地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年12月7

名寄協会チーム3位入賞
日本Jr.カーリング選手権・小川さんは常呂倶楽部で優勝

 【名寄】名寄カーリング協会(箭原健至会長)の女子ジュニアチームは、11月30日から長野県で開催された「第20回全農日本ジュニアカーリング選手権大会」に出場し、3位入賞を果たした。一方、名寄市立大学1年の小川智也さんが、男子北海道代表チームの常呂倶楽部の一員として大会に臨み、見事優勝。来年1月に韓国で開催のパシフィック選手権へ日本代表として出場する。
 同選手権大会は、11月30日から12月4日まで長野県軽井沢市で開催。男女各8チーム(このうち北海道ブロック各2チーム)が出場。30日から3日まで予選リーグ、3日と4日の決勝トーナメントで争った。
 女子の名寄協会チームは、スキップの小川香奈さん(名寄産業高校2年)、サードの蓑島怜奈さん(名寄高校2年)、セカンドの佐藤菜摘さん(名寄産業高校2年)、リードの渡邊真唯さん(名寄東中学校3年)。男子北海道代表「常呂協会」チームの一員として名寄協会の小川智也さんが出場した。

(写真=日本Jr.選手権で3位入賞の名寄協会チームと優勝メンバーの小川さん)


[ 2011-12-07-19:00 ]


針治療や森林資源活用
内閣府支援採択を受けて・下川で2人が企業化目指す

 【下川】下川町在住の加藤達也さんと田邊真理恵さんが、このほど北海道地域再生推進コンソーシアム「北海道社会的企業・起業プランコンペ」第4次募集の採択を受けた。加藤さんは「医療過疎地域での鍼灸(しんきゅう)活動とハリカフェ」、田邊さんは「森づくりに携わる人と消費者をつなぐプロジェクト〜森林資源の有効利用促進と本物志向の喚起〜」をテーマとして起業化を目指し、準備を進めている。
 同プランコンペは内閣府地域社会雇用創造事業の一環で、優秀な社会的企業プランを提案した人に、起業支援金(第4次は200〜250万円)を支給するもの。23年度内に起業することが条件。
 加藤さんは大分県出身。3年前に鍼灸師の資格を取得。昨年9月に国の交付金事業「地域おこし協力隊」の一員として下川町一の橋に移住した。
 田邊さんは千歳市出身。平成19年1月、下川町に移住。翌年からNPO法人「森の生活」の精油事業を担当している。

(写真=内閣府支援を受ける加藤さんと田邊さん)

[ 2011-12-07-19:00 ]


原発の廃炉訴える
小野北大教授講演・危険性あらためて指摘

 【名寄】名寄市立大学道北地域研究所(松倉聡史所長)主催の市民公開講座「安全・安心なまちづくり」が5日に同大学本館で開かれ、北海道大学大学院の小野有五名誉教授が講演。東日本大震災による福島第1原子力発電所事故という最悪の事態を踏まえ、原発の危険性をあらためて指摘しながら廃炉を訴えた。
 小野教授は、地球環境が専門。東日本大震災被災者支援市民ネットワーク・札幌「むすびば」共同代表、泊原発の廃炉をめざす会共同代表も務めている。
 講演テーマは「持続可能なまちづくりを目指して〜自然とどうつきあうか〜」。「持続可能」とは、未来の世代にツケを先送りしないことと定義し「今の自分たちのために、むやみに自然を壊さないこと。原発は最大の反持続可能」と持論を展開した。福島第1原発事故の影響で札幌市内には500世帯1800人が避難。「若いお母さんと子供が逃げてきたが、お父さんは仕事もあって避難できず、『原発離婚』も現実に起きている。国は『安全だ』『避難するな』というキャンペーンをしているが、これは東京電力や国が住民に補償したくないために、やっている」と批判した。

(写真=地震多発による原発建設の危険性を訴える小野教授)

[ 2011-12-07-19:00 ]


う回路交通安全対策を
名寄旭ケ丘町内会・除排雪充実などで市に要望

 【名寄】名寄市旭ケ丘町内会(斉藤晃会長)は6日、市役所名寄庁舎を訪れ、豊栄川改修に伴う市道17線道路工事う回の交通安全対策の要望書を提出し、う回路となる市道「しらかば1号」道路などの除排雪充実を求めた。
 北海道では現在、河道の掘り下げ、拡幅を目的に豊栄川改修工事を行っている。それに伴い、今月下旬から来年9月下旬までの予定で、17線道路の豊栄川に架かる白樺橋を含む延長80メートル(JR宗谷本線踏切〜しらかば1号道路交点)が通行止めとなり、う回路はしらかば1号道路と、それに接続する16線道路となっている。
 市役所には斉藤会長ら役員8人が訪問。要望に対し、加藤剛士市長、野間井照之建設水道部長らが対応。歩道の除雪は、「しらかば1号」道路では行われておらず、16線道路は付近住民の好意で行ってもらっている状況で、交通量をみながら除雪を検討。また、生活道路は年1回の排雪だが、交通状況を考慮して回数を増やすことを検討。さらに坂での砂利散布、工事業者に交通安全標識設置を要請するとして理解を求めた。

(写真=17線道路工事う回路の安全対策を求めた斉藤会長ら)

[ 2011-12-07-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.