地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年3月5

仲間と笑顔で完走
ピヤシリ歩くスキー大会・道内各地から354人が参加

 【名寄】国体歩くスキー大会開催記念「第30回名寄ピヤシリ歩くスキー大会」が4日、なよろ健康の森距離会場で開かれ、道内各地から集まった愛好者たちが、新鮮な空気を胸いっぱいに吸いながら、それぞれのペースでゴールを目指した。
 名寄市、名寄市教育委員会、名寄歩くスキー協会の主催。歩くスキー愛好者が冬を愛し、雪に親しむとともに、冬の体力づくりと仲間の相互交流を図ることが目的。3キロ、5キロ、10キロの各コースに地元名寄をはじめ、美深、士別、旭川、愛別、遠軽から伴走者を含み354人(最年少6歳、最高齢89歳)が参加。
 小野浩一教育長の合図で一斉にスタート。多くの参加者たちが仲間と一緒に豊かな自然を楽しむとともに、大会を通じて愛好者間の交流の輪を広げていた。

(写真=それぞれのペースでゴールを目指した愛好者たち)

[ 2012-03-05-19:00 ]


総計2年目で大型事業
美深町議会定例会開会・山口町長が町政執行方針

 【美深】第1回美深町議会定例会が5日に町役場で開会。会期を16日(6日〜11日まで休会、13日〜15日まで予算特別委員会)とした後、山口信夫町長が町政執行方針、石田政充教育長が教育行政執行方針を述べた。
 その中で、山口町長は「24年度は第5次総合計画2年目で、大型施設整備が始まるなど、本格的なスタートの年」とし、民間賃貸住宅建設に対する支援制度創設、農業研修生等寄宿舎建設、美深中学校改築事業着手などの新事業に取り組みながら活力ある産業の振興、豊かな自然環境と調和した居住環境、安心して暮らすことのできるまちを目指すとした。

[ 2012-03-05-19:00 ]


医療確保や自衛隊堅持
上川北部5市町村が要望

 【名寄】上川北部5市町村による要望会が4日、ホテル藤花で開かれた。佐々木隆博衆議院議員、徳永エリ参議院議員、北口雄幸道議会議員に対し、加藤剛士名寄市長が「上川北部地域の特性を踏まえた広域的、複合的なプロジェクトと協調し医療、福祉、教育、文化、スポーツ、観光など幅広い分野で地域づくりを進めているが、地域の懸案事項について特段の力添えをお願いしたい」と力添えを求めた。
 要望会には、上川北部5市町村長や議会議長、副議長10人が出席。地域共通の懸案事項「医師確保」で、加藤市長は「住民の命を守る医療は、地域の最重要課題。高齢化が進展する地域社会において医師確保と地域医療体制充実・強化は、住民が安心して暮らし続けるための緊急課題となっている。特段の配慮を」と強く要望。これに対し、北口道議会議員は「広域連携の北海道モデル地区として、上川北部と中空知地区が選ばれた。今後、この地域の中でどのような連携ができるのか─を首長や議長と相談するとともに、北海道としても支援していきたい」と述べた。

(写真=佐々木衆議院議員に要望書を手渡す加藤市長)

[ 2012-03-05-19:00 ]


多彩な演目で魅了
名寄文協「春の饗演」

 【名寄】名寄市文化協会(山崎博信会長)主催の「第10回春の響演」が3日に市民会館で開かれた。
 同協会の文化活動振興基金の造成を目的としたイベントで、平成15年からスタート。今年も14団体から100人が出演。開会で山崎会長は「会場の皆さまには大いに拍手していただき、最後までゆっくりと楽しんでください」と挨拶した。
 ステージは、名寄吹奏楽団による「おひさま」「女流演歌コレクション」の演奏で幕開け。その後、民謡太鼓や詩吟、現代舞踊、民謡舞踊、尺八演奏、カラオケ、リズムダンスなどで熱演。多彩なプログラムが繰り広げられた。
 出演者たちは、それぞれ優れた芸能を披露し、会場を訪れた人を魅了した。

(写真=14団体が出演した「春の饗演」ステージ)

[ 2012-03-05-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.