地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年1月15

雪質日本一を満喫
東京なよろ会スキーツアー・第1陣が19日に名寄入り

 【名寄】東京近郊に住む名寄ゆかり人たちによって組織する「東京なよろ会」の名寄ピヤシリスキーツアーの第1陣が、19日に名寄入りする。雪質日本一のゲレンデでのスキーを楽しむほか、カーリング体験、天文台「きたすばる」でのプラネタリウムや星空観察など、名寄の冬の観光を満喫する。
 東京なよろ会は昭和60年に設立。ピヤシリスキーツアーは、会内部にツアー委員会を組織し、61年から行われている恒例のツアー。リピーターを中心に毎年、約200人前後が名寄を訪れスキーや北国の味覚などを楽しんでいる。
 航空会社との提携などで、通常よりも安くツアーが楽しめるということもあり、口コミなどによって非会員のツアー参加者が増加。同会事務局の市経済部営業戦略課では「本年度のツアー参加者のうち、正会員は4分の1ほど」と説明。ツアーは関東圏在住者を中心とした交流人口拡大に一定程度の効果も得ている。

[ 2012-01-15-19:00 ]


24年度に建設着工計画
美深町・農業研修生等宿舎を整備

 【美深】美深町は来年度、農業体験実習生や新規就農希望者を受け入れるための農業研修生等宿舎建設に着手する計画。深刻化する農業後継者不足問題の解決に向け、地域農業を担う担い手の育成体制強化を図るもので、町では「第5次総合計画の中でも担い手の育成・確保を重点課題としている。1人でも多く担い手の可能性を秘めた人を受け入れる体制を整備したい」と話す。
 同町では、町や美深町農業後継者育成協議会などの関係機関が、農業体験実習生や新規就農希望者に対して必要な補助を行い、担い手確保に努めているが、農業者の高齢化や後継者不足が急激に進み、担い手育成が急務となっている。
 さらに、老朽化に伴って平成20年に取り壊した農業研修生恩根内宿舎3戸の継承施設として、旧恩根内地区教員住宅と旧職員住宅の計2戸を農業研修生専用宿舎として転用しているが、農家の住み込みではなく、宿舎住まいを希望する研修生が多いため常に満室状態が続き、入居募集できない状況となっている。
 そのため、町は希望者に対する住居整備など研修を受けやすい環境の確保を図るとともに、農業の発展と活力ある農村づくりを推進するため、新たなに町内敷島の美深町農業振興センター南側に宿舎建設を決め、本年度補正予算で「農業研修生宿舎建設整備設計委託料」340万円を計上した。

[ 2012-01-15-19:00 ]


良性悪性を瞬時に判断
たに内科クリニック・最新の大腸カメラを導入

 【名寄】たに内科クリニック(谷光憲院長)では、最新の大腸カメラを導入。観察部分を最大125倍まで拡大できることが特徴で、ポリープなどを発見した際に必要だった生検(細胞検査)を行わずに、その場で良性か悪性かの判断が可能だという。谷院長は「カメラの外径も従来のものより細く、これまで以上に深部まで念入りに検査できる」と説明し、さらなるがんの早期発見、治療に期待が高まっている。
 最新カメラでは観察部を拡大し、ピットパターンという5型に分類される細胞の形を見て良性、悪性を判断するという。「良性の場合はポリープなどを切除することなく経過観察できる」と話し、患者負担も軽減される。
 同院では導入したカメラで、これまでに約200件の検査を実施し、早期大腸がんを約10例発見。「検診で指摘された人、最近便通が良くない人などは積極的に検査を」と呼び掛けている。検査は予約制で、問い合わせは同クリニック(01654-3-1223)へ。

(写真=たに内科クリニックで導入した最新の大腸カメラ)

[ 2012-01-15-19:00 ]


「良かった」と高評価
美深・GLTツアー体験リポート

 【美深】美深町観光協会(山崎晴一会長)は、「グリーンライフ・ツーリズム実証モデル事業」モニターツアー体験リポートをまとめた。地域住民と触れ合いながら美深の魅力を体験した参加者からは「良かった」との評価が多く、同協会では「今後も地域資源をPRし、観光につなげていきたい」と話す。
 北海道が取り組む同事業は農山漁村に長期滞在し、地域住民との交流や周辺地域の観光を楽しむ新たな観光スタイル確立を目指す事業で、本年度は道内6町が指定を受けた。
 美深では同協会、美深町、北はるか農協、フォームイントントで「美深町グリーンライフ・ツーリズム推進プロジェクトチーム」(小栗卓プロジェクトリーダー)を組織。北海道遺産「天塩川」や仁宇布の冷水・16滝、トロッコ王国美深などの地域資源を生かした観光メニューで、参加者6人(男性1人、女性5人)をもてなした。
 体験リポートは見学や宿泊施設に関する感想を聞き、今後の観光振興に役立てるためのもので、参加者からは「カヌー体験は、壮大なスケールの天塩川の自然を眺めることができ、感動の連続だった」「ジンギスカンは美味で、癖が無く柔らかくおいしかった」「ファームイントントの夫妻は気さくな人で、心温まるもてなしをしてくれた」などと高評価だった。

[ 2012-01-15-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.