地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年1月31

南と豊西小を統合
名寄市学校統廃合検討委・諮問事項の3項目まとめる

 【名寄】名寄市街地区公立学校統廃合検討委員会(西川准司委員長)は31日に市教育委員会を訪れ、名寄地区市街地にある5小学校の適正配置に関わる検討報告書を小野浩一教育長に提出した。報告書には、統廃合の対象校を南小と豊西小、新校舎建設位置を現在の南小敷地内―などとした内容が盛り込まれており、小野教育長は「報告書を尊重しながら最終的な判断をしたい」と話した。
 同委員会は、学校施設の老朽化対策と耐震化に取り組むとともに、年々減少している市内の児童数を考慮した適正な学校数の配置を進めるための諮問組織。(1)統廃合の対象校(2)通学区域の再編(3)新校舎の施設整備―の3点を諮問事項とし、昨年8月から9回の会議を開催して報告書をまとめた。

(写真=報告書を提出する西川委員長と白井副委員長)

[ 2012-01-31-19:00 ]


自立に向けて具現化を
下川町辞令交付式・未来都市推進で安斎町長訓示

 【下川】下川町の1日付人事異動に伴う辞令交付が30日、町庁舎で行われた。
 今回は、国から選定・指定を受けた「環境未来都市構想」の実現と「総合特区制度」(森林総合産業特区)の取り組みを加速するための事務分掌異動で、課長職5人(昇任1人)、上席主幹・主幹職5人、主査職7人、主任・主事職8人が異動となった。「環境未来都市推進本部(各課長職で組織)」「環境未来都市推進課」「森林総合産業推進課」を新設し、総指揮監督を担う同本部長(課長職)に春日隆司地域振興課長、環境未来都市推進課長に長岡哲郎地域振興課長職を任命。森林総合産業推進課長に三条幹男建設林務課上席主幹を昇格させた。
 辞令交付では、安斎保町長が一人一人に辞令を手渡した後、「同都市構想は低炭素化とエネルギー自給、地域産業推進、超高齢化対応など社会福祉が柱で、将来、まちづくりの大きな基盤となるもの。みんなで頑張ろう」と訓示した。

(写真=安斎町長から推進本部長の辞令を受ける春日氏)

[ 2012-01-31-19:00 ]


若者が頑張れる未来に
中野道議・道政報告会、新春の集い

 【名寄】中野秀敏道議会議員の道政報告会・新春の集いが29日、ホテル藤花で開かれ、中野道議が新春の抱負を語った。
 集いには支持者約250人が出席。道政報告で、中野道議は「地域の基幹産業である農業で、昨年は水稲が豊作だったものの、畑作は3年続きの不作だった。畑作はほ場の水はけによっても、収量に大きな違いがもたらされる。こういった意味でも社会基盤をしっかり整備することが、この北海道農業に大切と考える。若者がしっかりとこの地で頑張ることができる未来となるよう、皆さんの支援をいただきながら力を尽くしていきたい」と語るなど、さらなる支援を呼び掛けていた。

(写真=支持者を前に抱負を語った中野秀敏道議)

[ 2012-01-31-19:00 ]


伊東大貴W杯2連勝
下川では元気応援ツアーも

 【下川】下川町出身の伊東大貴選手(雪印メグミルク)が、28、29の両日、札幌市大倉山で開かれたノルディックのワールドカップ(W杯)ジャンプ札幌大会で2連勝を成し遂げた。当日は下川ジャンプスキー選手後援会(山本博隆会長)主催の現地応援バスツアーも行われ、伊東選手の両親と妹、下川ジャンプ少年団12人、同後援会役員など合計32人が参加した。
 応援ツアー参加者はこいのぼり、下川出身選手の名前が書かれたのぼりを掲げながら応援。伊東選手は28日、1本目のジャンプでトップに立ち、2本目で逃げ切って優勝。29日には1回目で3位につけ、2回目に最長不倒の137メートルを飛んで逆転優勝した。電光掲示板が伊東選手の2連勝を告げると、応援陣から盛大な歓声が沸き起こった。
 応援ツアーで地元選手2連勝は初。伊東選手の快挙に山本会長は「下川出身の岡部孝信選手、葛西紀明選手の跡継ぎとして、頼もしい存在に成長した。W杯のゴールドゼッケン目指して頑張ってほしい」と喜びを語っている。

[ 2012-01-31-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.