地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年3月1

言語活動充実など最重要課題
名寄市教委・学力学習調査結果まとめる

 【名寄】名寄市教育委員会は、昨年9月に実施した全国学力学習状況調査の結果をまとめた。小学生では理由を記事する問題は苦手、また中学生でも理由を考えたりする問題での正答率が低い結果となった。このため、市教育委員会では思考力、判断力、表現力などを育むため、各教科などの中で必要な言語環境を整え、言語活動の充実を図る―の3点を最重点課題として、各学校と連携を図り推進する。
 全国学力学習状況調査は、これまでの全国一斉から希望校を対象に変更となったが、名寄市教育委員会では、23年度も継続して調査を実施した。実施日は、東日本大震災の影響もあり、当初の4月から9月に変更。調査対象は小学6年生と中学3年生で、名寄市の場合は市内の全小学6年生210人と全中学3年生223人を対象とした。

[ 2012-03-01-19:00 ]


多くの人に感謝して
名寄高校卒業式・132人が学びや巣立つ

 【名寄】名寄高校(千原治校長、生徒429人)の第64回卒業証書授与式が1日に同校体育館で行われ、卒業生132人が3年間学んだ思い出の詰まった学校を巣立った。
 式では、吹奏楽部の演奏と在校生、保護者の拍手に迎えられながら卒業生が入場。国歌斉唱と学事報告の後、千原校長から一人一人に卒業証書が手渡された。また、15人に皆勤賞も授与された。
 千原校長は「これからの長い人生で間違うことや悩むことはあるが、その場面でどう対処するかが大切。名寄高校の卒業生として誇り高く、たくましく生きていってください」と式辞。
 卒業生を代表して柳矢樹梨矢君が「今の自分があるのは親、先生方、仲間がいたからです。在校生の皆さんも後悔のない高校生活を送ってください」と答辞を述べ、これまで支えてくれた多くの人に感謝した。

(写真=千原校長から卒業証書を受け取った名寄高校の卒業式)

[ 2012-03-01-19:00 ]


高品質米安定供給を
名寄市モチ生産組合の総会

 【名寄】名寄市モチ生産組合(横山巖組合長、組合員80戸)の第43回定期総会が28日、道北なよろ農協名寄支所で開かれ、24年度事業計画を承認。任期満了に伴う役員改選が行われ、村中洋一さんが新組合長となった。
 総会には50人が出席。24年度事業計画は、1・1・8運動(1等米100%、整粒歩合80%)推進で育苗管理状況や初期生育、適期刈り取りサンプルの調査、YES!クリーン栽培と栽培基準統一に向けて推進。組織教養事業は、育苗や肥培管理講習、視察研修、栽培履歴完備など。生産活動事業では、なよろ産業まつり参加、収穫祭開催、作況報告、PR活動による販売シェア拡大を図る。
 総会の席上、同組合の米質改善共励会と名寄市良質米推進本部の1・1・8運動表彰も行われた。被表彰者の平均反収は10俵を超えている。

(写真=米質改善共励会などの表彰も行われた定期総会)

[ 2012-03-01-19:00 ]


1日から新シール発行
美深・商店街ふれあいスタンプ会

 【美深】美深町商店街ふれあいスタンプ会(小口英治会長)は、1日から新ふれあいシール(緑色)を発行しているが、現在発行のシール(ピンク色)は、4月末で終了となるため注意が必要となる。
 同会は、ふれあいシール加盟店23店舗での買い物500ごとにシール1枚を進呈。シール券貼付手帳1冊(シール75枚)で、加盟店で500円相当の商品と交換または、町内金融機関(北洋銀行美深支店、北星信金美深支店)で500円の預金ができる。
 新シールは、1日から発行開始。これまでのシール(ピンク色)は4月末まで発行され、交換有効期間は6月30日まで。同会では「期日までに銀行窓口での預金、シール発行加盟店での買い物など有効に利用してほしい」と話す。

[ 2012-03-01-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.