地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年4月16

国道40号美深道路が供用予定
旭川開建24年度事業・風連の農業ダムなど改修

 国土交通省北海道開発局旭川開発建設部は、24年度の同建設部事業概要をまとめた。本紙管内では、治水事業として天塩川上流の河川改修と維持、下川町内のサンルダム建設に伴う道道付け替え工事と環境調査。道路事業では、国道40号の自動車専用道路「美深道路」が24年度内に供用を予定。農業農村整備事業では、名寄市風連地区の国営施設機能保全として農業ダムや頭首工、用水路改修を行う計画としている。
 同建設部事業の基本方針は、道北の産業発展や生活向上など地域の活力ある発展を図るため、「地球環境時代を先導する新たな北海道総合開発計画」にある5本の主要施策(1)グローバルな競争力ある自立的安定経済の実現(2)地球環境時代を先導し自然と共生する持続可能な地域社会の形成(3)魅力と活力ある北国の地域づくり・まちづくり(4)内外の交流を支えるネットワークとモビリティの向上(5)安全安心な国土づくりーを着実に推進するとしている。

[ 2012-04-16-19:00 ]


迫力ある辰の木彫自作
チェーンソーアート・木霊光さんが下川神社に奉納

 【下川】下川町西町、木霊光さん=本名・児玉光=が、14日に下川神社(丸井義嗣宮司)を訪れて、今年のえと「辰(たつ)」をかたどった自作チェーンソーアートを奉納した。
 木霊さんは愛媛県松山市出身。下川町森林組合勤務しながら、国内トップクラスのチェーンソーアーティストとして活躍。平成20年には、オーストラリアで開催されたタスマニア国際チェーンソーアート競技大会の2部門で優勝した。5年前から毎年、地元に対する感謝の気持ちを込めて、えとをかたどった作品を納めている。
 今回の奉納作品は高さ約150センチ、横幅約100センチの迫力ある竜。「従来は1本の丸太をチェーンソーのみで彫っていたが、今回は多様なニーズに対応できるよう、チェーンソーで彫ることを基本としながらも、彫刻刀や電動工具、接着加工などさまざまな道具や技術を使って、大きくて迫力があり、クオリティ高い作品を目指した」と話す。

(写真=えとをかたどった木霊さんのチェーンソーアート)

[ 2012-04-16-19:00 ]


シイタケ栽培に挑戦
名寄・サンピラーパークで講習会

 【名寄】「きのこ栽培講習会」が15日、道立サンピラーパーク・サンピラー交流館で開かれ、参加者はシイタケ栽培に挑戦。この日は「ほだ木」への植菌を行った。
 同パーク指定管理者の名寄振興公社(田畑忠行社長)が主催。昨年に引き続き2回目の開催で毎年、好評を得ている講習会。今年も定員いっぱいの応募だった。
 この日は、名寄をはじめ枝幸などから23人が参加。講師は同館職員が務め
た。講習会は、同館研修室で座学の講義。キノコ菌の生態的特徴、シイタケ栽培の方法や手順など基礎知識を習得した。
 その後、同館駐車場で作業に入り、「ほだ木」に植菌。菌を植え付けるための「ほだ木」とシイタケ菌は上川北部森林組合があっせんしたものを利用した。
 「ほだ木」はキノコ栽培に最適なミズナラの幹で、長さ90センチ、太さ10センチ。幹にドリルで穴を開け、ハンマーを用いて駒菌を埋め込んだ。

(写真=ほだ木の植菌を行った講習会)

[ 2012-04-16-19:00 ]


赤い花が咲き誇る
名寄・道の駅のアデニュウム

 【名寄】道の駅「もち米の里☆なよろ」の売店スペース窓側には現在、赤いアデニュウムの花が咲き誇っており、訪れた観光客やドライバーたちの目を楽しませている。
 アデニュウムは鉢植えで、風連町仲町の中館典子さん宅で栽培していたもの。中館さんはアデニュウムなど数多くの鉢花を育てており、このほど道の駅に寄贈した。
 現在、赤やピンク色の光沢ある美しい花が満開を迎えている。屋外にはまだ多く残っている白い雪と対照的な色合いということもあって、屋内でも際立つ存在に。休憩中にゆっくりと観賞する人たちの姿も見られている。

(写真=中館さんから寄贈されたアデニュウムの鉢花)

[ 2012-04-16-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.