地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年2月15

一般会計は44億1100万円
美深町24年度予算案・第5次総計を具現化

 【美深】美深町の24年度予算案が15日に発表された。本年度スタートの第5次総合計画を具現化し、農業者らの担い手育成・確保など重点課題解決を図るための積極型予算編成になっており、一般会計予算規模は44億1100万円で、23年度当初予算対比5億8900万円、15・4%の増。また、特別会計を含めた予算総額は62億4300万円となり、前年度対比で7億3494万円、13・3%の増となっている。
 一般会計歳入は、予算総体の6割以上を占める地方交付税が27億6000万円で、23年度当初予算対比2億3000万円、9・1%の増。自主財源の根幹となる町税は、町民税法人と固定資産税の減少が大きく、前年度対比600万円、1・6%減の3億6165万円を計上している。
 一方の歳出では、大型事業を計画している民生費、農林産業費、教育費の予算が、前年度比で大幅に増額している。

[ 2012-02-15-19:00 ]


ダムの優位性目立つ
サンルダム検討の場・パブコメ踏まえ対策案整理

 【名寄・下川】北海道開発局主催の第4回サンルダム建設事業の関係地方公共団体からなる検討の場が14日に名寄市内、上川北部地域人材開発センターで開かれ、パブリックコメントの結果などを踏まえたダム事業の検証結果が報告された。
 国直轄のサンルダム(下川町)本体着工は、ダム事業の見直しによって凍結。検討の場では、ダムとその代替となる複数の対策案を治水、新規利水、流水の正常な機能維持の各目的別で比較しながら、ダム事業の検証を進めている。今回は4回目で下川、名寄、美深などサンルダム流域内の10市町村長、道、北海道開発局関係者が出席したほか、傍聴者約40人が来場した。
 パブリックコメントは3回目までの検討内容を基に昨年6、7月に実施。流域内市町村105件、流域外7件の意見提出があった。開発局はパブリックコメント、同検討の場、関係者の意見を踏まえ、目的別対策案の整理を行い、その結果を報告した。

(写真=パブリックコメントを踏まえて行われた検討の場)

[ 2012-02-15-19:00 ]


感謝の気持ち伝えたい
名寄大児童学科2年生・卒業公演に向けて練習に熱

 【名寄】名寄市立大学短期大学部児童学科2年生の56人は、19日午後1時半(同1時開場)から市民会館大ホールで行われる卒業公演に向け、最終調整を行っている。実行委員長の原田恵里さんは「2年間、お世話になった名寄の皆さんへ感謝の気持ちを伝えたい。当時は多くの人に来場いただきたい」と呼び掛けている。
 同学科2年生による恒例の卒業公演。大学で学んだ2年間の集大成として、演劇や歌などを披露するのが伝統となっており、出演をはじめ舞台監督、演出、道具、衣装、音響、照明など全てを学生が担当している。
 昨年7月ごろに実行委員会を立ち上げ、実習や就職活動、講義の合間や放課後を活用し準備を進めてきた。練習は同大学内を中心に行ってきたが、公演間近となった13日からは、会場の市民会館大ホールで最終調整に当っている。

(写真=公演に向け練習に励む児童学科2年生)

[ 2012-02-15-19:00 ]


手作りろうそく点灯
下川・首都圏のアイキャンツアー

 【下川】クラブツーリズム(東京都内旅行代理店)主催、北海道冬の祭典「しもかわアイスキャンドル」ツアーが13日に下川町内で行われた。首都圏に住む32人が参加し、桜ヶ丘公園センターハウス「フレペ」でろうそくの模様付けを行った後、アイスキャンドルパーク会場でともして楽しんだ。
 NPO法人しもかわ観光協会(石谷英人会長)が受け皿となって実施。富良野ニングルテラス「森のろうそく屋」を経営している造形作家、横島憲夫さんが講師を務めた。
 ツアー参加者は持ち帰り用と点灯用の2個のろうそくに模様付け。上部に穴のある球形のろうの中に塗料を流し込み、横にくるくると回転させながら周囲に色を付けた。
 参加者はアイスキャンドルパーク会場に移動して、模様を付けたろうを点灯。並べられているアイスキャンドルの中に入れて明かりを満喫した。

(写真=ろうそくの模様を付けて点灯したツアー参加者たち)

[ 2012-02-15-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.