地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年6月17

成果を精いっぱい発揮したい
名寄南小6年の稲川さん・民謡民舞少年少女全国大会へ

 【名寄】名寄桂章会(若槻五郎会主)に所属する稲川美彩さん(名寄南小6年)が、5月に札幌で開催された24年度民謡民舞少年少女道央大会(公益財団法人日本民謡協会主催)に初出場し、小学4年生から6年生の部で見事3位入賞を果たした。稲川さんは今年8月に東京都で開かれる全国大会に北海道代表で出場する。稲川さんは「楽しみだが、出場者はすごい人ばかりだと思うので、練習成果を精いっぱい発揮してきたい」と話し、大会に向けて、稽古にも熱が入っている。
 稲川さんは2歳から祖母の影響で民謡を習いはじめ、小学2年生のころに名寄桂章会に入会。三味線を習い始めるとともに、同3年生から本格的に民謡の稽古を始め、現在は毎週火曜日に市総合福祉センターでの練習に励んでいる。稲川さんは「きれいな着物が着られることもうれしいですが、多くの人を前に歌えることに喜びを感じます」と話す。

(写真=全国大会出場への喜びと抱負を語る稲川さん)


[ 2012-06-17-19:00 ]


進路決定の参考に
名寄職安・「入社1カ月目の言葉」を発行

 【名寄】名寄公共職業安定所は、このほど、就職活動を控える高校生の進路決定などの参考に―と、新社会人の声をまとめた「入社1カ月目の言葉 新入社員48人のリアルボイス」を発行。管内12高校などへ配布した。
 名寄職安では、管内高校を卒業し就職した新社会人の職場定着を目標に、企業所訪問を通じた相談活動などに取り組んでいる。その際、これから進路を決める生徒やその保護者、新卒者を雇う事業所の人たちに、新社会人の今の気持ちを伝えたい―との考えで、今春、就職した社会人124人に、アンケート調査を実施。5月末までに回答のあった48人分の声を、原文のまま掲載した。
 質問事項は、「学校生活と社会生活の違いで感じたこと」「学校生活を振り返り、現在役立っていること」「後輩に伝えたい一言」など5項目。回答には、「責任の重さが学生と社会人の大きな違い」「挨拶がもっと習慣付けできていればよかった」「やりたい仕事に就くのも良いことだけれど、どんな仕事でもどこまで頑張るかーが重要」など、新社会人の本音が語られている。

(写真=管内12高校などへ配布された「入社1カ月目の言葉」)

[ 2012-06-17-19:00 ]


専門家から知識学ぶ
名寄市公民館の子育て教室

 【名寄】名寄市公民館主催の家庭教育支援講座「子育て教室」が、7月4日から全4回にわたって市民文化センターで開かれる。
 各分野の専門家から子育てに役立つ知識や技術を学び、自らの子育てに生かしてもらおう―と企画。対象は就学前の乳幼児と保護者で、原則としてすべての回に参加できる人。定員20人(先着)。参加無料。
 締め切りは今月29日。申し込みは市公民館業務係(市民文化センター内、電話01654-2-2218、FAX01654-2-2356)へ。
 日程は次の通り。
◇1回目▽日程=7月4日▽テーマ=手遊び・読み聞かせなど子育てのプロの技を伝授します▽講師=名寄市南保育所長・土屋由美子さん◇2回目▽日程=7月20日▽テーマ=正しい食生活で丈夫な体を作ろう▽講師=名寄市保健センター栄養士・長屋真弓さん◇3回目▽日程=8月23日▽テーマ=子供の歯について学びましょう。目指せ!虫歯ゼロ▽講師=子育て親育ての会・室田弘二さん◇4回目▽日程=9月12日▽テーマ=「子育て座談会」みんなで楽しくおしゃべりしましょう▽講師=名寄市立大学短期大学部児童学科・傳馬淳一郎さん

[ 2012-06-17-19:00 ]


色鮮やかな大輪の花が
名寄市内秋山さん・クジャクサボテン咲く

 【名寄】市内西14南12の秋山秀雄さん宅で育てている「クジャクサボテン」に、例年よりたくさんのつぼみがつき、次々と色鮮やかな大輪の花を咲かせ見る人の目を楽しませている。
 秋山さんと妻の恵美子さんは、植物を育てることが好きで、自宅は多くの植物で囲まれ、平成16年には名寄市花壇コンクールで特選にも選ばれた。
 秋山さん宅のクジャクサボテンは、8年ほど前に葉のように見える葉状茎(ようじょうけい)をもらって挿し木をし、育ててきた。水はけのよい土に植え、冬季間は2階の一室で、寒さで枯れない程度の温度に保ち、水は少なめで管理。夏は東向きの玄関で管理している。現在では高さ45センチ、幅70センチほどに育ち、例年5〜6輪の花が咲いている。しかし、今年は35個ものつぼみをつけ、13日ごろから2〜3輪ずつ美しいピンクの花を咲かせている。
 秋山さんは「特別な世話はしていない。今年の花は例年に比べて小ぶりだが、たくさんのつぼみをつけて驚いた」などと話している。

(写真=秋山さん宅で大輪の花を咲かせるクジャクサボテン)

[ 2012-06-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.