地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年4月10

市外業者の受注割合伸びる
23年度の名寄市建築確認申請

 【名寄】名寄市が23年度に取り扱った建築確認申請は、専用住宅など合わせて102件で、前年度比で8件の減となっており、わずかながら総体の建設戸数の減少傾向がみられる。このうち、専用住宅の受注をみると、市内業者よりも市外業者の方が多く、その割合は前年度よりも高くなっており、建設戸数そのものが減る中で、市内業者には厳しい状況にさらされている。また、アパートなど共同住宅の建設が増えた年となった。
 専用住宅の23年度建築は50件で、前年度比で12件の減。18年度以降22年度までは60件台を維持してきたが、60件を切った。国のエコポイント制度が継続されたものの、補助額が減額となったことなども減少の要因と考えられる。

[ 2012-04-10-19:00 ]


障害者と企業を支援
名寄・6月にジョブコーチ養成研修

 【名寄】NPO法人なよろ地方職親会(藤田健慈理事長)主催の24年度ジョブコーチ養成研修が、6月9日から14日までの6日間、名寄市立大学で開かれるが、今月30日まで受講者を募集している。
 ジョブコーチは、障害のある人が普通の職場で働くことを実現させるため、障害者と企業の間に入り、双方を支援するパイプ役。具体的には仕事方法のアドバイスや指示などを行うが、職場の定着に向け、特に就職前や就職直後は、その役割が重要となっている。同養成研修は、厚生労働大臣指定の講習となるが、道内で開催するのは名寄のみで、昨年に引き続き2回目となる。
 受講料は5万円。申し込みは同会ホームページ(http://www.k5.dion.ne.jp/~syokuoya/index.htm)から受講申込書をダウンロードし、必要事項を記入して同会事務局(〒096―0010名寄市大通南2丁目、地域活動支援センター陽だまり内、電話01654-3-1221、Eメールnayoro-shokuoya@y7.dion.ne.jp)までEメールの添付ファイルで送信するか、郵送(簡易書留、特定記録郵便など宅配記録の残るもの)すること。

[ 2012-04-10-19:00 ]


一生学ぶ覚悟を持って
上北医師会准看学院・入学生20人が新たなスタート

 【名寄】上川北部医師会附属准看護学院(吉田肇学院長)の24年度入学式が9日にホテル藤花で開かれ、第43期生20人が夢の実現に向かって新たなスタートを切った。
 同学院は昭和45年開学。2年間のカリキュラムで看護の基礎を学ぶ。本年度は名寄をはじめ、士別、札幌、芦別、岩見沢、千歳など道内出身者20人が入学。
 式では在校生や入学生の父母、医療関係者、同学院スタッフらが見守る中、43期生が入場。学院歌斉唱に続き、入学生代表の石川直美さんが宣誓。
 吉田学院長が「学院で学ぶことの一つ一つが自分の身に付いて役に立つ勉強であり、卒業後も一生学び続ける覚悟が必要。2年間はあっと言う間だが、その一日一日は大変、厳しい時間でもある。スタッフ一同、皆さんの無事卒業と知事試験合格を願っている」と訓辞。来賓の佐々木雅之副市長、高橋浩北海道名寄保健所次長が祝辞を寄せた。

(写真=夢の実現へスタートを切った入学生20人)

[ 2012-04-10-19:00 ]


悔いのない3年間を
名寄高校の入学式・160人が立派な生徒誓う

 【名寄】名寄高校(千原治校長)の24年度入学式が9日、同校体育館で行われた。
 新1年生160人が拍手で迎えられて入場。国歌斉唱の後、一人一人の名前が呼ばれ、入学が許可された。
 千原校長は「伝統と歴史のある名寄高校に入学したことを誇りに思い、責任を持って勉学、部活動、地域活動に励んでください。そして、校訓『集中之行』を胸に自ら考え自ら学び、健康な心身、良識のある行動で、持っている力を発揮し、何事にも恐れずチャレンジして有意義な生活を送ってください」と式辞。
 新入生を代表して千葉彩加さんが「『集中之行』の精神を胸に刻み、一日一日を大切に生活し、仲間と共に支え合い、競い合って立派な名寄高校の生徒となることを誓います」と宣誓した。

(写真=160人が心を引き締めた名寄高校の入学式)

[ 2012-04-10-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.