地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年4月17

住居情報の提供など
名寄市移住促進協議会・26日に民間活力生かして設立

 【名寄】名寄市による「名寄市移住促進協議会」の設立会が26日、雪あかり館で開かれる。市内の不動産業や関係機関などの協力を得て、名寄への移住などに関心のある市外在住者に対し、市内の空き家、空き部屋の情報提供などに取り組むもので、移住定住事業の基盤をより充実させる。
 主な取り組みは、毎年道外で開催されている「北海道暮らし・フェア」に参加した名寄のPRや、市のホームページを活用した空き家・空き部屋といった不動産・住宅情報を提供。設立初年度となる。
 同協議会への入会希望者は市経済部営業戦略室(01654-3-2111)まで。

[ 2012-04-17-19:00 ]


タクシーに備え付けで
名寄警察署と防犯協会連合・地域安全情報を発信

 【名寄】ハイヤーやタクシーを利用した地域安全情報の発信―。名寄警察署と名寄地区防犯協会連合会では、防犯や交通安全に関する情報発信の推進を目指して「地域安全掲示板シート」を作製。同署管内のタクシー会社の協力を得て、全車に備え付けている。
 現在、同署管内で多発している車上狙いの発生情報や防犯上の注意点、道警の「ほくとくん防犯メール」登録を呼びかける内容で周知している。
 同署では「乗車中に読み切れるような内容とするため、工夫しながら啓発に努めたい」と話しており、今後も犯罪や交通事故への注意喚起など関連情報を定期的に発信する。

(写真=タクシーに掲げている「地域安全掲示板シート」)

[ 2012-04-17-19:00 ]


小さな実を付け始める
下川の松久農場・ハウス内のトマトすくすくと

 【下川】下川町上名寄の農業、松久優さんのビニールハウスで、トマトがすくすくと成長し、小さな実を付け始めた。寒い日が続く中、燃料高騰でハウス内の暖房を節約。1度ほど低めに設定したため、トマトの成長も昨年と比べ、1カ月ほど遅れている。
 松久さんの農場は毎年、通常のフルーツトマト農家より1カ月以上、早く栽培している。これから苗を定植する農家も多く、例年、収穫ピークは6月下旬以降となっている。
 今年の北はるか農協下川支所が取り扱うフルーツトマト生産農家は20戸で、総面積は5.1ヘクタールを予定。

(写真=小さな青い実を付け始めた松久農場のトマト)

[ 2012-04-17-19:00 ]


プロ入りで活躍期待
名寄在住のスノーボーダー・島田、伊藤、谷口さん

 【名寄】名寄在住のプロスノーボーダー、島田優也さん、伊藤勇輔さん、谷口貴裕さんが大会で活躍。島田さんは今シーズン、伊藤さんは昨シーズンに念願のプロとなり、プロ4年目の谷口さんは全国大会で準優勝するなど、それぞれ実力を上げており、今後の飛躍が期待されている。
 3人とも地元のスノーボードチーム「MOUNTAIN JACK」に所属。同チームメンバーは7人で、うち5人がプロ。その中には名寄出身の鈴木伯選手もいる。
 スノーボードは趣味程度に楽しんでいる人が大半で、3人は「大きな大会、メディアに出て名寄をPRし、故郷に貢献したい。」と語る。

(写真=名寄をPRしたい―と語る、左から島田、谷口、伊藤さん)

[ 2012-04-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.