地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年2月17

管内にインフルエンザ警報
名寄保健所・予防徹底と早期受診喚起

 【名寄】名寄保健所は15日、管内にインフルエンザ警報を発令した。これは同保健所管内本年第6週(2月6日〜12日)の定点医療機関(5カ所)の1定点当たりの患者数が基準の30人を超えたことによるもので、大きな流行の発生や継続が疑われることを示している。名寄保健所、市保健センターでは帰宅時のうがい、手洗いの励行やワクチン接種など感染予防の徹底とともに、「急な発熱などの症状があった場合は、早めに医療機関を受診してほしい」と呼び掛けている。
 市保健センターによると、インフルエンザは、通常1日から2日ほどの潜伏期間があり、その後突然症状が現れるのが特徴という。通常の風邪とは異なり、せき、のどの痛みなどの症状だけでなく、38度以上の高熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などが主な症状となっている。また、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者、慢性疾患を持っている人が感染すると重症化しやすく、死に至る危険性もあるという。

[ 2012-02-17-19:00 ]


高湿度が多発に影響
上川北部支所・カボチャ突起果の調査結果

 【美深】上川農業改良普及センター上川北部支所(佐々木幸枝支所長)は、農家経営に甚大な被害を及ぼすカボチャ突起果の発生実態調査と薬剤散布試験結果をまとめた。突起果は、果実表面に大小不正形のこぶが多数生じるもので、美深町でのカボチャ突起果は、平成9年に初めて確認された。この症状は、地域や年度によって発生程度に差は出るが、突起が複数発生した果実は加工用となり、1個当たりの単価が減少。農家に多大な経済的損失を与えている。
 同支所では、突起果発生は気象、ほ場環境の違いが影響していると想定。突起果の多発地区、少発生地区の農家4戸の協力を得て、ほ場の温度・湿度測定と土壌水分調査(昨年6月中旬〜8月中旬)を実施した。この結果、土壌水分が多いほど突起果が多発することが判明。同支所は「低湿度のほ場では突起果の発生程度が低く、土壌水分が多い高湿度のほ場では多発。降雨による高湿度が、突起果に影響を及ぼしており、対策として排水性向上や適切な耕起作業などが挙げられる」と説明する。

[ 2012-02-17-19:00 ]


国内公開天文台で初
なよろ市立天文台の村上さん・3準惑星の連続撮影に成功

 【名寄】なよろ市立天文台(宮下正人台長)の村上恭彦さんが、このほど「エリス」「ハウメア」「マケマケ」の準惑星の連続撮影に成功した。同天文台に設置されている口径50センチの望遠鏡を使用しての撮影成功で、同天文台では「3個の準惑星を公開天文台でとらえたのは国内で初めてのこと」と話し、村上さんの偉業をたたえている。
 準惑星に分類されている天体は「冥王星」「エリス」「ケレス」「マケマケ」「ハウモア」の計5個。いずれも太陽の周りを楕円(だえん)軌道で回っており、公転周期は「ケレス」が約4・6年、「エリス」が約560年などと考えられている。村上さんが撮影に成功したのは、「エリス」(昨年9月27日撮影)、「ハウメア」「マケマケ」(共に今年1月21日撮影)。撮影した時期は、いずれの準惑星も太陽から最も離れた位置(76億キロ〜143億キロ)を公転していたことから撮影を困難にさせたという。
 村上さんは、「撮影した準惑星のいずれも明るさは17等から19等程度と大変暗く、好条件がそろわなければ撮影できなかった」と説明。観測地点の周りに極力光源がなく、空気の透明度も高いなど、名寄が国内トップクラスの観測条件にあることが、今回の準惑星撮影成功の要因でもあると分析している。

(写真=準惑星の撮影に成功した村上さん)

[ 2012-02-17-19:00 ]


人材育成が不可欠
名寄地域農業セミナー・基調講演通して学ぶ

 【名寄】23年度の名寄地域農業セミナーが17日、市民文化センターで開かれ、農業振興による地域活性化を図るための講演に耳を傾けた。
 道北なよろ農協、上川農業改良普及センター名寄支所、上川北農業共済組合、名寄市農業振興対策協議会、名寄市で構成する実行委員会が主催。セミナーは、農業・農村を取り巻く環境の変化を認識し、足腰の強い農業生産活動と魅力ある農村を築くことを目的としている。
 農業関係者ら約70人が参加。長野県御代田町の農業生産法人「トップリバー」の嶋崎秀樹社長が「儲(もう)かる農業の農業革命」をテーマに基調講演。引き続き、名寄市農業青年チャレンジ事業報告で風連地区の神田勇一郎さんが「タフパイプを利用したトラスハウスによる夏季パプリカと冬季高糖度寒締めホウレン草の省力的周年栽培への挑戦」。午後からは中央農業試験場(空知管内長沼町)の加藤淳研究参事が「道産豆類の栄養性・機能性と付加価値向上戦略」を演題に基調講演を行った。

(写真=農業経営の在り方を訴えた嶋崎社長)

[ 2012-02-17-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.