地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年12月5

定款変更案などを承認
上北人材開発セン運営協・公益社団法人移行へ最終審議

 【名寄】社団法人上川北部地域人材開発センター運営協会(五十嵐正幸会長)の臨時総会が2日、同センターで開かれた。公益法人制度改革による新制度施行に伴い準備が進められていた、同センターの公益社団法人への移行認定申請に必要な定款変更案などが、全会一致で承認された。同運営協会では、今月末までに必要書類を整理し移行認定申請することにしており、24年4月1日には公益社団法人上川北部地域人材開発センター運営協会が誕生することになる。

[ 2011-12-05-19:00 ]


美しいシクラメンを
11日名寄産業高で販売会

 【名寄】名寄産業高校(福井誠校長)では「シクラメン販売会」を、11日午前10時から同校名農キャンパス内の農場温室で開く。
 今年から産業高酪農科学科の生徒が実習で栽培したシクラメンを販売する。当日は500鉢用意し、5号鉢は500円、4号鉢は300円で販売。
 このほか、同校で生産したもち米(はくちょうもち、合計150キロ用意)も5キロ2,000円、2キロ800円、ラムソーセージやビーフジャーキーといった加工品も販売する。

(写真=美しく咲くシクラメンを用意している産業高生徒)


[ 2011-12-05-19:00 ]


民謡や寸劇など披露
歳末チャリティー芸能大会

 【名寄】名寄民謡協会(長能義孝会長)主催の第46回歳末助け合いチャリティー芸能大会が4日、市民会館で開かれた。
 今年のステージは、各民謡団体の代表者による「新花笠音頭」「鱈釣り節」の演奏で開幕。
 第1部では、桂名会会員の「北海酒屋唄」や「シャンシャン馬道中唄」などの合唱、弘友会の高橋弘子さんの詩吟「富士山」、桂悠会の紺野智恵子さんの独唱「足尾石切節」などが次々に披露され、会場全体で盛り上がっていた。

(写真=芸能愛好者がステージを楽しんだチャリティー大会)

[ 2011-12-05-19:00 ]


近隣愛好者と交流
協会のクリスマスパーティー

 【名寄】名寄フォークダンス協会の市民クリスマスパーティーが4日、市民文化センターで開かれた。
 同パーティーは、市内愛好者や近隣自治体のフォークダンスサークル会員との交流などを目的に毎年開催。今年は同協会員をはじめ、帯広や旭川、士別などから約80人が参加した。
 参加者たちが輪になり、「メイ・ハネハリム」や「ロー・ハシューヴ」「野ばら」などの曲に合わせ、華麗な踊りを披露した

(写真=約80人が参加したフォークダンスXマスパーティー)

[ 2011-12-05-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.