地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年12月21

市場の使用料減免を審議
名寄市議会経済建設委・経営回復に疑問の声

 【名寄】名寄市議会経済建設常任委員会(竹中憲之委員長)が21日、市役所名寄庁舎で開かれ、第4回市議会定例会で同委員会に付託された「公設地方卸売市場条例」の一部改正案を審議した。改正案の内容は、市場を使用している丸鱗名寄魚菜卸売市場株式会社に対する施設使用料の減額に関するものだが、経営の悪化などに理由に16年度から減額措置している経過があるため、委員からは「将来的に経営の回復見込みはあるのか」など、現行以上の減免措置に対する疑問の声が出された。
 市は昭和38年に公設地方卸売市場を開設し、同社を卸売業者として指定。生鮮食品の流通の円滑化と取引の適正化を図ってきたが、取扱高は年々減少。16年度からは市場使用料を取り扱い金額の1000分の7から1000分の3・5と軽減(24年度末まで)している。

[ 2011-12-21-19:00 ]


環境未来都市を推進
下川町議会一般質問・町政の根幹構想と町長答弁

 【下川】第4回下川町議会定例会が20日に開かれ、5議員が一般質問を行った。
 我孫子洋昌議員は(1)第6次行政改革大綱の達成度(2)幅広く町民の意見を取り入れること(3)下川町社会資本総合整備計画(4)先駆的な取り組みと構想の町民への普及と実施体制で質問。
 安斎保町長は町民会議の参加で「自分の意見が通るかではなく、町のことをしっかり考える姿勢で参加することが大切」。施設整備では「新たな施設整備を計画する場合は、パブリックコメントなどを実施し町民に意見を求めながら、既存施設との違いや活用目的を考慮して進めたい」。また、行政改革大綱の中で「職員の研修派遣は希望者を公募し、これまでに延べ13人、現在は内閣府と北海道経済産業局に1人ずつ、民間ではクラスター推進部に2人を派遣。職員の資質向上や人脈づくりに結び付いており、今後も継続したい」。先駆的取り組みと構想で「国に申請中の環境未来都市構想は、各課で地域課題解決策を提案してもらったものが基礎で、町の地域振興の根幹をなすもの。十分な助成が得られなかったとしても進めていく。町民に理解を得ながら取り組みたい」と答弁した。

[ 2011-12-21-19:00 ]


クリスマス盛り上げる
名寄の中山さん宅にサンタ

 【名寄】名寄市内西4南3の中山泰英さん宅の庭に、クリスマスムードを盛り上げるサンタクロース人形が出現。道行く子供たちの注目を集めている。
 中山さんは、名寄土管製作所構内のレンガ煙突にサンタクロース人形を登らせる企画を考案した、市内の有志組織「土・洒落遊(ドゥ・シャレーユー)」の元代表。平成平成11年から3年で企画は終了(現在は同製作所が継続)したが、中山さんは「子供たちに喜んでもらいたい」と、15年ごろからクリスマス時期になると、自宅庭の塀をイルミネーションで飾ったり、空気で膨らむサンタクロース人形(高さ約2・5メートル)などを設置している。
 中山さんによると、当初は1体だけだったサンタクロース人形も現在は7体まで増え、夜間はライトアップして、幻想的な光景を演出。道行く親子が足を止めて楽しむ様子も見られている。また、「毎年楽しませてくれたありがとう」と市民から礼状が届いたこともあるという。
 中山さんは「24日のクリスマスイブには、来場してくれた子供たちに小さなサンタクロース人形を、一人につき一つずつプレゼントしたい」と話している。

(写真=道行く子供たちに人気のサンタクロース人形)

[ 2011-12-21-19:00 ]


及川さん夫妻就農へ
名寄・農業研修生修了式で決意

 【名寄】農業研修生修了式が21日、市役所風連庁舎で行われ、神奈川県出身の及川勇一さん・綾さん夫妻が、激励の言葉を受けながら就農への決意を語った。及川さん夫妻は2年間、旭東の中川章夫さん、豊栄の中村耕司さん宅で研修。来年4月から智恵文で農地2・7ヘクタールを持ち、畑作(施設園芸、露地野菜)で就農することが決まっている。
 修了式で、寺崎秀一名寄市農業担い手育成センター委員長は「無事2年間の研修を終えられ、来春から就農される。今後も関係方々のご指導をお願いしたい」と挨拶した。
 及川さん夫妻は「周りの人の協力をいただき、農家としてスタートできる段階となったが、しっかりとした農業経営を確立したい。これからは二人で作業や経営などの形を見つけ、着実に農家として続けていきたい」と就農への決意を語った。

(写真=しっかり農業経営確立を―と語る及川さん)

[ 2011-12-21-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.