地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2012年1月10

20歳の門出に決意新た
名寄市成人式・新成人209人が出席し誓い

 【名寄】平成24年名寄市成人式が8日、ホテル藤花で行われ、華やかな服装の新成人209人が出席し、責任感を持ち、常に挑戦し続ける人生を誓い合った。
 名寄市教育委員会を中心に、新成人を加えた実行委員会(菊地浩樹実行委員長)を組織して成人式を企画・開催。今年の新成人対象者は男性176人、女性214人の計390人。
 式典では国歌斉唱、市民憲章朗唱に続き、小野浩一教育長が式辞。新成人を代表し、黒嶋勇太さんが「これからは今まで以上に責任や重圧がかかってくるが、陰に隠れず自分の色を出していきたい。そして常に目標を掲げ、仲間たちと切磋琢磨(せっさたくま)し、向上心を持ち続けていきたい」と誓いの言葉を述べた。式典終了後、新成人のみの交流会。記念撮影を通じ、旧友との再会を喜び合うなど出席者は晴れやかな表情。これまで支えてくれた家族や友人に感謝しながら社会人としての自覚を深めた。

(写真=友人との再会を喜び合った名寄市成人式)

美深町・判断と責任で奮闘
 【美深】平成24年美深町成人式が8日、町文化会館で行われ、20歳の門出を祝った。
 式には対象者40人中、33人(男性20人、女性13人)が出席。国歌斉唱に続き、新成人の馬場優さんのリードで町民憲章を朗唱。
 山口信夫町長が「美深町は自然豊かで、人情深い町。育った町『美深』を忘れず、ふるさとを語ることのできる人になってほしい」と挨拶。
 新成人代表の佐々木凌さんと奥山知春さんが「きょうの感激をいつまでも忘れることなく、住み良い明るいまちづくりにまい進する覚悟です。今後も良き人生の先輩として指導をお願いします」と誓いの言葉。
 記念撮影後、祝う会を開催。友人たちと酒を飲み交わしながら思い出話に花を咲かせるなど、和やかな雰囲気に包まれていた。

(写真=これまで支えてくれた家族らに感謝した美深町成人式)

下川町・平和な時代築きたい
 【下川】町教育委員会主催の下川町ふるさと成人式が8日、バスターミナル合同センターで行われ、町内外から参加した新成人が、社会人としての自覚を深めた。
 新成人23人が出席。町内在住者8人のほか「古里で成人式を」とUターン組も参加。男性はスーツにネクタイ、女性は華やかな和服姿で来場。式典を前に記念撮影も行われた。
 式典では来賓や親など約50人も出席し祝福。河端正敏教育委員長が「成人おめでとう。皆さんは環境問題を生み出した世代ではないが、これらの問題を克服していかなければならない。若さと情熱を生かし、社会に新風を吹き込みながら、町の環境未来都市実現に力添えをお願いしたい」と式辞を述べた。
 新成人一人一人が紹介された後、川島恭平さん、大橋美穂さんが「成人の誓い」を読み上げた。また、来賓の安斎保町長、谷一之町議会議長が祝辞を寄せた。上名寄郷土芸能「こだいじん」「麦や節」、太鼓演奏「大雪連峰太鼓」「渓流太鼓」の披露もあり、新成人は郷土文化に触れながら古里への思いを強めた。

(写真=社会人として自覚を深めた下川の新成人)

[ 2012-01-10-19:00 ]


災害ない1年を願う
名寄消防出初め式・登梯の妙技を披露

 【名寄】平成24年名寄消防出初め式が9日、西3条通り(南5丁目〜6丁目間)で行われ、登梯(とてい)の妙技が披露されるなど、災害のない1年となるよう願った。
 名寄消防署(牧村昭信署長)の署員と名寄消防団(長谷川米茂団長)の団員が参加。
 人員報告、観閲に続く登梯では、本部分団の山添慶雄団員、三瓶哲也団員、後藤純志団員、畑中憲一班長、第4分団の松下佑司団員が高さ7メートルのはしごの上で「横大の字」「かなびき一芸」などの妙技を披露。寒空の下ではあったが、その軽やかで堂々とした技の数々に、会場に集まった多くの市民からは大きな拍手が送られた。

(写真=見事な技の数々に拍手が送られた出初め式での登梯)

[ 2012-01-10-19:00 ]


ほくとくん登場
名寄警察署の「110番の日」広報

 【名寄】名寄警察署(山崎明署長)の「110番の日」広報活動が10日にJR名寄駅で行われ、道警マスコットキャラクター「ほくとくん」が110番通報の適正利用をPRした。
 警察通報の番号は当初、各地域でバラバラだったが、昭和23年10月に東京都区部、大阪市、京都市、横浜市、川崎市、名古屋市、神戸市、福岡市で「110番制度」が開始され、29年7月から全国で「110番」に統一。60年12月に警察庁が「110番の日」を制定した。
 広報活動には、署員10人が参加。駅舎内に「ほくとくん」が登場すると子供たちも大喜び。特急列車の乗降客にポケットティッシュとボールペンを手渡した。
 「110番」通報は緊急の事件、事故のみとし、照会や相談、要望など急を要さない事項は警察相談電話「♯9110」を利用するよう呼び掛けた。

(写真=乗降客に110番適正利用を呼び掛けるほくとくん)

[ 2012-01-10-19:00 ]


昭和の生活に思いはせ
名寄・29日まで北国博物館で企画展

 【名寄】名寄市北国博物館の企画展「昭和の名寄商店街〜すずらん灯の街角で〜」が、29日まで同館ギャラリーホールで開かれている。
 昭和30年代の市内5〜6丁目商店街を写真パネルで紹介する企画展。この時期、南6丁目の「鈴蘭街」や商店街にはスズラン型の街灯があったことから、サブタイトルに「すずらん灯」を掲げた。
 当時の名寄市広報公聴担当が33、34年に市内の事業所を撮影した写真から40枚を展示。また、さまざまな食品メーカーの名前が入った帆布前掛け、得意先などに配られたと思われる風呂敷やうちわのほかに、ホーロー看板、マッチ箱のスクラップも展示されている。
 訪れた人は、どこか懐かしく感じる写真や展示物に触れながら、当時の生活に思いをはせている。

(写真=昭和30年代の商店街の写真などが展示されている企画展)

[ 2012-01-10-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.