地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年12月1

施設に応じた料金体系も課題
名寄市の体育施設有料化・24年度からスタート

 【名寄】第4回名寄市議会定例会が30日に開会され、名寄地区の学校開放事業を有料化する「名寄市立学校施設開放利用条例」と、風連地区の全公共施設が格安で利用できる年間共通券を廃止にする「使用料見直し等に伴う関係条例の整備等に関する条例」を審議。この中で、「受益者負担の公平性」などを理由とした賛成派と「市民利用の停滞」や「行財政改革や両地区均衡性の視点のみ」とした反対派で意見が分かれ、採決の結果、10対8で原案通り可決された。
 名寄地区の有料化と風連地区の年間共通券廃止は、施設の維持管理を含め財政運営が厳しさを増していることに加えて、合併前から無料化している名寄地区と有料化している風連地区の均衡を図ることなどを目的に、社会体育施設の有料化や使用料見直す内容。今定例会で可決されたことから、両条例とも24年度から施行される。

[ 2011-12-01-19:00 ]


最優秀賞受賞者を表彰
名寄市青少年健全育成標語・市内から834点の応募

 【名寄】名寄市青少年健全育成標語表彰式が29日にほっと21で開かれ、各部の最優秀賞受賞者に表彰状が手渡された。
 標語は市教育委員会主催で毎年募集。本年度は市内の小学校から404点、中学校394点、高校36点の合計834点の応募。学校での1次審査、選考委員5人での2次審査の結果、小学校の部では藤垣麗奈さん(風連下多寄小6年)の「あいさつは 心つなげる ハーモニー」、中学校の部では山崎佳樹君(名寄東中3年)の「手を貸して 笑顔生まれる 町がいい」、高校の部では倉兼里佳さん(名寄産業高3年)の「泣かないで 顔を上げれば 友の手が」が最優秀賞に選ばれた。
 表彰式には藤垣さんと倉兼さんが出席。小野浩一教育長が表彰状を贈呈し、「今回の標語のキーワードは『挨拶』『友情』『思いやり』が多かったのではないかと思う。素晴らしい見事な作品ばかりだった」と挨拶した。

(写真=受賞者に表彰状を手渡した式)

[ 2011-12-01-19:00 ]


民謡舞踊の普及指導で
日本民踊研究会師範の近藤さん・道文化団体協議会賞に

 【名寄】日本民踊研究会北海道支部師範で同支部長の近藤豊志順(本名・順子)さんは、このほど、北海道文化団体協議会の協議会賞を受賞。民謡舞踊の普及、指導で長年の功績が認められたもので「私一人だけではなく、友人や家族の支えがあったおかげでいただいた表彰です」と喜びと感謝の言葉を語る。
 近藤さんは、札幌市の生まれ。教員だった夫の転勤で道内各地を回った。上川町に住んでいた当時、何か十八番(おはこ)になる特技を身に付けよう―と地元の公民館講座で民謡舞踊と出会ったとのことで「踊りを習い始めると自然と楽しくなって資格も取った。友人とも会いたくなり、続けるようになった」ときっかけを話す。
 昭和40年に日本民踊研究会(本部・名古屋)に入会。52年に北海道支部設立に参加し、平成3年に同支部師範、13年から同支部長として活躍。また、平成6年から名寄市文化協会理事、10年から同副会長、16年から同監事を務めながら、市民文化祭や敬老会への参加、福祉施設慰問などのボランティア活動にも努めている。かつて名寄の夏の風物詩だった「なよろのおどり」運営にも関わっていた。

(写真=受賞は友人、家族のおかげと語る近藤さん)

[ 2011-12-01-19:00 ]


名願寺住職がラジオ出演
親鸞の教えテーマに全6回

 【下川】下川町上名寄、名願寺の住職、名畑格さんが、12月11日から6回にわたって、ラジオの全国放送番組「東本願寺の時間」に出演する。「幅広い人に聴いてもらえる機会が得られてありがたい」と話している。
 ラジオ番組「東本願寺の時間」は、全国各地の僧侶が浄土真宗の宗祖、親鸞の教えについて話をする番組。名畑さんは番組担当者が知り合いであったことから、昨年2月に出演の依頼を受けて原稿を執筆。今年10月に京都府のスタジオで収録を行った。
 名畑さんが出演する放送日程は、道内放送ではHBCラジオで12月11、18、25日、1月8、15、22日の午前5時35分から同45分まで。インターネットでも放送終了後に、真宗大谷派ホームページで聴くことができる。全体のテーマは「今、いのちがあなたを生きている」。これは今年、勤められた「宗祖親鸞聖人七百五十一回御遠忌(ごえんき)」のテーマに合わせたもの。「わたしとあなた」「二つの恥ずかしい」「大地を生きるもの」などを演題に話が展開される。

(写真=ラジオ全国放送に出演する名畑さん)

[ 2011-12-01-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.