地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年2月18

地域ブランド連携協に参加
名寄市・全国19の自治体で設立

 【名寄】名寄市は、「地域ブランド連携協議会」に加盟し、幹事市となっている。この協議会には南は沖縄県から北は北海道まで、それぞれに地域ブランドを持っている名寄市を含め国内19自治体で構成。三重県松阪市の呼び掛けで設立され、名寄市は全国1位のもち米作付面積を誇る地域ブランドなどがあって参加した。地域ブランドの新たな価値を相互に見いだし、今後具体的な活動に取り組むが、名寄市の新たなブランド展開が期待されている。
 地域ブランド連携協議会に参加しているのは、北海道から名寄市のほか幌加内町、弟子屈町。このほかに宮城県登米市、神奈川県大和市、和歌山県有田市、京都府京丹後市、熊本県上天草市、沖縄県石垣市など19自治体。
 協議会の目的は「地域が保有する地域ブランドの価値を高め、情報発信を行い、評価と信頼性を獲得し、地域ブランドに対するイメージ向上に努めるとともに、自治体と民間企業等との連携を促進することにより、地域の活性化、民間活力の向上、地域経済の活性化等に寄与する」としている。

[ 2012-02-18-19:00 ]


運営を生産者に移行
下川・トマトの共同育苗スタート

 【下川】11日からの下川町育苗施設(旧上名寄小学校グラウンド)で、トマトの育苗が進められている。同施設運営はこれまで町の直営だったが、今年からトマト生産者で組織する「育苗ハウス利用者組合」(小林良二組合長)に移行して行われている。 
 今年は町内のフルーツトマト生産者21戸のうち15戸が利用し、期間中、合計9万9000本の苗を育てる予定。それぞれの定植時期に合わせて購入したセル苗をポットに移植。約45日間育てた後、各農場へ搬出する。施設は1月末から稼働し、今月11日から育苗が始まっている。
 利用者からは、育苗の経費削減や作業負担の軽減、生産者間のコミュニケーションが図れるなど期待の声がある一方で、個人の方が気を使わないなどといった声もあり、共同育苗になじむためには、時間を掛ける必要がありそうだ。町は「育苗施設は農家の体制が整えば時期を早めることも可能。フルーツトマトの品質向上、生産拡大に結び付くとうれしい」と話している。

(写真=約4センチほどのセル苗をポットに移すトマト生産者たち)

[ 2012-02-18-19:00 ]


24年度から一括委託
名寄市の一般廃棄物収集業務

 【名寄】名寄市は、市内を4地区に分担して業者委託している一般廃棄物収集業務を、24年度から関連業者7社で組織する名寄市環境保全事業組合(桑原裕敏代表理事)に一括委託する。また、市が行っている「し尿処理受け付け」や「イヌ・ネコなどの死骸回収」などの業務も追加して同組合に委託する。これによって一般廃棄物関連の業務が軽減されることから市は今後、ごみの分別や減量化などの取り組みを重点として強化していく。
 市の一般廃棄物収集業務は、名寄市街地の東地域を主としたA地区と西地域のB地区、風連地区、農村・自衛隊地区の4区域に分け、地区ごとに業者委託している。
 一括委託は、昨年3月に市内の清掃業者7社で同組合を設立したことによるもので、市の収集業務に関わる選考基準を満たした業者で組織されているため、収集の遅延や未回収改善の資質向上など業務の効率化が図られる。

[ 2012-02-18-19:00 ]


昔の遊びなど楽しむ
風連中央小と瑞生大が交流

 【名寄】風連中央小学校(清水悟校長、児童146人)は瑞生大学生の学生との交流学習を17日に行った。
 同校では、お年寄りとの交流を通して、地域の発展に寄与してきた人々に対する敬意の心を育て、お年寄りの知恵を学ぶことを目的に、毎年交流学習を実施している。
 この日は、けん玉やお手玉、あや取り、ゴム跳び、めんこ、こま、おはじきなどの昔の遊びで交流した1、2年生は、大学生に遊び方や技を教わりながらそれぞれの遊びを楽しみ、会場となった体育館に笑顔があふれた。また、3年生はでんぷんおやきなど昔のおやつ作り、4年生は昔の学校生活の話、5年生は百人一首、6年生は茶道を学んだ。児童たちは教わったお礼にと歌や器楽などを披露し、学生に感謝の気持ちも伝えた。

(写真=学生との交流学習を楽しんだ風連中央小児童)

[ 2012-02-18-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.