地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年11月26

事業推進の理念示す
名寄市・地域福祉計画を策定中

 【名寄】名寄市は、24年度から5カ年の「名寄市地域福祉計画」の策定作業を進めており、このほど素案が明らかにされた。同計画は初の策定で、「高齢者保健医療福祉計画・介護保険事業計画」など5の保健福祉計画の横断的計画となるもので、事業推進の理念や指針を示している。今後は文言整理を経て、来年3月までに計画を完成させるとしている。
 近年、少子高齢化や核家族化の進展、成長型社会の終えんによってライフスタイルや価値観が多様化。家族の意識も変化して、地域住民の連帯感が希薄になるなど、家庭や地域の相互扶助体制が機能しなくなってきている。
 このような中、誰もが健康で幸せに暮らせる地域福祉社会をつくるには、市民一人一人が手を取り合い福祉活動の担い手として、各種活動へ自主的に参画する地域福祉体制を構築しなければならず、その必要性を示すものが「地域福祉計画」策定の趣旨。

[ 2011-11-26-19:00 ]


管内で発生の事例検証
名寄で救急症例研究会・消防と医療機関の連携深める

 【名寄】第11回救急症例研究会が24日にホテル藤花で開かれ、救急事例検証を通じ、救急隊員の知識向上を図るとともに、消防と医療機関の連携を深めた。
 研究会には消防職員、医師、看護師ら約70人が出席。事例検証では、名寄消防署、美深消防署、名寄市立病院で取り扱った救急搬送事例など3例を検証。名寄市内のゴルフ場で今年9月に発生した、市民による心肺蘇生と除細動の実施事例で、担当した救急隊員は、複数人のバイスタンダー(救急現場に居合わせた人)による早期の救命処置など概要を説明し、「救命の連鎖、特に早い通報、早い応急手当が奏功し、重篤な状態に陥った傷病者が社会復帰となれる理想的な事案だった」とする一方、「今後ガイドラインの変更に伴い、普通救命講習の修了証取得者への再講習と一般市民の講習参加、事業所へのAED設置などを推進していくことが重要」と説明した。

(写真=事例検証で救急隊員の知識向上を図った研究会)

[ 2011-11-26-19:00 ]


素朴な質問に回答
名寄・加藤市長が東風連小児童と懇談

 【名寄】加藤剛士市長・小野浩一教育長と児童との懇談会が24日、東風連小学校(韮澤美智子校長、児童13人)で開かれ、学校給食などを通して交流を深めながら子供たちの質問に答えた。
 児童との懇談会は、次世代を担う子供たちが持つ素朴な質問や要望に答えるとともに、交流を深めることが目的。
 質問タイムでは、児童から「名寄市は交通事故死ゼロが1000日以上続いています。なぜ交通事故が少ないのですか」などの質問のほか、「風連スキー場のリフトをもっと安全にしてほしい」や「動物と触れ合える施設がほしい」といった要望が次々と出された。
 加藤市長は、死亡事故ゼロ継続に関し「名寄市は道路が広く、見通しが良いことに加え、地域の皆さんによる交通安全活動が盛ん。皆さんの努力によるものだと感じています。皆さん左右の安全確認をしっかりして交通事故に注意してほしい」と述べた。

(写真=加藤市長、小野教育長に質問をぶつける子供たち)

[ 2011-11-26-19:00 ]


12月1日〜30日まで
風連商工会が年末売り出し

 【名寄】風連商工会と風連町商工業協同組合主催の年末売り出しが、12月1日から始まる。1等には5万円相当の商品券を当たる抽選などが楽しめる内容で、歳末商戦を盛り上げていく。
 実施方法は昨年と同じで、500円買い上げごとに抽選券補助券1枚、2500円買い上げごとに抽選券1枚を出すというもので、売り出しは12月1日から30日まで。参加店は風連地区内の小売店を中心に20店を見込んでいる。
 抽選は、12月28日から31日までと、初売りに合わせて来年1月2日に行うようにしている。時間は28日から30日までが午前10時〜午後6時まで、31日は午前10時〜正午まで、1月2日は午前10時〜午後2時までとし、抽選会場、は2日がイベント広場となっている以外は、風連商工開館となっている。
 抽選は「ガラガラ」で行い、景品は1等が5万円相当の商品券、2等が1万円相当の商品券、3等が5000円相当の商品券などとなっており、歳末商戦を楽しんでもらうとともに、地元の消費拡大にもつなげていく。また、1月2日の初売りでは、抽選会に加えて、もちやお菓子をまくイベントも行うことにしている。

[ 2011-11-26-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.