地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年5月1

親子が触れ合う
ゴールデンウイーク・近場でのんびりと過ごす

 【名寄】ゴールデンウイーク期間中、市内日進の道立サンピラーパークなどでは、近場でのんびりと余暇を過ごそう―と、親子が楽しむ姿が見られ、にぎわっている。
 道立サンピラーパークを管理する名寄振興公社では、4月22日からサンピラー交流館内多目的ホールの夏季仕様をスタート。ボールプールや三輪車など幼児を中心とした遊具をはじめ、卓球やバドミントンといった軽スポーツも楽しむことができ、ホール内には子供たちのにぎやかな歓声が響いている。
 サンピラーパーク内にある、なよろ市立天文台「きたすばる」はゴールデンウイーク期間(6日まで)、毎日開館。国内2番目の大きさを誇る口径1・6メートルのレンズを備えた、北海道大学のピリカ望遠鏡による観望会やプラネタリウム上映などを通じ、来館者は魅力あふれる宇宙への関心を深めている。

(写真=多くの親子でにぎわう道立サンピラー交流館)

[ 2012-05-01-19:00 ]


計画の具現化目指す
観光交流振興協設立総会・オール名寄で事業展開

 【名寄】名寄市観光交流振興協議会の設立総会が1日、市役所名寄庁舎で開かれた。市観光振興計画を具現化するため、官民の枠を超えたオール名寄の組織で、同協議会の作業部会が計画・予算案作成、幹事会でそれらを集約して事業を展開する。
 同協議会は、従来の「ひまわりのまちなよろ実行委員会」を発展的に解散して立ち上げた組織。これまではヒマワリ中心のまち発信だったが、今後は本年度スタートの市観光振興計画に沿って、広範囲な事業具現化に力を注いでいく。
 具体的な事業は、観光イメージキャラクター活用、市民地域資源モニター検証(各施設視察)、日本一のひまわり畑・秋のひまわり畑事業、ご当地グルメ開発・PR、SNS活用の情報PR、観光客市内消費拡大(情報マップ、クーポン作製)などを実施。
 総会終了後、幹事会が開かれ、観光マスコットキャラクターを審査。星ともち米をテーマに512点の作品が寄せられ、幹事会で3点に絞った。

(写真=規約や構成団体、事業計画を承認した総会、幹事会)

[ 2012-05-01-19:00 ]


足伸ばしグルメ舌鼓
名寄・臨時列車「ぐうたら宗谷号」が運行

 【名寄】臨時列車「ぐうたら宗谷号」が28、29の両日、JR宗谷本線を運行し、名寄駅にも停車。ツアー参加者たちは、ゆったりと足を伸ばせるお座敷列車で、沿線のグルメを味わいながら鉄道の旅を楽しんだ。
 この臨時列車は、稚内駅グランドオープンを記念してのツアー「『ぐうたら宗谷号』で行く宗谷路ちょっとグルメ・稚内1泊の旅」(JR北海道旭川支社主催)のために運行。JR北海道の「ぐうたら号の旅」第4弾となり、お座敷列車でごろ寝しながら「ぐうたら」に過ごしてもらおう―というのが企画の狙い。
 ツアーには、道内外の鉄道ファン44人が参加。臨時列車は当初、旭川〜稚内間を運転予定だったが、前日からの雪解けに伴う天塩川増水の影響で、音威子府〜稚内間が運休、バス代替となった。そのため宗谷本線のダイヤが乱れ、臨時列車も予定より15分ほど遅れて名寄駅に到着。特製のヘッドマークを掲げたお座敷列車(2両編成)が着くと、参加者たちはホームに降り立ったが、列車とともに記念撮影をする人の姿が見られていた。

(写真=お座敷列車で鉄道の旅を楽しんだツアー)

[ 2012-05-01-19:00 ]


「楽しい」と笑顔
トロッコ王国美深開国・晴天の下、風を切って走行

 【美深】美深町仁宇布の観光名所として人気の高い「トロッコ王国美深」が、28日午前9時に開国。観光客らは晴天の下、残雪の森林内を駆け抜け、爽快感を味わった。
 初日は、開国を待ちわびていた仁宇布小中学校の児童生徒に加え、札幌や千歳などからの観光客も次々と入国。トロッコに乗り込んで雪の残る森林内を走り、目前に広がる美しい自然を満喫。トロッコ体験を終えた人たちは「自然がきれい」「楽しい」と笑顔を見せていた。
 今シーズンの営業時間は、4月28日から10月21日までの177日間。午前9時から午後4時まで1日8便運行するが、夏季(7月14日〜8月26日)までは1日9便運行する。入国料金は、大人(中学生以上)で1台に2人以上乗車の場合1人1200円、大人1人1台の場合は1500円、子供(小学生)600円、幼児は無料。トロッコ操縦には普通自動車運転免許が必要。

(写真=目前に広がる美しい自然を満喫した入国者たち)

[ 2012-05-01-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.