地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年8月19

映画効果で知名度高まる
名寄のヒマワリ畑・旅行会社がバスツアーを企画

 【名寄】名寄市内のヒマワリ畑が、大手旅行会社から観光スポットとして注目を集めている。道立サンピラーパークと智恵文地区のヒマワリ畑を観賞するバスツアー企画が今年から増えており、市が力を入れている観光振興によるまちづくりの取り組みが、少しずつだが形となって表れてきている。市は「今後も名寄の良さを道内外にPRしながら交流人口拡大を図り、地域の活性化に結び付けたい」と話している。
 現在、2社がバスツアーを企画、実施しており、一つはJR北海道ツインクルの「ツインクルバスなよろ向日葵号」。7月28日から8月26日までの毎日運行で、同パークのヒマワリ畑や映画ロケセットの「奥津家」、市立天文台を見学し、美深のトロッコ王国や仁宇布の雨霧の滝などを見て回る日帰りツアー。
 もう一つのツアーは、クラブツーリズム北海道の「ガーデン街道・富良野・美瑛・名寄ひまわり・サロベツ花風景を訪ねて北の大地を大縦断」。19日と21日の2回実施する予定。
 両ツアーとも初めて企画されたもので、市は「映画の効果が大きい。加えて、他の旅行会社が観光協会経由で名寄を絡めたツアーを企画している情報も聞いており、これらを活用しながら名寄をさらに売り込んでいきたい」としている。

[ 2012-08-19-19:00 ]


外来は増、入院は減
下川病院・23年度収支2500万円の赤字

 【下川】町立下川病院の23年度収支は、国の交付税や町の一般会計補助金約2億円を含めても2539万円の赤字となる見通しで、今後、地域医療をどのように守っていくべきか、町全体で考えていくことが求められる。
 23年度事業収益は総額5億5341万円。うち2億円は国の交付税と町の一般会計から繰り入れた。入院収益は前年度比960万円減の9277万円、外来収益は前年度比2074万円増の2億1805万円。その他の医業収入では、町の助成に伴う予防接種利用者が増えており、前年度比382万円増の3673万円。
 事業支出は5億7880万円で、内訳は人件費(職員46人、うち医師2人、看護師16人)59・5%、薬品費24・1%など。単年度収支は2539万円の赤字を見込まれている。人件費の割合が大きいが医師などの人材確保のために、十分な人件費をみることが不可欠。23年度利用状況は入院が延べ1万482人。前年度比435人減となった。

[ 2012-08-19-19:00 ]


町の魅力や課題を調査
学生4人が下川で議員実習

 【下川】NPO法人ドットジェイピー(本部・東京都)の議員インターンシッププログラムに参加している道内大学生4人が、5日から19日まで下川町議会の奈須憲一郎議員を訪れ、下川のまちづくりに理解を深めた。
 同プログラムは大学生が議員とともに行動し、その仕事や思い、政治と社会のつながりを学ぶことで、若者の社会貢献への意識高揚、選挙投票率向上に結び付けることが目的。奈須議員は、知人からの推薦で受け入れ先に登録している。
 滞在期間中は奈須議員が代表を務めるNPO法人「森の生活」の活動に参加したほか、町民に町民会館改修や町の魅力などでアンケートを実施した。
 インターン学生の鳥羽航太さん(22)、菊地大佑さん(22)は、町民会館改修で「改修を知らない高齢者が多かった。情報公開がうまく行われていない。説明会や福祉交流の場を通じて周知を図る必要がある」。町の課題で「公園、温泉など遊び場がバラバラに存在している」「札幌に住んでいるが、下川発祥のアイスキャンドルを知らなかった。視点を変えたPRも必要」など意見している。

(写真=議員インターンの鳥羽さん(左)の菊地さん)

[ 2012-08-19-19:00 ]


見守りの目を持って
美深町・SOSネットで高齢者守る

 【美深】美深町は、認知症高齢者とその家族が安心して暮らすことのできる地域づくりを推進するため、関係機関・団体と連携した「美深町SOSネットワーク」を構築している。これまで、同ネットワークで捜索した人はいないものの、徘徊(はいかい)などで行方不明になった時、最悪の事態を防ぐためにも一般住民も見守りの目を持つことが重要となっている。
 高齢期を迎えると、記憶力や判断力が低下することで、道を間違えたり、自宅が分からなくなるケースも多い。特に認知症などの病気にかかると、徘徊したまま行方が分からなくなり、最悪の場合命にかかわる恐れもある。
 そのため、町は22年度、徘徊の恐れがある認知症高齢者が行方不明になった場合、早期発見・保護ができるように関係機関・団体との支援体制を構築。
 行方不明になる可能性がある高齢者の家族に対し、配布している電話連絡表(行方不明になった人の人相、着衣など記入)の情報を基に捜索。徘徊高齢者の安全と家族絵への支援活動を行っている。

[ 2012-08-19-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.