・チェンソーアートマスターズコンペティション」が同実行委員会(児玉光実行委員長)主催で、24日から3日間、桜ヶ丘公園「フレペ広場」で開かれている。
 チェーンソーアートは、チェーンソーを使って丸太から彫刻作品を作り上げる芸術。同大会は町内の国際的チェーンソーアーティスト、児玉実行委員長の発案で「林業の町らしいイベントを」と昨年から開催されている。
 2年目の今回は青森、岩手、千葉、富山、愛知、三重、兵庫、和歌山、山口から全国トップレベルのアーティスト10人が、2人1組となって出場。「座れるもの」をテーマに3日間、延べ16時間掛け、長さ3メートル、直径60センチ以上の丸太(1組2本ずつ)を削り、作品を仕上げている。作品審査ではストーリー性、デザインの豊かさなどを評価して表彰し、完成作品は同公園に配置して活用する。
 初日は午前9時に競技を開始し、一斉にチェーンソーのエンジン音を響かせた。1時間後にはカタツムリ、ワシ、女性、家など作品の姿が見え始め、来場者もどんなデザインに仕上がるのか、完成を心待ちにしている様子。作品は姿を変えるため、毎日、訪れても楽しめそうだ。

(写真=国内トップレベル10人が競うチェーンソーアート大会)

[ 2012-08-24-19:00 ]


水資源の余力に不可欠
サンルダム有識者意見・着工前に魚道効果の実証を

 【名寄・下川】北海道開発局主催の「サンルダム建設事業の検証に係る検討報告書(素案)に対する学識経験を有する者からの意見を聴く場」が23日、上川北部地域人材開発センターで開かれた。開発局は「関係地方公共団体からなる検討の場」で、本体着工凍結中のサンルダム(下川)とその代替となる複数の対策案を比較した結果、「ダム案が妥当」と判断して報告書素案をまとめた。今回はその内容に対し、道内大学教授、加藤剛士名寄市長など有識者15人を招いて意見を求めた。
 出席有識者は一人10分ずつ意見を発表した。元北海道大学大学院准教授の黒木幹男さんは「ダム案は妥当だが、魚道が機能するのか、一層の検討努力をお願いしたい。また、ダムで河川の流量が安定することで、農業生産向上や小規模水力発電などへの水利用促進に期待したい」と語った。
 一方で旭川大学の出羽寛名誉教授は「素案の検討過程と内容は不十分であり、公正、中立、透明性ある検討委員会を設置して再検討が必要」と述べた。

(写真=サンルダム事業検証で意見を述べた有識者たち)

[ 2012-08-24-19:00 ]


高温多湿で病害目立つ
名寄市の主要作物作況視察・水稲収量は平年並みを予想

 【名寄】名寄市の主要作物作況視察が23日、市内各所で行われ、各農家などを視察して水稲や畑作物の生育状況を確認した。
 毎年秋の収穫時期に合わせて市内の農作物生育状況を把握するために実施。今年も久保和幸副市長や種田芳雄道北なよろ農協代表理事専務をはじめ、農業委員会、上川農業改良普及センター名寄支所職員などが出席して、名寄、風連両地区にある農家のほ場など7カ所を視察した。
 視察に先立ち、久保副市長が「今年は融雪の遅れや6月の干ばつなどにより、前半の生育に影響を与えた。7月以降の生育は順調だが、クマによるスイートコーンの食害が多発しているため、事故の未然防止を図るとともに、豊穣の秋を願いたい」と挨拶した。
 続いて、同普及センター名寄支所職員が15日現在の農作物生育状況を説明。
 視察では、農業振興センターの水稲をはじめ、風連と智恵文地区の農家を見て回り、カボチャやタマネギ、大豆、バレイショなどの生育状況を確認した。

(写真=市内7カ所を見て回った市の主要作物作況視察)

[ 2012-08-24-19:00 ]


就職活動の参考に
名寄で高校卒業者企業説明会

 【名寄】高校卒業者向け企業説明会が23日にホテル藤花で開かれ、来年3月の卒業後に就職を考えている高校3年生が参加、各企業の担当者から業務内容などを聞いた。
 企業が求めている人材や各業種への理解促進を図ることを目的に名寄市と士別市、名寄公共職業安定所、上川総合振興局、上川教育局、ジョブカフェ旭川が主催して開催した説明会で、今年で3回目の開催となる。
 今回は名寄市内をはじめ士別、旭川、美深、中川、中頓別から介護や製材、建設、医療、農畜産業などの18企業が参加。高校生は名寄と士別、美深、剣淵、下川の7校から約100人が参加した。
 生徒たちは、18のグループに分かれてローテーションで各企業のブースを回り、職種や業務内容などの説明を受けた。
 また、フリータイムでは自分の興味のある企業のブースで質問するなどして、詳細な仕事内容や適正を知り、今後の就職活動に備えて、職種選択の参考としていた。

(写真=各企業のブースで説明などが行われた会場)

[ 2012-08-24-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.