地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年4月25

座席数600台で全席固定
市民ホール・加藤市長が方針まとめる

 【名寄】名寄市は、市民ホール(仮称)の座席数や席の形状などに関する方針をまとめた。当初の計画では座席数を500席程度、機能は多目的としていたが、大規模ホールを望む市民の声などを反映させるため、600台の席数を整備するとともに、形状は全席固定としており、27日午後1時半から市役所名寄庁舎で開催する名寄市議会議員協議会で、加藤剛士市長が計画内容を説明する。
 市民ホールは、老朽化に伴って26年度に除却予定の市民会館大ホールの後継施設として、市民文化センター西側に整備するもの。国の社会資本整備総合交付金と合併特例債の活用を基本とし、24年度中に設計内容をまとめ、25年度着工、26年の秋ごろをめどにオープンを予定。

[ 2012-04-25-19:00 ]


実用英会話教室が評判
下川の山口さん・海外滞在経験生かして指導

 【下川】下川町内では児童生徒の学力向上を重視する声が高まっており、民間の学習塾、教育委員会のウイークエンドスクールなど、放課後教育に向けた取り組みが行われている。そんな中、町内旭町の山口誉子さんがカナダの長期滞在経験を生かし、実用英会話を指導しており、地元で注目されている。
 山口さんは下川町出身。平成元年からカナダに滞在し、学生旅行関係の営業助手、一般団体旅行監督者を務め、一昨年の7月に下川に戻った。地元で自分の経験や知識を生かしたいとの思いから、夫のマイク足立さんと自宅で英会話教室「ランゲージプラス英語教室」を開設した。
 コミュニケーション、ビジネス、スクール、キッズなどのコースに分かれているが、最近は新たな取り組みとして週末に「グループレッスン」をスタート。複数の受講者が一緒に英会話を楽しみながら、英語力を高めている。

(写真=英会話教室で行われているグループレッスン)

[ 2012-04-25-19:00 ]


速やかな初動体制確立
美深・林野火災空中消火資機材訓練

 【美深】林野火災空中消火資機材操作訓練が24日、上川総合振興局北部森林室庁舎前で行われた。
 雪解けとともに空気が乾燥し、林野火災の危険が高まる時期を迎えたことから、万一の事態に備えた消火訓練。
 近隣の市町村職員や総合振興局職員ら約70人が参加。北部森林室職員が資機材の使用法に加え、給水班、薬剤混合班、散布装置班の役割を説明。その中の動力ポンプでは「沢水を活用する場合、浅い沢では、かごが完全に水没するよう河川の吸水位置を掘り下げること」と話した。
 その後の操作訓練では、本番さながらの緊張感の中、正確に資機材を使いこなすなど、速やかな初動体制の確立を図っていた。

(写真=北部森林室職員から説明を受ける参加者)

[ 2012-04-25-19:00 ]


GW期間は連日開館
なよろ天文台・プラネタリウム番組も更新

 【名寄】なよろ市立天文台「きたすばる」は、28日から5月6日までのゴールデンウイーク期間中、休館日なしで連日開館する。また、開館時間も午前11時に早める。
 同時にプラネタリウムの番組をリニューアル。ゴールデンウイーク期間中の午前11時半、午後3時、同7時は「スターリーテイルズ〜星座は時をこえて」。午後1時、5時は「SNOW FLAKE〜雪は天からの手紙」の2本立てで放映する。(5月9日以降は午後3時に「SNOW FLAKE」、5時、7時に「スターリーテイルズ」を投影)。
 観望会は閉館後の午後9時半まで連日開催。北海道大学所有の主鏡口径1・6メートル望遠鏡(愛称・ピリカ望遠鏡)も公開することにしており、多くの来館を呼び掛けている。

[ 2012-04-25-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.