地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年3月10

地方交付税、市税は年々減少
名寄市の中期財政計画・各種基金取り崩しへ

 【名寄】名寄市は、24年度から28年度まで5年間の中期財政計画をまとめた。今後、一般会計歳入は、人口減に伴い地方交付税や市税収入が年々落ち込むことを予想。一方、歳出では、市民ホール(仮称)や市立大学図書館の整備が計画されているため普通建設事業費が伸び、それと連動して地方債発行額も増加する。さらに各種基金も取り崩さざるを得ない状況となり、厳しい財政運営を強いられることになる。
 同計画は、24年度から5年間の名寄市総合計画後期計画と付随して策定。各年度収支は、決算ベースで試算している。決算額は予算額に比べ入札による事業費減や経常経費圧縮などによって数値は縮小するという。
 一般会計歳入の市税収入は全体の人口減に加え、少子高齢化も影響して労働力の中核となる生産年齢人口も減ることから、年々減少していくことを見込んでおり、24年度の29億0620万円に対し、28年度は27億8360万円に落ち込むとしている。

[ 2012-03-10-19:00 ]


89橋で損傷程度調査
下川町・25年度に修繕計画を策定

 【下川】下川町は平成25年度に「橋梁長寿命化修繕計画」を策定し、橋りょう補修を計画的に進めることにしており、22年度から町道に架かる89橋の点検を行っている。22年度は18橋、23年度は22橋で損傷程度を調査したが、通行規制が必要になる橋は見つかっていない。今後、橋の架け替えが必要になる前に計画的な修繕を進め、効果的な長寿命化を図っていく考えだ。
 26年度以降に市町村が管理する橋の修繕で国土交通省の補助を受けるには、現状調査に基づいた修繕計画を、あらかじめ策定しておくことが条件となる。これは国内の橋りょうが今後、一斉に寿命を迎える可能性が高く、計画的に修繕することで延命を図り、単年度に財政負担が偏らないようにする狙いがある。
 下川町が管理する道路橋は現在89橋。うち延長100メートル以上の橋は岐阜橋、矢文橋、中央橋で、いずれも名寄川に架かっている。50年以上経過する橋りょうは現在、4橋で全体の5%だが、20年後には63%の56橋となり、今後、急速に高齢化した橋りょうが増加する。

[ 2012-03-10-19:00 ]


防犯強化への要望受け
名寄市街路灯・通学路の水銀灯を交換

 【名寄】名寄市の街路灯でのLED(発光ダイオード)照明灯の使用率は、1%以下となっている。電気料金の削減効果などが期待されるLED照明。しかし、設備するのに必要な経費が高いなどの課題もあり、市では継続してLED照明の管理費などを含め検討していく考え。一方、市民から防犯対策強化のため、より明るい照明の整備を求める声が多く、これを受けて市は、24年度から通学路の街路灯の電球を交換していく計画でいる。
 名寄市の市道に設けている街路灯は現在、4036基。このうち、LED照明は19基で、21年度と22年度で試験的に徳田・豊栄地区の豊栄団地・ピヤシリの里団地などに設置しており、使用率は0・005%と低い。一方で、全国的にはLED照明を街路灯として使用するケースが徐々にだが増えている。これはLED照明の寿命が長く、消費電力も少ないなどのメリットが評価されてのこと。
 一方で、LED照明は、名寄市が最も多く設備している水銀灯と比較して、価格が高いことが課題ある。水銀灯からLED照明に交換する場合、灯具自体から交換する必要があり、灯具は1灯当たり水銀灯の約2万円に対し、LEDは約6万円となっているため、市単独でLED照明を背整備推進するためには財政的で難しい側面がある。

[ 2012-03-10-19:00 ]


オープンへ急ピッチ
名寄白樺カントリークラブ・コースに融雪剤の散布作業

 【名寄】名寄白樺カントリー倶楽部(吉田肇理事長)では、9日から融雪剤の散布作業を開始。コース内に白と黒のコントラストが描かれ、一足早く春の訪れを告げる光景となっている。同倶楽部によると、コース内には前年同期と比較し30センチから40センチほど多く雪が残っており、1日も早いオープンを目指し、作業を急ピッチで進めている。
 今年の融雪作業は昨年とほぼ同時期の開始で、20キロ入りの融雪剤を1300袋用意。作業はクラブハウス周辺から行われ、散布機やスノーモービルが黒い融雪剤を噴出させながらコース内を走行。煙状になった融雪剤が真っ白な雪原に降り注ぎ、白と黒の鮮やかなコントラストを浮かび上がらせている。
 今年の営業は、練習場が4月11日、コースが同月14日のオープンを予定。加藤支配人は「今年は誰でも参加可能なオープンコンペを12競技企画している。今シーズンも多くの利用者に喜んでもらえるコース整備、運営に努めたい」と話している。

(写真=急ピッチで行われている融雪剤の散布作業)

[ 2012-03-10-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.