地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年4月6

自ら学び自ら考える力育成
名寄市教育委員会・5月に「放課後子ども教室」開設

 【名寄】名寄市教育委員会は、市内の小中学校に通う児童生徒を対象に、放課後の居場所づくり環境を整えるため「放課後子ども教室事業」に取り組む。児童生徒による自学自習や外部講師を招いた体験・交流などの活動をメーンとしており、5月からの実施に向け、市教委では「定員は限られているが、できるだけ多くの児童生徒に参加してもらいたい」と呼び掛けている。
 対象は小学4年生から中学3年生まで。開催期間は5月から25年2月までで、参加費は1人3000円。名寄と風連の各地区で、4年生から6年生までの「小学生の部」と、1年生から3年生までとした「中学生の部」の4クラスを分けることとしている。
 開催日程と募集定員は、名寄地区の「小学生の部」が毎週水曜日(変更あり)の児童センターで、定員は20人。「中学生の部」は毎週火曜日(同)の市民文化センターで、定員は15人。風連地区は、「小学生の部」の定員が15人、「中学生の部」の定員が10人で、各部とも毎週木曜日(同)にふうれん地域交流センターで開設する。

[ 2012-04-06-19:00 ]


協力者を増やしたい
下川教委・児童放課後教室23年度実績

 【下川】下川町教育委員会が小学生を対象に主催している放課後教室、「キッズスクール」の23年度実績がまとまった。
 23年度は62回開催で、参加児童は延べで前年度比96人増の1296人となった。そのうち、児童クラブからの参加が6割以上を占めた。特に参加が多かったのは、クリスマス会117人。次いで水泳41人、書き初め39人、ドッジボール31人、ちびっこスキー、ジャンボシャボン玉づくり、パン工房でパンづくり、農家のお手伝いなど。
 参加児童アンケートをみると、例年では料理関係に人気が集中していたが、23年度はスポーツや実用性の高い工作を好む児童が多い。また、陶芸や茶道など伝統文化体験は、参加者の満足度が高く、その魅力を知る機会が得られれば、まだまだ参加数も伸びそうだ。

[ 2012-04-06-19:00 ]


中国で席書会通し交流
北海道小中学校訪中団・紫書道教室から3人

 【名寄】名寄の紫書道教室(内田春蓮主宰)に通う小学生から高校生までの3人が、第10次北海道小中学生訪中団に参加し、中国の子供たちと書道交流した。
 北海道小中学生訪中団は、日中の書道実技の交流と友好を通じて、東洋固有の書道文化を継承・発展させ、さらに中国の学校教育やエリート書道教育体験などを目的に、北海道書道協会(小原道城理事長)の企画で2年に1回実施。参加者は各コンクールや展示会の上位入賞者から推薦される。
 今回は小中学生34人のほか、同協会員と保護者合わせて24人が、3月28日から4月1日まで中国の北京市を訪問。日本の小中学生と同じ年頃の子供たちが通う北京市少年宮で、2人ペアになって書を披露する席書会を開いた。
 今回参加したのは副団長も務めた田中沙紀さん(名寄高1年)、山崎海音さん(名寄中1年)と舞音さん(名寄南小5年)の姉妹。
 内田さんは「誰でも経験できることではないので、今回の貴重な体験をこれからの生活や書道に生かしてほしい。また、次の交流会にも参加できるよう、しっかりと指導していきたい」と語った。

(写真=訪中団参加の左から田中さん、舞音さん、海音さん)

[ 2012-04-06-19:00 ]


5戸7棟のハウス倒壊
名寄・低気圧による暴風、大雪で

 【名寄】3日から4日にかけて、急速に発達した低気圧によって暴風、大雪に見舞われた影響により、名寄市内の一部で農業用ビニールハウスの倒壊被害が出ている。
 旭川地方気象台によると、3日から4日にかけ、台風並みに発達した低気圧が日本列島を縦断。北海道でも暴風、大雪、大雨に見舞われた。
 アメダスデータによると、名寄は3日に降雪13センチ、最大瞬間風速8・9メートル。4日は降雪12センチ、最大瞬間風速16メートルを記録した。
 天候は5日に回復したが、風の強い状態は続き、5日の最大瞬間風速は16・5メートル。積雪量も増え、102センチとなっている。その影響で、一部の農業用ビニールハウスが倒壊する被害が出ている。道北なよろ農協によると、名寄市内の農家5戸、7棟の水稲育苗用ビニールハウスが、雪の重みや強風によってビニールが破れて飛んだり、パイプが折れ曲がった。ただ、育苗の時期には入っていなかったため、苗そのものに被害はない。

[ 2012-04-06-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.