地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年2月13

カナダチームが優勝
なよろ国際雪像彫刻大会

 【名寄】南広場を会場に開催された「第12回なよろ国際雪像彫刻大会ジャパンカップ〜なよろ雪質日本一フェスティバル〜」の審査が10日に行われ、カナダチーム・作品名「Shape Shifter(シェイプシフター)」が優勝した。また、第20回全日本学生対抗スノーオブジェ競技会は、特別招待チームの韓国江原大学校チーム・作品名「連理技(レンリージ)が優勝。おらの雪像見てくれコンクールでは、名寄消防署チーム・作品名「シェンロン(ドラゴンボール)」がグランプリを獲得した。
 同ジャパンカップには国内外から9チーム、20回目の記念大会となった同競技会には道内の美術系大学、専門学校と韓国の「江原大学校チーム」を合わせて7チームがエントリー。個性豊かな作品が来場者を楽しませてくれる「おらの雪像見てくれコンクール」には市民グループら16チームが出場。出場者は7日から(おらコンは8日から)10日までの間、厳しい条件の中での制作作業に当たった。

(写真=ジャパンカップ優勝のカナダチームの作品)

[ 2012-02-13-19:00 ]


1500個の明かり冬夜彩る
下川・アイスキャンドルパーク開幕

 【下川】冬の夜を彩る第38回アイスキャンドルミュージアムが11日から下川町内で開幕。桜ヶ丘公園内、万里長城では19日までの9日間、毎日午後6時から「アイスキャンドルパーク」が行われている。
 今年も同パーク会場には、約1500個のアイスキャンドルがともされ、訪れる人たちを魅了している。会場の一部を造形作家、横島憲夫さんが協力。横島さんのゾーンでは、らせん状の雪像に約60個のアイスキャンドルが並び、最上部にアイスキャンドルを積み重ねて作られた氷の塔が立っている。塔の一部には、町内の小学生たちが制作した独創的なアイスキャンドルが使われている。
 薄暮の時間帯は「マジックアワー」と呼ばれ、アイスキャンドルが最も美しく見える時間。横島さんは初日、「美しい時間を楽しんでもらおう」と、このゾーンのみを日没前に点灯。日中、青空を映し出していたアイスキャンドルが日没とともにピンク色に変わり、周りの景色と絶妙な光景を映し出した。やがて暗闇が訪れるとオレンジ色に輝き始めた。早めに訪れた人たちは、わずかな時間に起こる変化を満喫していた。

(写真=日没直後、ピンク色に輝くアイスキャンドル)

[ 2012-02-13-19:00 ]


多彩なプログラム盛況
ふうれん冬まつり・氷上人間カーリングなど

 【名寄】第28回ふうれん冬まつりが11、12の両日、風連町仲町の特設会場で開かれた。訪れた人たちはバラエティーに富んだ市民雪像を目にしながら、歌謡ショーや氷上人間カーリングなどさまざまなプログラムを楽しんだ。
 同実行委員会(委員長・川村正彦風連まちづくり観光理事長)が主催。風連地区の冬を彩る恒例イベントとして親しまれている。
 11日の前夜祭は、風連御料太鼓の勇壮な演奏で幕開け。迫力あるばちさばきで来場者を魅了した。さらに立花美樹さんの歌謡ショー、大抽選会、花火大会などが繰り広げられ、まつり前夜を盛り上げた。
 本祭りの12日は、もちつき、幼児向けの宝探し、数々の景品や会場内の売店利用券が当たるビンゴゲーム、男性4人組の「マジェンタ」のステージなどを展開した。注目の「全日本氷上人間カーリング」には、16チームが出場。サークルの中央を狙おう―と絶妙な力加減でストーン代わりのタイヤを押していたが、コントロールの難しさに悪戦苦闘。また、キャラクターなどに扮(ふん)した仮装で参加したチームもあり、来場者たちの声援や笑いを誘っていた。

(写真=仮装で参加したチームもあった氷上人間カーリング)

[ 2012-02-13-19:00 ]


的中者には賞金10万円
なよろタイムバトル・名寄川の解氷日時を予想

 【名寄】名寄川の解氷日時を予測する「なよろタイムバトル」が、今年も実施される。予想的中者には賞金10万円が贈られるもので、同実行委員会(森田義直委員長)では、絵はがきとセットとなった応募はがき(1セット500円)を販売しており、多くの参加を呼び掛けている。
 タイムバトルは、名寄の春の訪れを予測するイベントで、今年で20回目。市民有志で実行委員会を組織し、なよろ観光まちづくり協会に事務局を置いている。実施方法は従来と同様で、名寄川の解氷日時を当ててもらう。名寄川の日進橋上流約400メートルの地点に標識柱を設置。氷が解けて柱が流出(移動・転倒)し、備え付けの時計が止まった月・日・時・分を解氷日時とする。前年は市内をはじめ、全国から約750通の応募があった。
 応募はがき(通常の官製はがきでの応募は無効)は、市内の各協力店、なよろ観光まちづくり協会事務局(市内西3南5、01654-9-6711)、名寄四季彩便ホームページ(http://www.nayoro-kankou.com/shop/)などで販売している。応募締め切りは3月10日。

(写真=なよろタイムバトルの応募はがき)

[ 2012-02-13-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.