地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年6月7

水稲はほぼ平年並み
名寄地区1日作況・一部畑作物の生育停滞

 【名寄】上川農業改良普及センター名寄支所は、1日現在の農作物生育状況をまとめた。5月5半旬(21〜25日)に気温が高めに推移し、水稲はほぼ平年並みに生育。融雪遅れの影響を受けていた畑作物の定植、は種作業も順調に進行したが、降水量が平年に比べ少ないため、ビートなど一部畑作物で生育が停滞している。今後も少雨が続くと豆類の出芽、バレイショの萌芽にも影響を及ぼす可能性がある。
 気象経過をみると、気温は5月5半旬で高めに推移。日照時間も5半旬で平年に比べ長かった。一方、降水量は5月6半旬(26〜31日)にまとまった降雨があったものの、5月3半旬(11〜15日)以降、平年を大きく下回る状態が続いている。同支所では「雨不足が続き、今後、大豆と小豆の出芽ぞろいが心配。バレイショの萌芽にも影響を及ぼす可能性がある」と懸念している。

[ 2012-06-07-19:00 ]


今年は優勝を目指す
名寄ピヤシリ西クラブ野球少年団・2年連続で全道大会へ

 【名寄】名寄ピヤシリ西クラブ野球少年団は、7月に開催の高円宮賜杯第32回全日本学童軟式野球大会兼マクドナルド・トーナメント北・北海道予選大会への出場が決まった。
 現在の団員は名寄西小学校2〜6年生の21人。火〜日曜日の午後4時から同7時まで練習に取り組んでいるほか、冬季間もグラウンドにビニールハウスを設置して、土の上で活動している。
 5月19・20日に開かれた市内大会を経て、6月2・3日に開かれた名寄支部大会(9チーム出場)では決勝で名寄東を破り優勝、北・北海道大会への出場権を手に入れた。北・北海道大会への出場は2年連続で、昨年は準優勝し、初めて全道2位という快挙を果たした。
 安孫子翔真キャプテン(6年)は「去年も北・北海道大会に出場していて、今年も狙っていた大会なので出場できてうれしい。守備を鍛えて今年は優勝したい」と、意気込みを語る。

(写真=全道大会への出場を決め練習に熱が入る西ク少年団)

[ 2012-06-07-19:00 ]


牧草地が少しずつ林に
下川・成長したサンルの植樹木観察

 【下川】旭川開発建設部サンルダム建設事業所(吉村俊彦所長)主催「郷土の森づくりとサンル大橋の現地見学会」が6日、同事業所に集合して行われた。
 同事業所はサンル川周辺の牧草地跡に森をよみがえらせようと、平成12年から毎年、サンル12線直記公園で植樹会「郷土の森づくり」を開催。昨年までに延べ1700人が参加し、46種1万6000本の樹木の苗を植え、緑化面積は約5・6ヘクタールとなった。
 見学会は、地域住民と植えた樹木成長の状況を観察してもらおうーと企画。夏以降に開通予定のダム建設に伴う道道下川雄武線付け替え道路「サンル大橋」の見学も盛り込んだ。
 見学会には下川の役場婦人部、商工会女性部、種を採取して植樹する苗を育てている高齢者事業団など35人が参加。同事業所職員や岡村俊邦北海道工業大学大学院教授の案内で植樹会場を観察。ハンノキ、イヌエンジュ、シラカンバは定着率が高く、成長の早いものは6メートル以上に伸びている。また、植えた木の枯れ葉のたい積によって雑草の成長が抑制され、自然林床に近付いている。岡村教授は「その後に成長の遅い木がゆっくり伸びてくる」と説明。シカの食害も目立ったが、参加者たちは成長した木をうれしそうに眺めていた。

(写真=過去の植樹会場で成長した植樹を観察した参加者たち)

[ 2012-06-07-19:00 ]


今年も楽しみ企画用意
23日松山湿原で登山の集い

 【美深】美深町観光協会(山崎晴一会長)主催の「『2012松山湿原とニウプ自然探勝』第18回登山の集い」が23日、町内仁宇布で開かれる(雨天決行)。
 初夏の高山植物観賞などの湿原散策に続き、平成の名水百選「仁宇布の冷水」や雨霧の滝、女神の滝など仁宇布の豊かな自然を楽しむ年に1度の登山の集い。
 JR利用者と町民は、午前8時半までに町民体育館または、JR美深駅に集合し、バスで移動。一方、マイカーの場合は、午前9時までに駐車場となる仁宇布農村公園に集まった後、バスに乗り換えて天竜沼パーキングに向かう。
 行程は、午前9時半に天竜沼パーキングを出発し、40分ほどかけて登山。湿原散策(約30分)で初夏の風物詩「ワタスゲ」の群集などを観賞後、仁宇布の冷水採水、雨霧と女神の滝見学、仁宇布農村公園で昼食(各自)となる。
 参加料は1人500円(小学生以上、当日徴収)。昼食タイムでのジンギスカンセットは別料金で1人800円。コンロ、鍋、箸、皿などは主催者側が用意する。
 申し込み締め切りは20日まで。美深町観光協会(01656-9-2470、FAX01656-9-2472)に電話またはFAX、協会ホームページ上の「お問い合わせ先」からメール送信、町交通ターミナル内協会窓口で申し込むこと。

[ 2012-06-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.