地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年5月27

ラジオ体操や綱引き
30日にチャレンジデー・多くの市民参加を呼び掛け

 【名寄】運動やスポーツの参加率を自治体間で競う「名寄市民健康づくりチャレンジデー2012」が、30日に開催される。当日は早朝ラジオ体操、市民綱引き大会をはじめ、各種スポーツイベントなどが行われることから、実行委員会(委員長・加藤剛士市長)では、多くの市民参加を呼び掛けている。
 チャレンジデーは、毎年5月の最終水曜日に世界中で実施されている住民総参加型のスポーツイベント。人口規模が、ほぼ同じ自治体同士で、午前零時から午後9時までの間に15分間以上継続して、運動やスポーツを行った住民の参加率を競い合うもの。敗れた場合は、対戦相手の自治体の旗を、庁舎のメーンポールに1週間掲揚することがルール。
 19回目の参加となる名寄市の対戦相手は岡山県赤磐市。同市は、平成17年3月に赤磐郡内の山陽町、赤坂町、熊山町、吉井町が合併し誕生。総人口は約4万5000人。名寄市は、参加目標を人口の65%に当たる2万人に設定している。

[ 2012-05-27-19:00 ]


目標達成は厳しい状況
名寄市・ヒマワリの栽培振興を継続

 【名寄】名寄市は、振興作物としているヒマワリの栽培普及に向けた補助制度を設け、本年度も当初予算に高オレイン酸の油用ヒマワリの種子代金として経費を計上。計画では、25年度に50ヘクタールの作付面積確保を目指しているが、23年度以降の作付面積は伸びていないため、目標達成は難しい状況にある。
 市は、振興作物としているヒマワリの輪作体系化を図り、生産性の向上と農業経営の安定化に結び付けることなどを目的に、昨年度からひまわり生産組合(竹田綱男会長)を通じ、ヒマワリの種子代金を助成。また、ヒマワリ油を活用して新商品開発を行い、1次産業の生産から2次産業の加工、3次産業の販売までを連動させ、6次産業化を図ることも考え、栽培振興補助事業を推進している。

[ 2012-05-27-19:00 ]


観光客増加に期待
美深・函岳スーパー林道が「100の道」

 【美深】北海道百名山に数えられている北見山地の主峰「函岳」(標高1129メートル)に続くスーパー林道が、「ほっかいどう100の道」の一つに選ばれた。
 北海道ならではの自然や文化に出会える「ほっかいどう100の道」は、通ってみたい道、後世に残したい道を選び、地域活性化や観光振興につなげるもの。
 函岳スーパー林道は、美深町富岡からは函岳山頂までの34キロ。本格的なオフロードのため、バイク愛好者がツーリングを楽しむなど、ライダーの聖地として人気を集めている。
 また、360度の大パノラマを眺望することができる函岳に続く道として多くの観光客が訪れ、豊かな自然を走り抜ける爽快感を味わっている。なお、函岳加須美峠の本年度ゲート開錠予定は、6月下旬となっている。

[ 2012-05-27-19:00 ]


6月札響コンサート
美深・COM文化ホール自主事業

 【美深】COM100文化ホール自主事業実行委員会主催の「札幌交響楽団メンバーによるスプリングコンサート2012」が、6月17日午後1時半から町文化会館で開かれる(開場は同1時から)。
 今回来町するメンバーは、福田善亮さん(トランペット)、佐藤誠さん(同)、岩佐朋彦さん(ホルン)、田中徹さん(トロンボーン)、玉木亮一さん(テューバ)、藤原靖久さん(パーカッション)の6人。
 曲目は、映画「ハウルの動く城」メドレー(作曲・久石譲)や「汽車」(同・大和田愛羅)、組曲「子宝」(同・宮川彬良)など。
 入場料は一般1200円、高校生以下500円で全席自由席。チケット取扱所は文化会館、大丸佐藤商店、いけの、水本電器商会、びふか温泉、恩根内センタープラザ(以上美深)、さしかわ楽器店、TSUTAYA名寄店、西條サービスカウンター(同名寄)となっている。

[ 2012-05-27-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.