地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年12月22

交差点などの見通しも悪く
名寄・降雪量平年上回る

 【名寄】本格的な降雪シーズンに入って、名寄市内でも道幅が狭くなっており、交差点の見通しが悪くなるなど交通事故発生が懸念されている。降雪量や積雪量も昨年、平年に比べともに多く、市では生活道路の交差点排雪の回数を増やすとともに、幹線道路の道路排雪もスタートさせている。また、自宅敷地内の雪は道路に出さないよう協力を呼び掛けている。
 19日現在の除雪車出動回数は、名寄地区で市街地14回、郊外14回。風連地区は市街地13回、郊外18回で、いずれも前年同期を上回るペース。旭川地方気象台のアメダスデータによると19日現在、名寄の積雪量は55センチで、前年と比べ27センチ、平年に比べると10センチ多くなっている。また、累積の降雪量は243センチとなり、前年比で105センチ、平年比では29センチ上回っており、平成18年の242センチに近いレベルとなっている。

[ 2011-12-22-19:00 ]


将来像や具体的取り組み記載
北北海道中央圏域・共生ビジョン策定で懇談会

 【名寄】第1回北・北海道中央圏域定住自立圏共生ビジョン懇談会が21日、名寄市民会館で開かれた。同懇談会は、定住自立圏形成協定に基づき、同圏域の将来像や具体的取り組みを記載する「共生ビジョン」を策定することを目的に設置。同ビジョンでは、生活機能やネットワーク、圏域マネジメント能力強化の政策分野を盛り込むことを検討する。今後は1月に2回の懇談会を開催して、同ビジョンを策定し、2月にパブリックコメント募集、3月に各市町村議会の承認を経て、24年度から同ビジョンを始動するとしている。
 北・北海道中央圏域定住自立圏は、名寄市と士別市の複眼型中心市圏域となっており、両市をはじめ、上川管内北部の和寒町、剣淵町、下川町、美深町、音威子府村、中川町、幌加内町、宗谷管内南部の枝幸町、浜頓別町、中頓別町、オホーツク管内西興部村の13市町村で構成。今年3月に名寄市と士別市で「中心市宣言」、9月に市町村ごとの定住自立圏形成協定の合同調印を行っている。

(写真=13市町村の専門分野関係者が出席した懇談会)

[ 2011-12-22-19:00 ]


地熱暖房でエコも推進
北洋銀行名寄支店・竣工式で新店舗完成を祝う

 【名寄】北洋銀行名寄支店(滝澤康裕支店長)の竣工式が22日、市内3南8の新店舗で行われた。新店舗は来年2月6日のオープン予定で、冬場の駐車場確保やATMコーナーの利便性の悪さなど、現店舗の懸念も解消。冬場の暖房には、同銀行初となる地中熱ヒートポンプ暖房が使用されるなど、注目度が高まっているエコロジーに対応した店舗となっている。
 竣工式には水島良治北洋銀行常務取締役、加藤剛士市長、施工関係者など約15人が出席。出席者全員が玉ぐしを奉納するなど新店舗の無事完成を喜び合った。
 同支店によると、来年1月下旬に新店舗への備品搬入などを開始する。現店舗の利用は2月3日まで。

(写真=新店舗の無事完成を祝った竣工式)

[ 2011-12-22-19:00 ]


総務部長に扇谷氏
名寄市の1月1日付人事

 【名寄】名寄市は22日、1月1日付の人事異動を発表した。総務部長には市民部長の扇谷茂幸氏(57)、市民部環境生活課長の土屋幸三氏(59)が市民部長に昇格した。
 今回の異動は、総務部長の佐々木雅之氏が副市長に就任することに伴う人事で、新しい総務部長に扇谷氏。市民部長は土屋氏が昇格、同課長も兼務。
 また、来年4月に市民ホール(仮称)整備の専門部署を設置するため、教育委員会の粕谷茂生涯学習課長を同ホール整備担当参事、倉澤宏同課文化振興係長を同参事付主査として兼務発令した。

[ 2011-12-22-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.