地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年7月23

たくさんの思い出を
なよろ夏季林間学校入校式・南相馬市から児童21人が来名

 【名寄】福島県南相馬市の児童を受け入れる「なよろ夏季林間学校」の入校式が22日、道立サンピラーパーク森の休暇村で行われた。東日本大震災で被害を受けた同市内の小学5、6年生21人を、夏休み期間を利用して受け入れたもので、28日までの1週間、名寄の特徴を生かした各種体験活動や社会見学をはじめ、毎年開催されている自然体験学習「へっちゃLAND」にも参加して、地元の子供たちと交流も深める。
 「なよろ夏季林間学校」は、名寄市と友好交流自治体提携を結ぶ東京都杉並区を中心とした自治体スクラム支援会議活動の一環。夏休み期間中、南相馬市の児童を対象に、名寄でのんびりとした時間を過ごしてもらい、放射能不安などから生み出されるストレスを解消してもらおう―と市が企画。
 名寄での滞在期間は22日から28日までの1週間。日程は、同パーク森の休暇村にあるコテージに22日からの4日間宿泊。この間、ピヤシリシャンツェ、北国博物館などの市内見学をはじめ、名寄産業高校名農キャンパスでのバターやパン作り、自衛隊名寄駐屯地での社会見学、旭山動物園見学、市内で開催されるイベント参加に加え、雪と親しむ企画などを予定している。

(写真=南相馬市児童21人を受け入れた林間学校の入校式)

[ 2012-07-23-19:00 ]


もちまきやスタンプラリー
名寄でふるさとフェス・多くの地域住民でにぎわう

 【名寄】「第5回ふるさとフェスティバルinサンピラーパーク2012」が21日、市内日進の道立サンピラーパーク内サンピラー交流館や屋外特設会場などで開かれた。太鼓や音楽演奏など各種ステージをはじめ、もちまき、名寄産「はくちょうもち」を使った岡山名物きびだんご、地元名寄の新鮮農産物販売、スタンプラリーといったイベントや販売などが行われ、多くの地域住民が真夏のひとときを楽しんだ。
 ふるさとフェスティバルは、指定管理者の名寄振興公社(田畑忠行社長)の主催。夏イベントの幕開けとして、日ごろの公園利用者に感謝を込め毎年開催している。
 開会式に続き、名寄市もち米生産組合の協力で、もちまき(60キロ分)が行われ、多くの来場者がビニール袋を手にたくさんのもちを拾う光景が見られた。

(写真=盛況だったふるさとフェスでのもちまき)

[ 2012-07-23-19:00 ]


安全意識高めて走行
名寄自動車学校のツーリング

 【名寄】名寄自動車学校(和田敏明管理者)主催の第22回安全マインドツーリングが22日、同校を出発点に開かれた。
 地域社会の安全運転意識向上と、地域の交通安全活動への募金を目的とした交通安全活動。平成3年から開催しており、コースは毎回変え、今年は網走管内湧別町までの往復250キロ。
 名寄や美深、下川、音威子府、幌延、旭川から82人と、同校職員13人が参加。開会式で、同校卒業生の横山英里さんと山崎美穂さんが「交通規則を守り、事故の無いように運転します」などと安全宣言した。
 スケジュール説明の後、参加者たちは愛車にまたがり、4グループに分かれて目的地に向けて出発し、バイク愛好者同士で交流を深めながら往復250キロのツーリングを満喫していた。

(写真=バイク愛好家82人が参加したマインドツーリング)

[ 2012-07-23-19:00 ]


技検3級今年も2人
名寄産業高・開校から通算し10が合格

 【名寄】厚生労働省が認定する技能検定が、このほど行われ名寄産業高校(田邊孝次校長)建築システム科3年の清水友里花さん、天野智佳さんの2人が、技能検定3級の建築大工部門に合格した。これで現3年生の同検定合格者は、山崎匠君、山本美和さんを合わせて4人。平成21年度の名寄産業高校開校から通算して10人が合格証書を手にした。
 技能検定は、労働者の有する技能を一定の基準によって検定し、公証する国家検定制度。合格者には、厚生労働大臣または都道府県知事の合格証書が交付される。平成16年度に受験資格要件が大幅に見直され、技能検定3級は職業高校などの在学生も受検できるようになった。
 同校では、「技能検定3級は、高校を卒業してから高等技術専門学院などで2年間学びながら取得するのが一般的」と胸を張る。
 現3年生も高校卒業後は進学する者、建築関係やその他に就職する者と道はそれぞれだが、これで同校開校から3年連続で技能検定3級合格者を輩出し、同校関係者は生徒の頑張りに賞賛の拍手を送っている。

(写真=技能検定3級合格の3年生4人)

[ 2012-07-23-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.