地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年3月12

文センホールは200人規模?
名寄市議会代表質問答弁・加藤市長の任期折り返し評価

 【名寄】第1回名寄市議会定例会は、12日に再開され、午前中は東千春議員(市政クラブ)が代表質問に立ち、理事者の考えをただした。市民ホールと一体的に整備する市民文化センター多目的ホール改修の方向性で、小野浩一教育長は「小ホールと位置付けて現在検討中だが、メーンホールの座席が固定、可動どちらになるか―などによって内容が変動する。多目的ホールは座席数200席前後が望まれているほか、市民会館も200人程度の利用が大半であることを踏まえ、限られた財政の中、維持管理も考えて施設規模や機能をまとめたい」と答えて理解を求めた。
 任期折り返しを迎えての評価と将来で加藤剛士市長は、自身の選挙公約で掲げていた民間会社「名寄市」に伴う庁内の営業戦略室や総合案内窓口の設置をはじめ、市立天文台などの財産を生かしたまちづくりなど、多くの市民理解で一定の成果が得られた―と認識しているとし、今後について「24年度からは総合計画後期計画がスタートし、市民ホール(仮称)や大学図書館整備など大型事業が予定されているが、健全な財政運営の下で着実に進める。また、観光事業などによる交流人口の拡大、一次産業の充実にも努める」と答えた。

[ 2012-03-12-19:00 ]


活動の意識高揚を期待
美深町議会一般質問・自治会対象交付金で答弁

 【美深】第1回美深町議会定例会が12日に町役場で再開。諸岡勇、岩崎泰好の両議員が一般質問に立ち、美深町総合計画策定のあり方や町政執行方針などで理事者の考えをただした。
 諸岡議員は、毎年度見直すローリング方式の総合計画と行政評価との関連性、自治体対象の「地域創造元気づくり交付金」に対する考えなどで質問。
 山口信夫町長は「総合計画は、基本構想の目標実現に向けて適正な行政運営を行うため、行政施策を町民に示し、その結果を評価する行政評価の取り組みを21年度から進めている。実施計画ローリングは、行政評価結果や財政状況を踏まえながら優先順位などを総体的に判断し、次年度以降の実施計画に反映している」。
 同交付金に関し、「少子・高齢化が進行する中で、まちづくりの基礎となる自治会の住み良い地域づくりを進める意欲、行動、意識の高揚に期待しており、交付金が住民活動の意識付けの一助となることを願っている。自治会活動が一層活発化することを願い、地域担当員を増員するなど地域活動に力を入れている。地域と行政が一体となった美深町をつくりあげることが基本」と答えた。

[ 2012-03-12-19:00 ]


食による地域活性化へ
美深・雪中貯蔵きゃべつ研イベント

 【美深】雪中貯蔵きゃべつ研究会(伊藤清代表)主催の「第9回おいしく、楽しい美深の冬〜農+消+商=美深のまちづくり〜」が11日、美深町文化会館で開かれ、地元食材を生かした地域活性化の講演、シンポジウムなどに耳を傾けるとともに、雪中貯蔵キャベツを取り入れた料理を味わった。
 このイベントは、産消提携による安全安心なキャベツ生産、町民の健康寄与などを目的に毎年開催。今年は約100人が参加。開会後、札幌の食・工房ミイロ代表でフードコーディネーターの高井瑞枝さんが「地域活性化は大いなる経験から〜地場食材を見直そう〜」をテーマに基調講演。昼食は、同研究会メンバーがレシピを考案し、調理した雪中貯蔵キャベツのフルコース料理。
 午後からは、中瀬省北はるか農協組合長、藤守千代子美深町議会議員、伊藤同研究会代表がパネリスト、高井さんがアドバイザーとなり、「地域づくりと雪中貯蔵キャベツの可能性」をテーマとしたミニシンポジウム。健康運動指導士の澁谷直さんによる健康体操も行われた。

(写真=雪中貯蔵キャベツ料理に舌鼓を打つ参加者)

[ 2012-03-12-19:00 ]


宝探しなど楽しむ
名寄・ピヤシリでスキー子どもの日

 【名寄】名寄ピヤシリスキー場「第4回スキー子どもの日」の特別企画が10日、同スキー場で行われ、子供から大人までが「宝探し」た「チューブカーリング」のゲームで楽しい時間を過した。
 この日は好天にも恵まれ、ゲーム開始を告知する放送が流されると、たくさんの子供たちが会場に集まった。
 「宝探し」ゲームは、宝に見立てた透明なカプセルを拾うゲーム。中には菓子のほか、から揚げやラーメン、ソフトクリーム、フライドポテトなど、スキー場ロッジ食事券の当たりくじが入っているカプセルも。
 宝探しの後は、チューブカーリング。2人1組で行なわれ、1人がゴムチューブに乗り、約30メートル先の的を目掛けて緩斜面を滑り降り、いかに的に近い位置で止めることができるかを競うもの。親子がペアとなって挑戦する様子も見られ、参加者は笑顔でスキーこどもの日を楽しんでいた。

(写真=宝探しなどを楽しんだスキー子どもの日企画)

[ 2012-03-12-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.