地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年12月16

24〜28年度に実質赤字9億円
名寄市議会総計審査特別委・28年度以降合併算定なし

 【名寄】名寄市議会の総合計画後期基本計画審査特別委員会(熊谷吉正委員長)は、15日午後から基本目標ごとの質疑を行った。高橋伸典委員は、財政計画で平成24年度から28年度に約9億円の実質赤字が生じることを指摘。橋本正道財政課長は「赤字分は基金を取り崩して対応することになるが、28年度以降は合併算定がなくなり、交付金は減少するため、取り崩し額は少なくしたい。また、無駄な経費がないか、重複いる事業がないか見極め、赤字分を穴埋めしたい」と述べた。

[ 2011-12-16-19:00 ]


願いごと詰った袋背負い
レンガ煙突&サンタ・クリスマスムード盛り上げる

 【名寄】名寄市東2南10の名寄土管製作所構内のレンガ煙突には、クリスマスまでのカウントダウンを行うサンタクロースが登場。夜間はライトアップされ、子供たちの願いごとがいっぱい詰まった袋を背負いながら、煙突の頂上を目指す愛嬌(あいきょう)のある姿が地域の人たちを楽しませる。
 「レンガ煙突&サンタ」は、市内の有志組織「土・洒落遊」(ドゥ・シャレーユー)主催。サンタクロース人形が、15日から高さ24メートルあるレンガ煙突の頂上を目指し毎日、3メートルずつ移動。24日のクリスマスイブには頂上に到着する予定。
 今年は、老朽化が進むレンガ煙突の保全意識の醸成などを目的に「なよろサンタクロース夢プロジェクト」として実施。サンタの袋には、子供たちから寄せられた願いごと(454通)が詰まっており、25日のクリスマスの日に燃やされ、レンガ煙突から煙となって空へ昇っていく。

(写真=レンガ煙突の頂上を目指すサンタ)

[ 2011-12-16-19:00 ]


美深署員初の快挙
美深・大橋係長の作品がカレンダーに

 【美深】美深警察署の大橋博秀地域統括係長が撮影した「ひまわりと背比べ」が、警察庁広報用写真コンクールで入賞し、平成24年警察協会カレンダーに活用された。
 さまざまな警察活動を紹介するため、警察官、警察職員、その家族が撮影した写真を審査するコンクール。美深署は毎年出品しており、今年は4人が6作品を応募した。各方面本部コンクールを勝ち上がった優秀作品131点が道警本部に送られ、審査の結果、大橋係長の作品が3位入賞。この作品を含む18点が警察庁広報用写真コンクールへの出品作品に選出された。
 大橋係長の作品は智恵文のひまわり畑で、ひまわりと背比べをする子供のほほ笑ましい姿を一眼レフカメラで撮影したもので、美深署員で初めて警察協会カレンダー作品に選ばれた。

(写真=8月に掲載の大橋係長の「ひまわりと背比べ」)

[ 2011-12-16-19:00 ]


名寄への愛着深める
「なよろ入門」の第10回講座

 【名寄】市民講座「なよろ入門」の第10回講座が15日、市民文化センターで行われた。全13回の計画で行われている講座だが、受講者たちはこれまで見学した施設や学んだことなどを振り返った。
 名寄市公民館が主催する講座。市民に名寄の良さを理解し、地域への愛情を育んでもらおう―と平成19年度から開講し、名寄の歴史や自然探訪、施設見学などに取り組んでいる。本年度は、転入して間もない市民なども含め23人が受講。「地域の課題を発見する」などを年間テーマに掲げ、毎月の講座で名寄の歴史や自然、福祉、観光資源などに理解を深めている。
 第10回目の講座では、約7カ月間にわたるこれまでの講座の中で、受講者が訪れた公共施設やさまざまな体験を、写真などを見ながら振り返った。その後、特に印象に残ったことや疑問に思ったことなどをグループごとに発表し合いながら、名寄への愛着を深めていた。

(写真=これまでの講座を振り返った市民講座「なよろ入門」)

[ 2011-12-16-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.