地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年4月23

個人情報を一本化
名寄市の要援護者支援台帳整備・状況応じた福祉サービス提供

 【名寄】名寄市は本年度、「介護保険」「高齢者」「障害者」「地域包括支援」に関わる市内の個人情報データを一本化した「要援護者支援台帳」を整備する。市健康福祉部の高齢介護課、社会福祉課、地域包括支援センターが対象者の情報を共有できるシステム。対象者が担当窓口へ相談に訪れた際、同台帳で相談者の個人情報を瞬時に把握できるため、相談者の状況に応じたきめ細かい福祉サービスの提供や、緊急時の迅速な対応に役立てることとしている。
 同台帳は、国の「地域支え合い体制づくり事業」の補助金を活用し、要援護高齢者や障害者、その家族に関する基礎的事項、サービス利用状況、課題などを把握して、対応を目的に整備する。

[ 2012-04-23-19:00 ]


「甘くておいしい」
美深白樺樹液春まつり・森林散策し自然の恵み満喫

 【美深】第17回美深白樺樹液春まつりが21、22の両日、町文化会館とファームイン・トント周辺で開かれ、多くの観光客らが白樺林を散策。春の一時期しか採取することのできない白樺樹液を味わい、自然の恵みを満喫した。
 22日は、ファームイン・トントが会場。この日は暖かい日差しが降り注ぎ、絶好のイベント日和。アイヌの神事「カムイノミ」で幕開けし、山口信夫町長らが山の神に感謝の気持ちを込めながら酒などをささげた。
 引き続き、ファームイン・トント周辺の白樺林で樹液採取体験。樹液は、幹から伸びた管を通して抽出されて缶にためられているが、樹木によって味が違うため、来場者は残雪の森林を散策しながら樹液を採取。「甘くておいしい」と笑顔を見せ、自然の恵みを体全体で感じている様子。

(写真=自然に感謝しながら白樺樹液を味わう来場者)

[ 2012-04-23-19:00 ]


旭川〜名寄間を走破
名寄・第2偵察隊が交通安全駅伝

 【名寄】陸上自衛隊第2偵察隊(篠原賢治隊長)陸曹会(松井直人名寄駐屯地陸曹会偵察分会長)の第18回交通安全祈願駅伝が21日、旭川中央警察署をスタート地点に行われ、隊員は名寄警察署までの道のりをたすきリレーで走破し、ライバーや歩行者に事故防止を呼び掛けた。
 この日は朝から晴天に恵まれ、絶好のコンディション。隊員たちは旭川中央警察署で激励を受け、午前9時にスタート。ゴールの名寄を目指し国道40号をたすきリレーで北上し、午後3時10分ごろ、最終走者の松井分会長がゴールの名寄警察署に到着し、一足先に訪れていた隊員や署員に出迎えられた。
 隊員は同署前に整列。松井分会長が「自衛官としての自覚と誇りを再認識し、飲酒運転や速度違反などの防止に徹することを誓います」などと宣誓。隊員たちはゴールを喜び合いながら、交通事故防止意識をあらためて高めていた。

(写真=隊員22人がたすきをつないだ交通安全祈願駅伝)

[ 2012-04-23-19:00 ]


音楽コンサート楽しむ
道立サンピラーパーク・多目的ホールのオープン企画

 【名寄】道立サンピラーパーク内サンピラー交流館「多目的ホール」のオープン企画が22日に同交流館で行われ、集まった多くの親子が音楽コンサートなどを楽しんだ。
 オープン企画は、リトムピアノ教室主宰の遠藤ちゆきさんとヤマハ音楽教室システム講師の遠藤麻里さんがユニットを組んだ「Beans★」(ビーンズ)による「ピアノ&エレクトーンコンサート」。
 ステージでは、人気アニメの「ドラえもん」や「アンパンマン」「スマイルプリキュア」の主題歌をはじめ、AKB48の「GIVE ME FIVE」、「マル・マル・モリ・モリ」などを演奏。また、手遊び歌やスクリーン映像と音楽を融合させた音楽絵本なども披露され、会場に集まった多くの子供たちは音楽に親しみ、楽しいひとときを過ごした。

(写真=子供たちが音楽を楽しんだオープン企画)

[ 2012-04-23-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.