地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年3月23

若手の管理職投与など重点
名寄市の人事異動

 【名寄】名寄市は23日、4月1日付の人事異動を発表した。職員数の削減に伴う若手職員の管理職投与などに重点を置いたもので、一般行政職は132人が異動となる大規模人事。部長職では、高橋光男経済部農務課長が経済部長、長内和明総務部次長が建設水道部長、佐藤葉子議会事務局次長が議会事務局長、竹澤隆行会計室長が監査事務局長となり、4人とも昇任。次長職は4人中2人、課長職が29人中10人、係長職は50人中16人が昇任した。
 記者発表で加藤剛士市長は「退職者は消防職員も含めて25人おり、このうち早期退職者は6人。これに対して消防4人を含めて17人を採用した。杉並区への派遣は、交流人口拡大を図るための情報収集や移住促進をはじめ、各種人的招致のためのアンテナを張る基盤づくりと考えている。派遣期間は1年間で、次年度以降は公募による継続を予定している。道職員の受け入れは、観光や産業など各分野の広域行政の連携充実を目的としたもので、期間は2年間」。

[ 2012-03-23-19:00 ]


安喰、西牟田君が金銀
名寄産業高建シ卒業生・卒業設計審査で受賞

 【名寄】名寄産業高校(福井誠校長)建築システム科を1日に卒業した2人が、日本建築学会北海道支部主催の卒業設計優秀作品審査で金賞と銀賞のダブル受賞が決まり、本人はもとより多くの関係者が喜んでいる。
 同審査では、建築系学科のある大学生と短期大学・高等専門学校・専門学校、工業高校の卒業生を対象に、それぞれの卒業設計作品を募集。1校につき2点応募できる。
 審査の結果、工業高校の部で、同校から応募した安喰哲君の「名寄えきよこ複合施設SNOW CRYSTAL〜待ち時間を自由に過ごせる地元の巣〜」が金賞、西牟田純基君の「おもちこみち〜地元農家がデザインし続ける名寄の入り口〜」が銀賞に輝いた。

(写真=金賞受賞の安喰君(右)と銀賞の西牟田君)

[ 2012-03-23-19:00 ]


104人修了、皆勤は17人
下川の高齢者学級で閉講式

 【下川】下川町高齢者学級の23年度総合閉講式が21日、公民館で開かれた。
 同学級は公民館が毎年、町内の高齢者を対象に開設。23年度は中央、上名寄、一の橋の3学級で123人が受講。各学級で花壇づくり、共生型住まいの場「ぬく森」見学、英会話講座、料理講座ほか健康学習など6回ずつ、集合学習で悪徳商法防止セミナーなど2回、合計20回を実施した。
 式には受講者約60人が出席。蓑谷春之公民館長が修了者104人の代表、杉之下悟中央高齢者学級長に修了記念品、皆勤17人の代表、岩田一重一の橋高齢者学級長に皆勤賞を贈った後、「受講、ありがとうございました。健康に十分気をつけて、楽しい日々を送ってください。4月の開講式で参加をお待ちしています」と挨拶。引き続き記念公演。成友会の三賀定喜さん、田上みゆきさん、助畑誠さん、新山祥子さんによる民謡など演芸披露が行われた。

(写真=修了記念品などが贈られた下川高齢者学級閉講式)

[ 2012-03-23-19:00 ]


各種激励慰問を実施
名寄警察官友の会総会

 【名寄】名寄警察官友の会(木賀義晴会長、会員79人)の24年度定時総会が22日、紅花会館で開かれた=写真
 総会には40人が出席。木賀会長は「地域の治安維持に尽力されていることにお礼申し上げたい。1000日を超えて死亡事故がないのは署員、市民、関係者皆さんのご努力のおかげ。今年1年もご指導よろしくお願いしたい」と挨拶。
 来賓の山崎明名寄警察署長は「3年間、交通事故死ゼロを達成したのは、皆さま方のバックアップがあってこそ成し得たこと。住民の皆さんが安心して暮らせるよう精いっぱい努力したい」と挨拶した。
 24年度事業計画は、春の全国交通安全運動週間(4月)、夏季交通安全運動週間・祭典臨時派出所、歳末警戒(12月)の激励慰問を実施。随時、警察署暑稽古(けいこ)、寒稽古の激励支援、署内各種行事支援を行う。

[ 2012-03-23-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.