地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年8月10

特産物活用した試食も
名寄市観光交流振興協・女子栄養大学合宿受け入れ

 【名寄】名寄市観光交流振興協議会(会長・加藤剛士市長)は、今月22日から26日まで女子栄養大学(埼玉県坂戸市)の学生合宿を受け入れる。期間中は学生の食農体験を通して農産物収穫、農産加工に取り組んでもらいながら、名寄の特産物を活用した成果品の試食・検証会を実施。同協議会としては、さらなる新商品開発に結び付ける契機とする考えでいる。
 女子栄養大学では、管理栄養士養成課程のカリキュラムで、実践的な調理技術を学び、調理師を目指そうとする学生に対し、3年次に同大学併設の香川調理製菓専門学校に短期留学する制度を設けている。同専門学校で短期留学生を受け入れているゼミの一つに、さまざまな地域の原材料や特産品を利用した商品開発に取り組んでいる「稲葉ゼミ」があり、それらの開発成果を取り上げた地域を訪問して関係者に試食してもらい、感想や課題などを検証している。
 「稲葉ゼミ」では以前、士別の特産品を取り上げた経緯があり、本年度の題材として名寄を取り扱ってもらえることになり、もち米、もち粉、ヒマワリ油、ヒマワリ豚、ジンギスカンのレトルト食品などのテーマを提案。学生たちが特産品開発に携わる中、名寄で新たな商品開発を実現させるきっかけとなれば―と今回の学生合宿を受け入れることにした。

[ 2012-08-10-19:00 ]


ハワイから天文講座
名寄、杉並、南相馬と4元中継

 【名寄】夏休みハワイ天文講演が10日に市立天文台で開かれ、インターネット回線を利用して国立天文台ハワイ観測所と名寄市、東京都杉並区、福島県南相馬市を結び、同時講演を行った。
 この企画は、なよろ市立天文台の山田義弘名誉台長(東京大学顧問)の提案で実現。主鏡口径8・2メートルの「すばる望遠鏡」を持つ国立天文台ハワイ観測所とインターネット回線で接続し、全国初の4元中継で講演した。
 名寄の小学5〜6年44人、杉並の小学6年67人、南相馬の小学6年13人が参加。ハワイ観測所の林左絵子准教授が「ハワイから見える宇宙」と題して講演。世界最大の望遠鏡で捉えた太陽系惑星の画像を示しながら「太陽系の惑星が生成する過程は、他の惑星系から知ることができ、構造の想定もできる」などと説明した。天体までの距離や恒星と惑星の違いなども取り上げ、子供たちは宇宙スケールの大きさに思いをはせた。

(写真=全国初の試みとなった4元中継の天文講演)

[ 2012-08-10-19:00 ]


「子供たちと会うのが楽しみ」
名寄市の新ALT・カナダ出身の2人着任

 【名寄】前任の外国語指導助手(ALT)が2年間の任期を終えて離名したことに伴い、このたび新たに着任したクラリサ・ジュウェル・マリーさん(27)とマシュー・カイザー・アーロンさん(22)が9日、市役所名寄庁舎を訪れ、加藤剛士市長らに着任の挨拶をした。
 名寄市では国際化時代に対応した教育を充実させるため、自治体国際化協会の事業を利用してALTを受け入れている。
 ジュウェルさんはカナダのオンタリオ州トロント出身。ヨーク大学で生物学を専攻し、バークレイリーダーシップセンターで子供から大人を対象に環境に関するレクチャーを行うコーディネーターを経験。また、平成19年3月からの1年間、明治大学の交換留学生として日本に滞在、北海道も訪れている。主に名寄地区の小中学校を担当する。
 カイザーさんはカナダのオンタリオ州ミシサガ出身。クイーンズ大学で歴史学を専攻し、同学のフェンシング部で初級・中級レベルの部員に指導。訪問販売のマネージメントも行ってきた。主に風連地区の小中学校を担当する。

(写真=着任あいさつをしたジュウェルさん(左)とカイザーさん)

[ 2012-08-10-19:00 ]


12日から智恵文で
名寄JC巨大「ひまわり迷路」

 【名寄】名寄青年会議所(高橋直樹理事長)主催の「楽しもう!ひまわり迷路に挑戦だ―!」が、12日午前10時から市内智恵文の微生物応用技術研究所名寄農場(MOA名寄農場)で開かれる。同日は、上空約10メートルからヒマワリ畑を眺めることができる展望台(高所作業車)が設置されるほか、スタンプラリーなどのイベントも行われる計画で、同会議所では多くの来場を呼び掛けている。
 「ひまわり迷路」は、同会議所地域交流委員会(桑原洋志委員長)の担当、MOA名寄農場、共成レンテム、名寄産業高校の協力で開催。同会議所では「子供たちには自然の中で体を動かしてもらいたい。巨大迷路で遊んでもらいたい。そんな経験から名寄は楽しいまちだ、名寄といったら『ヒマワリ』と子供たちに思ってもらいたい」との思いを込め企画した。
 同会議所では「名寄のみならずたくさんの子供たちや家族連れに迷路を楽しんでもらい、絆を深めてもらいたい」としている。

[ 2012-08-10-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.