地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年3月19

住民と協議し早急対応
名寄市議会予算委員会・弥生地区の避難場所で指摘

 【名寄】名寄市議会予算審査特別委員会(山口祐司委員長)の19日午前は、消防費、消防費、民生費、衛生費で質疑を行った。谷内司委員(清風クラブ)が、弥生地区の避難場所設定で「弥生公園は外灯未整備であり、夜間の災害時に対応できない」と指摘。扇谷茂幸総務部長は、外灯の未整備を十分に認識した上で「避難場所として適さない部分もあるため、地域住民との話し合いも含めて早急に対応したい」と答えた。
 消防費で佐々木寿委員(市政クラブ)は、智恵文地区で予定されている防災訓練の内容など。また、自主防災組織支援事業で「防災資機材購入を2分の1補助するものだが、限度額は」と質問。防災訓練で石浦裕道防災担当参事は、土砂災害指定区域となった智恵文八幡地区で7月に実施するとして「名寄市では初めての指定区域であり、主に土石流に対する連絡調整や避難など実践的な訓練を想定している」。同支援事業の補助限度額と回数で「3万円で原則1回としており、防災の準備に必要な資機材購入などが対象」。また「災害が多発する地区がある場合、補助を一時的なものとするのではなく、柔軟に対応する」と答えた。

[ 2012-03-19-19:00 ]


宇宙への関心を深める
北海道大学・「きたすばる」でフィールド実習

 【名寄】北海道大学主催の高校生フィールド実習が、17、18の両日、なよろ市立天文台「きたすばる」で行われ、道内の高校生が、口径1・6メートルの主鏡を持つ「ピリカ望遠鏡」についての講義を受けたほか、天体の観測実習などを行った。
 北大では、独立行政法人科学技術振興機構の委託事業「未来の科学者要請講座」を開講。道内の意欲的な高校生を大学研究室に受け入れ、約1年間にわたり本格的な研究活動を行っているもの。今回、「きたすばる」を訪れての実習は、北大の施設を活用し、広い視野で自然科学への興味・理解を深めることが目的。
 フィールド実習には、旭川、室蘭、札幌など全道各地から同講座を受講している高校1年生13人が参加。17日は同大研究員を講師に講義。このほか、ピリカ望遠鏡の見学や天体までの距離を測る観測実習などに取り組んだ。18日は同天文台のプラネタリウムを鑑賞するなど、参加した高校生は宇宙への関心を深めていた。

(写真=「きたすばる」で行われた北大フィールド実習)

[ 2012-03-19-19:00 ]


下川で雪遊びを満喫
菅島と地元の小学生が交流

 【下川】三重県鳥羽市の離島・菅島にある菅島小学校の6年生10人が、17日から3泊4日の日程で下川町を訪れ、下川小学校の児童と交流した。
 下川町「知の拠点づくり事業」の一環。下川町と菅島の児童間交流は、鳥羽市内にある環境省伊勢志摩国立公園の元自然保護官で下川町職員の仲埜公平さんが、森と海の子供たちを交流させようと企画した。昨年8月には、下川小の5、6年の児童10人が3泊4日で菅島を訪れ、地元の児童と交流しながら魚さばき体験、海水浴などを楽しんだ。
 今回、菅島の児童の下川町訪問は、下川の児童たちから「今度は菅島の児童たちに、自分たちが住む下川町を案内したい」という要望が寄せられたことで実現。菅島小児童10人と下川小児童10人が交流を深めた。
 18日は五味温泉体験の森で雪遊びを満喫。ゴムボートやビニール袋などを使って、勢いよく雪山の斜面を滑り降りたほか、雪の上に寝転んだり雪合戦をするなど楽しい時間を過ごした。雪が積もることが少ない菅島の児童は、広大な雪原、深く積もった雪に終始、大はしゃぎしていた。

(写真=雪遊びを楽しんだ菅島小と下川小の児童たち)

[ 2012-03-19-19:00 ]


息合うステージで魅了
名寄吹奏楽部の定期演奏会

 【美深】名寄高校吹奏楽部(白幡玲奈部長、部員49人)の20周年記念定期演奏会が18日、町文化会館で開かれ、美しい音色で客席を魅了した。
 同校吹奏楽部は、1年間の集大成として平成4年から定期演奏会を開催している。20回目を迎える今回のテーマは「光と影」。
 3部構成となっていて、第1部は平成9年度全日本吹奏楽コンクールの課題曲でもあった力強く明るいメロディーのマーチ「夢と勇気、憧れ、希望」で開幕。本年度の北海道吹奏楽コンクールでも演奏した「マードックからの最後の手紙」など全4曲を披露した。
 第3部では「アニメ・メドレー 久石譲作品集」「江〜姫たちの戦国〜」「刑事ドラマ・テーマ集」など、多くの人に聞き覚えのある音楽を中心に演奏。また、第2部では新たな試みとして挑戦した、高校生では全道、全国でもあまり例のないオペラ「魔笛」と合唱「心の瞳」も披露。
 客席からは部員たちの息の合った素晴らしいステージに圧倒され、大きな拍手を送っていた。

(写真=曲ごとに大きな拍手が送られた演奏会)

[ 2012-03-19-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.