地域ニュース
会・催し
閑古鳥(社説)
土とともに生きる
私の回想記
連載企画
おくやみ
書籍
会社概要
広告について
採用情報
リンク

地域ニュース

2011年11月2

受章の知らせに喜び語る
秋の叙勲・本紙管内からは2氏に栄誉

 23年秋の叙勲が発表された。本紙管内からは、名寄市風連町字豊里の元各種統計調査員、久保輝男さん(82)が統計調査功労で瑞宝単光章、下川町旭町の元上川北部消防事務組合下川消防団分団長、佐藤敬三さん(75)が消防功労で瑞宝単光章を受ける。共に長年にわたる地道な努力と功績がたたえられたもので、両氏とも受章の知らせに晴れやかな表情を見せている。
 統計調査功労(瑞宝単光章)=久保輝男さん 名寄市風連町字豊里、元各種統計調査員。昭和4年2月、風連町の生まれ。18年風連尋常高等小学校を卒業後、青年学校に通いながら農業に従事。昭和28年の住宅統計調査を皮切りに、国勢調査、農林業センサス、農業基本調査など、平成17年までの53年間で、通算57回の各種統計調査に携わった。35年風連町統計調査員協議会員(会長を15年間務める)。

 消防功労(瑞宝単光章)=佐藤敬三さん 下川町旭町、元下川消防団分団長。佐呂間町生まれ、佐呂間小中学校卒業後、井田鉄工場(北見市)に勤務。昭和36年に下川町内で佐藤鉄工場を開業した。昭和42年1月、町内旭町に佐藤重工業株式会社を設立し、現在も代表取締役を務めている。下川町商工会理事、下川町商店街連合会長。昭和37年5月から平成11年3月まで消防団で活動。その間に班長、副分団長、分団長を務めた。

[ 2011-11-02-19:00 ]


住民の足として利用
美深地域公共交通協・フレックスバス試験運行開始

 【美深】美深町地域公共交通活性化協議会(会長・山口信夫町長)は、1日から市街地フレックスバス実証運行試験をスタートさせた。初日は利用予約のあった3便運行し、幅広い年齢層の住民が利用。市街地住民を目的地(停留所)まで送迎する新たな交通サービスとして期待されている。
 実証運行試験は、市街地住民の生活環境向上を図るとともに、交通弱者の足の確保をするため、需要状況や運行時間帯などの在り方を検討することを目的としている。
 フレックスバスは、運行路線を決めずに予約に応じて停留所(乗降ポイント・106カ所)を経由して走る乗り合いバスで、車両は函岳と天塩川のペイントを施した10人乗りワゴン(乗客は運転席と助手席を除く8席)。
 運行期間は、11月1日から来年3月31日までの133日間を予定(日曜日は運休)。午前7時から午後5時50分までの1日8便運行。乗車運賃(1乗車)は大人150円、小学生70円、未就学児無料、高齢者敬老バス乗車証(高齢者パス)提示で無料としているが、今月中は体験期間として無料運行。

(写真=運行試験が始まった市街地フレックスバス)

[ 2011-11-02-19:00 ]


氷の感触確かめ投じる
カーリングシーズン開幕・オープンイベント盛り上がる

 【名寄】名寄振興公社(田畑忠行社長)主催の道立サンピラーパーク交流館カーリングホール2011オープンイベントが1日、同館で開かれ、初心者からベテランまでがドローショットゲームを楽しみ、カーリングに親しみを深めた。
 同交流館のアリーナは、夏期間は幼児の遊びの広場や軽スポーツを楽しむことができる多目的ホールとして活用。冬期間はカーリングホールとして利用されている。施設を管理する名寄振興公社では、9月20日で多目的ホールの利用を終了。急ピッチで製氷作業を進め、カーリングシートを整備した。
 イベントには、子供から大人まで約60人が参加。準備体操で体をほぐした後、名寄カーリング協会の協力を得て、誰でも気軽にできるドローショットゲームを実施。デリバリー(投球)したストーンがハウス(円)内で止まれば成功というルール。成功者には菓子やなよろ温泉サンピラーの入浴券がプレゼントされるということもあり、参加者は氷の感触を確かめながらストーンを投じ、ハウス内でピタリと止まるとガッツポーズで喜ぶ光景も見られた。

(写真=ドローショットゲームを楽しんだオープンイベント)

[ 2011-11-02-19:00 ]


リレー種目で銀メダル
美深高養の山根君、池田君・山口町長らに全国大会結果報告

 【美深】美深高等養護学校陸上部所属の山根敬一郎君(3年)と池田康平君(2年)が1日に町役場を訪れ、山口信夫町長らに第11回全国障害者スポーツ大会(陸上競技)結果報告を行った。
 同大会は、障害のある人たちの社会参加推進、国民に対し障害者理解を深めてもらうことを目的とした障害者スポーツの祭典。北海道は毎年、派遣選手選考委員会を開催し、前年の北海道障害者スポーツ大会など出場選手の中から代表選手を選考。美深高等養護学校からは山根君と池田君が選ばれた。
 第11回大会は10月22日から3日間、山口県で開かれ、陸上競技には全国の強豪約50人が出場。その中で、山根君は4×100メートルリレー2位、400メートル6位、200メートル7位。池田君は400メートル6位、200メートル8位という成績。
 山口町長は「出発前と今では全然顔が違う。成し遂げたという顔をしている。良い経験ができましたね」と活躍を喜んでいた。

(写真=山口町長らに結果報告を行った山根君、池田君)

[ 2011-11-02-19:00 ]

HOME
地域ニュース会・催し閑古鳥(社説)  

 名寄新聞社   〒096-0010 北海道名寄市大通南2丁目
  TEL:01654-2-1717/FAX:01654-3-2181 MAIL
写真・画像・図表などの無断転載を禁じます。著作権は名寄新聞社またはその情報提供者に属します。
著作権について
リンクについて
プライバシーポリシー
購読申込
Copyright NAYORO Newspaper all rights reserved.