地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年7月18

地域農業の現状に理解
羽貝道農政部長が名寄を視察

 【名寄】羽貝敏彦道農政部長による名寄市内農業関連施設の現地調査が17、18の両日行われ、地域農業の現状や新たな可能性などで理解を深めた。
 上川北部管内の農業現地調査の一環として名寄入りしたもので、羽貝部長をはじめ、上川総合振興局産業振興部、上川農業改良普及センターなどから7人が随行。18日は市役所名寄庁舎の加藤剛士市長を表敬訪問。未来を見据えた農業展開の重要性に触れた羽貝部長は「北海道農業はこのデフレ経済の中でも、比較的安定した経営をキープしているが今後、このまま継続されるとは限らない。農業新規参入の受け入れやバックアップ体制の構築も含め、10年先を見据えながら、農業を担う人づくりを考えていかねばならない」などと話した。
 その後、市内西3南3のひまわり工房「北の耀き」(懸尾隆一代表)を視察。工場内を見学し、搾油行程などに理解を深めた羽貝部長は「課題は多いが、取れる油は素晴らしい」とさらなる事業推進に期待を寄せた。

(写真=説明を受ける羽貝道農政部長=ひまわり工房「北の耀き」=)

[ 2012-07-18-19:00 ]


新規就農者10人を激励
名寄・農業担い手交流会

 【名寄】名寄市農業担い手センター(委員長・久保和幸副市長)の24年度交流会が17日にホテル藤花で開かれ、今年から新たに就農し名寄の農業を担う若手農業者を激励した。
 交流会には、本年度新規就農者した風連地区の大草隆志さん(30)、合田敦さん(30)、北明佳祐さん(20)、結城敬さん(30)、安達康治さん(22)、名寄地区の平間京太さん(23)、小川智也さん(20)、智恵文地区の及川勇一(41)・綾さん(30)夫妻、宮下章宏さん(29)の10人をはじめ、農業関係者など約40人が出席。
 中島組合長から激励状が手渡され、受け取った新規就農者たちが「先輩たちの仕事を勉強しながら1日も早く一人前の農業者になれるよう頑張りたい」などと決意を述べた。続いて、15年に名寄地区曙で就農した永井健一さんが「乾土効果とチャレンジ」、もち米の里ふうれん特産館の堀江英一代表取締役が「農業のイノベーション」をテーマに講演。出席者たちは、改めて農業の奥深さについて学んでいた。

(写真=中島組合長から激励状を受ける新規就農者)

[ 2012-07-18-19:00 ]


農作物収穫や森林体験
下川・横浜と地元の児童生徒交流

 【下川】下川町と「環境モデル都市」の友好協定を結んでいる神奈川県横浜市戸塚区前田町川上地区の小中学生9人が、14日から2泊3日で下川町を訪れ、地元の小学5、6年生6人とさまざまな体験をしながら交流を深めた。
 下川町「知の拠点づくり事業」の一環。14日はちょうちん行列や真夏のアイスキャンドルを満喫。15日は地元農家でアスパラガス、トマト、イチゴの収穫後、森林を散策しながら枝を拾い集め、チップにして五味温泉の木質ボイラーに投入した。バームクーヘンや石窯ピザも作ったほか、星空やホタルを観察し、都会では見られない神秘的な夜景に感動していた。16日は川釣りも楽しんだ。バームクーヘン作りでは、シラカバの皮とマッチだけで炭を着火。森で太い枝を見つけて皮をむき、アルミホイルをまいた後、小麦粉などの原料を塗り付けながら、炭火でまんべんなく焼いた。試行錯誤の末に完成すると「甘いにおいがしておいしい」とうれしそうに味わっていた。
 今回、交流に参加した下川の小学生は、8月2日から3日間、横浜市三ッ沢公園を訪れ、川上地区の子供たちと野外キャンプをして交流する。

(写真=バームクーヘンを作った子供たち)

[ 2012-07-18-19:00 ]


アパート型で全10戸
名寄丘の上学園・グループホームを開所

 【名寄】障害者支援施設「名寄丘の上学園」(阿部克憲施設長)は、従来型とは異なるアパート型のグループホーム「Ripple(リップル)」を市内西5南6に開所。15日までに6人が入居し生活している。
 これまでのグループホームは1戸建ての中にそれぞれの居室があり、玄関はもちろん、風呂やトイレも共用の施設が多かった。しかし、リップルは全室にキッチン、風呂、トイレが付いた10畳のワンルームアパート形式となっており、1階にはグループホームに必要な共用スペースを設け、食事も提供される。入居者の多くは移動手段が徒歩や自転車だが、中心街に近いため利便性も高い。
 国の補助を受けて建設すると規制が多いことなどを理由に、同学園では市内の不動産業者を提携。不動産業者が所有する建物を同学園が借りる形で、昨年秋に着工し、このほど完成となった。
 このようなグループホームは名寄では初であり、全国的に見ても例が少ない。この施設を開所することで一石を投じ、広がっていけば良いとの願いを込め施設名を「さざ波」「波紋」を意味する「リップル」とした。

(写真=開所したグループホーム「リップル」)

[ 2012-07-18-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.