地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年3月13

5月に農業マスプラン策定
名寄市議会代表質問答弁・24年度から行革後期

 【名寄】第1回名寄市議会定例会の12日午後は、熊谷吉正議員(市民連合・凛風会)と山口祐司議員(新緑風会)が代表質問。熊谷議員は、行財政改革推進計画前期計画が本年度で終了することに伴う後期計画の策定で質問。加藤剛士市長は、基本計画と実施計画に分けて後期計画を策定するとし、「総合計画後期計画に合わせて24年度から28年度までの5カ年としている。また、前期計画の79項目を見直し、後期実施計画の中に68項目設定して年度ごとでローリングする」。山口議員の農地集積の考えに対して加藤市長は「5月末までに地域農業マスタープランを策定して対応する」と答えた。

[ 2012-03-13-19:00 ]


15日に参考人を招致
名寄市議会総務文教委員会・市民ホールの請願で審議

 【名寄】名寄市議会総務文教常任委員会(駒津喜一委員長)が12日、市役所名寄庁舎で開かれた。なよろ徳田地域企業振興会(竹山利男会長)が市議会に提出した「仮称・市民ホール建設計画に関わる請願」を審議し、15日に同振興会関係者を参考人として招致することなどを確認した。
 請願は、同振興会が市議会に対して7日に提出、12日の第1回市議会定例会で同委員会に付託された。
 この日の委員会では請願に対する審議方法などを確認。この中では、15日に同振興会関係者を参考人として招致し、請願内容の説明を受けるとともに19日に市側から、16日開催の同ホール市民懇話会の協議内容説明も受けて審議することとした。

[ 2012-03-13-19:00 ]


市民が撮影した200点
名寄・26日までスナップ写真展

 【名寄】名寄市民文化センターの「スナップ写真展」が、13日から26日まで同センターで開かれている。
 同写真展は、一般市民が気軽な気持ちで参加できるよう、撮影したカメラの種類を問わず、無審査で作品を募集したもので、今回で3回目の開催。
 今回は約200点の応募があった。会場には小野美世子さんの幻想的な作品「サギ草」、ネコがテレビに映る昆虫を食い入るように見ている様子を捉えた梅澤孝さんの「テレビ鑑賞」、かわいらしい赤ちゃんの姿を撮影した宮川麻希さんの「ねんね」、ほどいた輪ゴムがト音記号のように見えた久岡孝子さんの「ト音記号」など、日常の中のちょっとした発見や家族にしか撮れない優しい表情を写した作品が展示されている。訪れた人は1点1点の前に足を止め、作品に見入っている。

(写真=一般市民に作品を公募して開催したスナップ写真展)

[ 2012-03-13-19:00 ]


独創的な作品70点
下川でニッコールC写真展

 【下川】ニッコールクラブ道北支部(向井和栄支部長)主催の第3回写真展が、13日から22日まで下川町公民館ロビーで開かれている。
 ニッコールクラブはニコンのカメラやレンズの愛用者で組織。道北支部は平成20年12月に設立され、現在、名寄、下川を中心とする近隣市町村の会員32人が所属している。写真展は年に1度、作品を披露する場として、下川と名寄で交互に開催している。
 今回は会員23人が70点を展示。愛らしい子供の笑顔など日常の風景ほか、リス、鳥、アザラシ、シカ、紅葉、渓流、雪景色といった野生動物や自然の雄大な姿を、絶妙なタイミングでとらえた力作が並ぶ。アイデアを凝らした独創的な写真が多く、見る人を魅了している。展示時間は午前9時から午後9時まで、入場は無料。また、同会では常時会員を募集している。入会希望者は事務局の日野昭雄さん(電話01655-4-2358)へ。

(写真=力作が並ぶニッコールクラブ道北支部写真展)

[ 2012-03-13-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.