地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年6月14

新規就農の支援機構確立へ
名寄市議会一般質問答弁・本年度中に基本方針

 【名寄】第2回名寄市議会定例会は13日、東千春議員(市政クラブ)、佐々木寿議員(同)、奥村英俊議員(市民連合・凛風会)、植松正一議員(同)、竹中憲之議員(同)が一般質問。竹中議員の新規就農対策の質問に、高橋光男経済部長は「関係団体と連携して機能強化を図るとともに、新たな支援機構の確立を目指す。また、受け入れ体制の基本方針を本年度中に策定し、これを基に、友好交流提携を結ぶ東京都杉並区を核とした情報発信などを通して取り組みたい」と答えた。

[ 2012-06-14-19:00 ]


農作業体験し農家交流
名寄市グリーンツーリズム推進協・札幌市立向陵中2年74人が

 【名寄】名寄市グリーンツーリズム推進協議会(水間健詞会長)は14日、札幌市立向陵中学校2年生74人の農業体験を受け入れたが、生徒たちは市内22戸の農家で、さまざまな農作業を手伝いながら交流を深めた。
 向陵中学校では、宿泊研修旅行のプログラムの一つとして農業体験を毎年実施。今年は2年生299人がクラスごとに名寄をはじめ士別、剣淵、和寒、愛別で行った。
 風連B&G海洋センター前での対面式で、水間会長は「それぞれの農家では地域の特産物を育てています。皆さんも誇りを持って作業し、実りある体験としてほしい」と挨拶した。その後、班ごとに各農家へ移動。そのうち瑞穂の宗万広美さん宅には4人が訪れ、アスパラガス畑の肥料まきを体験した。

(写真=宗方さんのアスパラ畑で肥料をまく生徒たち)

[ 2012-06-14-19:00 ]


名寄大学生が協力
サンピラーパークの花壇整備

 【名寄】名寄市立大学の学生が13日、道立サンピラーパークを訪れ、サンピラー交流館前の花壇整備に汗を流した。
 同パーク指定管理者の名寄振興公社では毎年、花壇整備で大学生の協力を得ており、今年で5回目。今年は、栄養学科2年生の7人が訪問。暖かい日差しの下、植栽作業をスタート。花苗の配置図を確認しながら、ピンクのベゴニアを花壇の四隅に、黄色のマリーゴールド、赤いベゴニア、青い花のサルビアを同心円状に等間隔で並べた。
 大学生たちは、多くの人が出入りし、目に付く交流館前の花壇で、同パークスタッフの手も借りながら丁寧に苗を植え込んだ。作業終了後には、一面に花々の美しい模様が浮かび上がり、やりがいを感じている様子だった。

(写真=花苗を植栽し美しい花壇をつくる学生たち)

[ 2012-06-14-19:00 ]


似顔絵の貼り絵壁掛け
風連で父の日プレゼント作り

 【名寄】風連児童会館の「父の日プレゼント作り」が12日、同会館で行われた。
 17日の「父の日」を前に、お父さんに感謝の気持ちを―とプレゼントを作製。今年は父の似顔絵をモチーフとした貼り絵壁掛けを作った。
 色画用紙に顔の輪郭を描き、ちぎった貼り絵用の色紙をのりで付けし、目や鼻、口などのパーツをかたどり、似顔絵を仕上げた。それを台紙に貼り付け、メッセージを書いてプレゼントは完成。
 子供たちは、お父さんの顔をじっくりと思い出し、少しでも似せよう―と色紙を切り貼っていた。「これからもお仕事がんばってね」などとメッセージを書き留めながら、喜ばれるプレゼントを作っていた。

(写真=プレゼントを作る子供たち)

[ 2012-06-14-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.