地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年12月14

住宅リフォーム助成は復活なし
名寄市議会一般質問答弁

 【名寄】第4回名寄市議会定例会は、13日午後から奥村英俊議員(市民連合・凛風会)、佐々木寿議員(市政クラブ)、東千春議員(同)、佐藤靖議員(市民連合・凛風会)が一般質問。奥村議員が住宅リフォーム助成の復活を質問。湯浅俊春営業戦略室長は「当分の間は実施しない」と明確にする一方で、「関係者の意見や市民ニーズなどを踏まえ、広い視野でこれまでと違った内容について、一定の期間を置いてから検討する」と答え理解を求めた。
 奥村議員は、エゾシカ処理施設整備の進ちょく状況などの3件。行財政改革に伴う組織機構の方向性で「中尾裕二副市長が12月末で退任することから、これを機に副市長を一人体制にする考えは。また、分庁方式を見直す考えは」と質問。佐々木雅之総務部長は、副市長の2人体制は条例で定めており、円滑な市政運営を進める意味でも必要とした上で「2人体制を維持する」と強調。分庁方式では「市民から庁舎統一の意見を耳にしたことはない。加えて、風連庁舎を改修したばかりで、10年間は活用できる」とし、当面は現行を維持する考えを示し、「第2次総合計画を策定する際の検討材料とし、慎重に議論したい」と答えた。

[ 2011-12-14-19:00 ]


創造会議設立準備進む
美深町議会一般質問・市街地活性化対策で答弁

 【美深】第4回美深町議会定例会の13日は南和博、林寿一、藤守千代子の3議員が一般質問で理事者の考えをただした。南議員は一般国道40号美深道路完成後の市街地活性化策に答弁した、山口信夫町長は「美深町元気なまちづくり創造会議(仮称)の設立準備を進めており、現在会員を募っている。年明け以降に具体的な動きがある」と答えた。
 南議員は、農業振興策の充実・強化や美深道路完成後の市街地活性化策で質問。山口町長は、有害鳥獣防止策の継続支援を検討するとともに、美深町鳥獣被害防止対策協議会と情報共有しながら捕獲強化に努めるとしたほか、「農業振興センター事業が十分に周知されていない。また、農家との接点が低いとの指摘がある。農家とのかかわりの見直し、農業者が必要とする情報収集に力を入れるとともに、農業振興に資する職員の育成を図りたい」。市街地活性化策では、開発建設部などとの意見交換を通して商店活性化の相談を行う考えを示したことに加え、「都市間の時間短縮が図られるため、新たな観光や商品を作って町を宣伝し入り込み客増加につなげたい」と答えた。

[ 2011-12-14-19:00 ]


地元勢の活躍に期待
SAJA級公認ジャンプ大会・名寄で17日から開幕2連戦

 【名寄】全日本スキー連盟(SAJ)A級公認の「第42回名寄ピヤシリジャンプ大会」が17日、「第27回吉田杯ジャンプ大会」は18日、ともに午前9時半からピヤシリシャンツェ(HS100)で開かれ、
 名寄地方スキー連盟などが主催する冬季国内開幕2連戦で毎年、道内外の選手たちが大ジャンプを披露している。エントリー数は、女子の部23人、男子の部107人の計130人。
 出場選手の顔ぶれは、女子では前年度のピヤシリジャンプ優勝の渡瀬あゆみ選手、吉田杯優勝の葛西賀子選手をはじめ、地元の伊藤有希選手、梨沙羅選手など。男子の部は、下川商業高校から成田岬選手、白鳥新選手、近田隼人選手、草比呂希選手、瀬川友選手、金城芳樹選手、高橋真情選手、米田啓拳選手、馬淵点選手、渡辺知也選手の9人。下川ジャンプ少年団の佐藤慧一選手、下川中学校の伊藤将充選手がエントリーし、地元勢の活躍に期待がかかる。
 このほか、伊東大貴選手、栃本翔平選手、東輝選手、船木和喜選手、渡瀬雄太選手、伊藤謙司郎選手など、実力と人気を兼ね備えた選手たちがエントリーしており、豪快なジャンプ合戦を繰り広げる。

[ 2011-12-14-19:00 ]


雪あかり館の模型寄贈
名寄産業高建築システム科・課題研究で製作する

 【名寄】名寄産業高校(福井誠校長)の課題研究で「構造物調査班」として古建築を研究した建築システム科3年生が13日、市役所名寄庁舎を訪れ、名寄市北国雪国ふるさと交流館「雪あかり館」の模型(95分の1スケール)を寄贈した。
 同校では、生徒の問題解決能力の向上を図ることなどを目的に、毎年、3年次に課題研究を設定し、グループに分かれてさまざまな内容の研究に取り組んでいる。構造物研究班の佐藤英明君と木村晃広君は、地域の歴史的建築物である「雪あかり館」を研究。現地調査を行った後、CAD(コンピューター利用設計システム)で図面を起こし、模型を製作した。
 模型を受け取った加藤剛士市長は「忠実に再現されていて感心しています。立体的になると客観的に施設利用の仕方が浮かんできます。」と生徒の技術の高さに感心していた。

(写真=課題研究で製作した雪あかり館の模型を寄贈した生徒)

[ 2011-12-14-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.