地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年11月24

全農日本Jr大会出場
名寄カーリング協会・女子中高生メンバーが加藤市長へ報告

 【名寄】名寄カーリング協会(箭原健至会長)の女子ジュニアチームは、30日から12月4日まで長野県軽井沢町で開かれる「第20回全農日本ジュニアカーリング選手権大会」に北海道代表として出場。22日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤剛士市長に出場を報告するとともに、大会への意気込みを語った。
 同大会は、日本カーリング協会が主催。今回は男女各8チーム(そのうち北海道ブロック各2チーム)が出場。30日から3日まで予選リーグ、3日と4日に決勝トーナメントが行われる。
 女子の「名寄協会」チームメンバーは、スキップの小川香奈さん(名寄産業高校1年)、サードの蓑島怜奈さん(名寄高校1年)、セカンドの佐藤菜摘さん(名寄産業高校1年)、リードの渡邊真唯さん(名寄東中学校3年)。また、男子の「常呂協会」チームの一員として名寄協会から小川智也さん(名寄市立大学1年)が出場する。

(写真=市役所で大会への意気込みを見せるメンバーたち)

[ 2011-11-24-19:00 ]


商業施設着工は来春に
名寄駅横の再開発・冬季施工では公費増が理由

 【名寄】名寄市議会経済建設常任委員会(竹中憲之委員長)が22日、市役所名寄庁舎で開かれた。委員会では、JR名寄駅横の再開発事業で市と商工会議所、西條による三者協議の内容を説明。同事業で整備される複合交通センター(仮称)に隣接する西條の商業施設は当初、12月オープンを目指していたが、まだ工事自体が始まっていないのが現状。今後、冬季の施工では工事費がかさむとともに、春先に着工した方が労務者の確保が容易なことを理由に、着工時期が24年度春にずれ込むことを明らかにした。
 一方、複合交通センターの整備工事は、今年12月に着工、25年3月の完成予定。完成後の施設利活用を促進させるため、行政と民間が一体となってソフト事業を展開する構想を打ち出した。それによると、同センターに入居する団体、5丁目や駅前商店街の協力を得て、エントランスホールや屋外イベント広場、屋上スペースを利用した物産販売会、趣味の展示会など市民が集うイベントを開催。にぎわいの場を創出してもらうことで、商店街に人の流れをつくり、買い物客を呼び込むことを狙いとしている。

[ 2011-11-24-19:00 ]


半世紀振り返り発展誓う
美深町体育協会・設立50周年式典と講演会

 【名寄】美深町体育協会(中林佳昭会長)の設立50周年記念式典が23日、町文化会館で開かれ、出席者は設立から半世紀の歴史を振り返りながら、さらなる発展を誓った。
 式典では中林会長が「これから先も健康づくり、技術向上に向け努力しなければいけないと考えていますが、少子高齢が進む中、体育協会も社会の流れに即応していかなければと考えています。今後とも皆さんのご協力とご支援をお願いします」と式辞。2団体と5個人に感謝状を贈呈、功労表彰として歴代役員19人を表彰。受賞者を代表して竹形貢元会長が謝辞を述べた。
 このほか、同0時半からびふかスポーツクラブ設立3周年記念を兼ねての講演会も開かれ、スキーノルディック複合競技の選手としてオリンピック団体で2大会連続の金メダリストに輝いた荻原健司さんが「挑戦が未来をひらく」をテーマに講演。同3時からは町民体育館でメモリアルボードの除幕式も行われた。

(写真=「今後も支援を」と式辞を述べた中林会長)

[ 2011-11-24-19:00 ]


渡辺康成君に道佳作
下川消防ク・火災予防作文で5人が入賞

 【下川】北海道「平成23年度火災予防作文コンクール」に入賞した下川小学校児童5人の表彰が22日、下川消防署内で行われ、椛澤克敏署長から表彰状を受け取った。
 同コンクールは道内小学校の4年生から6年生までが対象。児童を通じて学校や家庭の火災予防思想の普及啓発を図るのが狙い。今年は全道で436点の応募があった。
 下川町内では近年、同コンクールに参加していなかったが、今年から下川少年消防クラブの活動に組み込んで、クラブ員22人が応募。その結果、5人が入賞。下川小学校5年の渡辺康成君は「確にんの大切さ」をテーマに作文を書き、佳作に入選した。
 表彰式では入賞児童5人に椛澤署長から表彰状と記念品が受け取ったほか、コンクールに応募したクラブ員に参加賞が贈られた。

(写真=火災予防作文コンクールに入賞した下川の小学生5人)

[ 2011-11-24-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.